世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

ガーデンズバイザベイの料金、温室、ショー、所要時間を紹介します!

シンガポールの植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」に行ってきました。巨大温室のクラウドフォレストやスーパーツリーのショーは壮観でした。

シンガポールに行ったら絶対に外せない観光地、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの巨大温室とスーパーツリーの見どころ、入場料、所要時間などを紹介します!

 

 

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイとは

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ (Gardens by the Bay)は、シンガポールにある巨大な植物園です。

敷地内には2つの巨大温室と、高さ50mの人工の木スーパーツリー・グローブがあります。温室内で世界の植物を鑑賞したり、スーパーツリーのつり橋を歩いたり、夜のショーを楽しむ事ができます。

 

行き方

最寄駅はMRTのベイ・フロント駅です。改札を出て、案内板を見ながら人の流れに乗って地下道を進み地上へ出ると、目の前に巨大なマリーナ・ベイ・サンズが現れます。

サンズを背にドラゴンフライ・レイクの橋を渡ると、スーパーツリーが見えてきます。

橋からの眺めが素敵です。

橋を渡ってから温室のチケット売り場までは結構遠く、徒歩で15分くらいかかりました。

 

チケット料金・入場料

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの敷地へは無料で入場する事ができます。

2つの温室はセットで28Sドル、日本円で約2300円でした。どちらか1つの温室のみのチケットは、観光客向けには販売されていませんでした。

 OCBCスカイウェイのチケットは5Sドル、日本円で約400円でした。

ショーは無料で観る事ができます。

2つの温室のチケットと、OCBCスカイウェイのチケットは別売りで、売り場も別でした。

温室のチケット売り場は、2つの温室の真ん中の建物にあります。OCBCスカイウェイのチケット売り場は、スカイウェイの入り口付近にあります。

 

見どころ

 

温室「フラワー・ドーム」

フラワー・ドーム(Flower Dome)には、地中海や半砂漠地帯に生える植物が展示されています。ドーム内は少しひんやりするくらい涼しくて快適です。

ハートの女王がお出迎え。

ドラゴンもいます。

f:id:fullofwanderlust:20180603175710j:image

夕方6時半に入場し、早足で30分ほどで一周しました。じっくり見れば、1時間かかると思います。

f:id:fullofwanderlust:20180603175504j:image

 

温室「クラウド・フォレスト」

クラウド・フォレスト(Cloud Forest)は、熱帯山岳地帯の植物を展示しています。フラワー・ドームとは隣接しています。内部は冷んやりとしていて快適です。

入場すると、目の前に巨大な滝が現れました。

幻想的な色合いと、室内とは思えない迫力で、まるで映画のセットの様です。

周辺をある程度散策した後は、エレベーターで山の頂上まで一気に上がり、遊歩道を歩きながら徐々に下って行きます。

見下ろすと怖いほどの高さです。

滝の裏側も通りました。

壁一面が花で覆われています。

f:id:fullofwanderlust:20180603175617j:image

入場したのは19時半、日が暮れはじめた頃です。さっと周っても1時間、普通に見れば1時間半、のんびりすれば2時間はいられると思います。

 

スーパーツリー・グローブ

スーパーツリー・グローブ(Supertree Grove)は、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイにそびえ立つ巨大な人工ツリーです。

メインのツリーには、木と木を繋ぐ橋「OCBCスカイウェイ」があり、まるで空中を歩いているかのような体験ができます。

夜になると、光のショー「OCBCガーデン・ラプソディ」が行われます。スーパーツリーが音楽に合わせて色を変えながらキラキラと輝きます。

ショーの時間は10分ほどで、この日は19:45と20:45の2回行われました。ショーの時間や演目の内容は、公式サイトGarden Rhapsodyから確認できます。

訪れた時のショーはスターウォーズ・エディションで、オープニングから盛り上がりました。スターウォーズの曲に合わせて、ジェダイのシーンでは緑と青に、ベイダーのシーンでは赤と黒にツリーが変化していきます。

ショーが終わると皆一斉に帰るので、ドラゴンフライ・レイクの橋が大混雑し、花火大会の後のようでした。

 

所要時間について

敷地内をゆっくり散策してショーも鑑賞するには、少なくとも5時間くらい必要だと思います。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは広く、想像以上に歩きます。温室とスカイウェイは徒歩で10分ほど離れた場所にあり、簡単に行き来できません。

シンガポールは蒸し暑く、活発に動き回るにも限度があります。3時間ほど滞在しましたが、かなり駆け足になってしまった上、全てを見て回ることができませんでした。