Fly Tiare

個人手配で行く海外旅行の情報

【USJ】ハリーポッターに1日3回入場しました!朝一、整理券、確約券について

2016年12月23日祝日、クリスマス直前のユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行ってきました。

USJへはそれまでに何度か行った事がありましたが、ハリーポッターエリアができてからは初めての入場です。

せっかくなので、気合い入れて、事前によく下調べをしておきました。おかげでハリーポッターエリアへは、入場規制前に1回、入場確約券で1回、入場整理券で1回と、1日に合計3回も入場する事ができました。

エリア内部では、禁じられた森、ホグワーツ・エクスプレス、ホグズミード村、ホグワーツ城を散策したり、トイレでは嘆きのマートルに会う事もできます。まるで映画の中に迷い込んでしまったかのような完成度でした。

映画を観たことある人であれば、エリア内を散策しているだけでも楽しめると思います!

ハリーポッターエリアに入る方法と、当日の開園時間や混雑状況を紹介します。

スポンサーリンク

 

 

ハリーポッターエリアへ入る方法

 ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッターは、混雑により入場規制がかかってしまう事があります。

エリア内に入る方法を紹介します。

 

開園直後、閉園前を狙う

 開園直後、まだ入場規制がかかる前であれば、エリア内に自由に入る事が出来ます。また閉園前、混雑が緩和されれば、入場規制が解除されるかもしれません。

 

アーリーパークイン

JTBからUSJのオフィシャルホテルを予約をすると、開園の15分前にパーク内に入場できるアーリーパークインという制度があります。15分早く入場する事で、ハリーポッターエリアの入場規制がかかる前にエリアの中に入る事ができます。

 

入場整理券

入場整理券とは、指定された時間にハリーポッターエリアに入場できる整理券です。当日、USJ施設内で発券することができます。整理券の発券は無料ですが、枚数には限りがあります。入場指定時間は、発券するタイミングにより異なり、早めに発券するほど早い時間が指定されました。

 

入場確約券付きパックツアー

JTBやJRでは、入場確約券やエクスプレス・パス(入場確約券付)のついたパックツアーが販売されています。入場確約券とは、指定された時間にハリーポッターエリアに必ず入場できる確約券です。

 

入場確約券付きエクスプレス・パス

エクスプレス・パスとは、乗り物を優先搭乗できる、ディズニーランドのファストパスのような制度です。有料で、入場する日によって値段が異なります。入場前に、公式サイトから事前に購入しておく必要があります。

入場確約券付きエクスプレス・パスであれば、入場の確約に加え、ハリーポッターエリア内のアトラクションを優先搭乗できます。

今回は、オフィシャルホテルに泊まらないかわりに、エクスプレス・パスを購入しました。

エクスプレス・パスには種類がいくつかあり、優先搭乗できるアトラクションの数や種類が異なります。本当は、フライングダイナソーの付いたエクスプレスパスが欲しかったのですが、入場日の1ヶ月前には既に売り切れていました。かわりにまだ残っていたものを1人13,400円で買いました。

ただしエクスプレスパスだけでは入園できません。チケットも購入し、1人あたり合計20,600円。高いですね、USJ。

 

1回目 入場規制前に入場

この日の開園時間は、公式サイトでは9時でした。実際にはアーリーパークインが朝7時から、一般入場が7時半からでした。多少早くオープンすると思い、7時から並んでいたのですが、たった30分待ちで入ることができました。

 既にアーリーパークインの人達が入っていたものの、ハリーポッターエリアはまだ入場規制されていませんでした。

 

エリア入り口の森を進むと、空飛ぶ車が現れました!

f:id:fullofwanderlust:20171206064620j:image

 

まずはハリーポッターのアトラクション、フォービドゥン・ジャーニーに行ってみました。待ち時間は10分で、ほとんど待つこと無く乗れてしまいまいした。

f:id:fullofwanderlust:20171206065401j:image

 

続いて、楽しみにしていたハニーデュークスに行ってみました。

f:id:fullofwanderlust:20171206065441j:image

店内はお菓子だらけで、眺めているだけで幸せになれます。

この時間帯はまだガラガラでした。

f:id:fullofwanderlust:20171206065508j:image

 

ハニーデュークスを出た後は、ホグワーツ城の中を自由に見学できるキャッスルウォークと、オリバンダーの杖の店でショーを見ました。どちらも待たずに入れました。フライング・オブ・ザ・ヒッポグリフも数十分待ちでした。

 

続いてバタービールなどを扱うレストラン、三本の箒に行きました。公式サイト通り10時半にオープンしました。

f:id:fullofwanderlust:20171206065546j:image

オープン直後に行ってみると、とても空いてました。

f:id:fullofwanderlust:20171206065618j:image

バタービールはアイスにしました。好きな味でしたが、結構甘いので、1人で一杯飲むのは正直キツイと思います。

f:id:fullofwanderlust:20171206065702j:image

ハリーポッターエリアは、入ってしまえばいつまででも居られます。

もし入場制限のある時にエリア外へ出てしまうと、整理券や確約券なしでは再入場できなくなります。
今回は、確約券付きエクスプレス・パスがあるので、ランチのため一旦退場しました。

 

2回目 エクスプレス・パスで再入場

 14時、事前購入した入場確約券付きエクスプレス・パスの指定時間になったので、再入場しました。

f:id:fullofwanderlust:20171206070633j:image

フォービドゥン・ジャーニーは180分待ち、ヒッポグリフも80分待ちになっていました。

 

エクスプレス・パスであれば、長い列に並ばずにアトラクションに乗ることができます。

ただし、エクスプレス・パス専用レーンは、ホグワーツの地下通路を迂回します。

魔法薬学教室や魔女の像のある地下通路は、通常の待ち列の通路としてのみ使われているようで、キャッスルウォークでも行く事が出来ませんでした。

 

この時、朝ガラガラだった三本の箒に行列が出来ていました。ハニーデュークスは、店内が多少混雑している程度でした。

f:id:fullofwanderlust:20171220205300j:image

 

3回目 入場整理券で再再入場

夜のホグワーツ城も観てみようと思い、入場整理券を取得しました。

入場整理券とは、指定された時間にハリーポッターエリアに入場できる整理券です。指定時間は、ディズニーランドのファストパスのように、発券のタイミングにより振り分けられていました。時間を見計らい、日暮れに入場できるよう発券しました。

 

 夜、ホグズミードが全く別の雰囲気に変わります。

f:id:fullofwanderlust:20171206070905j:image

乗り物には乗らず、ライトアップされたホグズミード村やショーウィンドウを見ながら、ぶらぶらしました。

ホグワーツ城もライトアップされて、昼間とは違った重厚な雰囲気で、かっこよかったです。

f:id:fullofwanderlust:20171206071009j:image

 

ハリーポッターエリアへの入場は、思っていたより簡単でした。フライング・ダイナソーに人が流れて、多少混雑が解消されたのだと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

▼ユニバーサル・スタジオ・シンガポールの記事はこちら!