Fly Tiare

個人手配で行く海外旅行の情報

【ドバイ】まるでテーマパーク!豪華リゾート マディナジュメイラのミナサラーム宿泊記

f:id:fullofwanderlust:20170403204623j:plain

2016年2月、マディナ・ジュメイラに滞在しました。

マディナ・ジュメイラは、ドバイにある超巨大高級リゾートです。アラビアの街並みが再現された敷地内は、まるでテーマパークのようでした。

宿泊したホテル、ミナ・ア・サラムや、豪華なプールとプライベートビーチ、朝食で伺った高級ホテル、アル・カスルを写真で紹介します。

※2016年12月、マディナ・ジュメイラ内に4つ目のホテルAl Naseemがオープンしました。この記事の内容はAl Naseemオープン前のものです。

 

マディナ・ジュメイラとは

マディナ・ジュメイラ(Madinat Jumeirah)は、複数のホテル、プール、スパ、ビーチ、モールで構成された巨大リゾート施設です。敷地内には運河が流れ、昔のアラビアの街並みが再現されています。ただし、宿泊やレストランの予約がなければ、モール以外のエリアに立ち入る事はできません。

宿泊者は、アブラに乗って敷地内を自由に移動でき、プールやビーチ、ウォーターパークを無料で利用できます。また、敷地内にある別のホテルで朝食を取ることも可能です。

 

宿泊したホテル Mina A' Salam

マディナ・ジュメイラ内にある複数のホテルのうち、一番リーズナブルなミナ・ア・サラム(Mina A' Salam)に滞在しました。

ロビーはバレンタインモードで、花びらが敷き詰められていました。美しい!

f:id:fullofwanderlust:20171230003514j:image

朝9時に到着すると、ありがたいことに無料でアーリーチェックインさせて頂きました。

お部屋は少し年季が入っているような気がします。

f:id:fullofwanderlust:20170403201317j:plain

バスルームは窓が無くて残念。

f:id:fullofwanderlust:20170403201518j:plain

テラスからの眺めは最高です。マディナ・ジュメイラの運河とアブラ、その向こうには海とパーム・ジュメイラの一部が見えました。 

f:id:fullofwanderlust:20170404180221j:plain

 

Al Qasr

アル・カスルで朝食

マディナ・ジュメイラ宿泊者は、敷地内の好きなホテルで朝食をとることが出来ます。そこで今回は、宿泊先とは別のホテル、アル・カスル(Al Qasr)で朝食を取る事にしました。

アル・カスルまでは、ミナ・ア・サラムの船着き場から渡し船アブラに乗って行きます。

f:id:fullofwanderlust:20170404213114j:plain

レストランの入り口で、ホテル名、部屋番号、宿泊者名を伝えると、中に案内してくれました。

レストラン内部の柱は椰子の木の形をしています。面白い!

f:id:fullofwanderlust:20170404210208j:plain

朝食はビュッフェです。種類が多くて充実していました。

 

アル・カスルを散策

朝食のついでに、アル・カスル内部を散策しました。

f:id:fullofwanderlust:20170404210751j:plain
メインエントランス。

噴水もあります。


スーパーカーがずらり。凄すぎます。

f:id:fullofwanderlust:20170404211713j:plain

 

アル・カスルのプール

マディナ・ジュメイラでは、敷地内のどれか1つのホテルに宿泊していれば、別のホテルのプールを利用出来ます。そこで、ミナ・ア・サラムのプールより広いアル・カスルのプールに行ってみる事にしました。 

プールへは、まずミナ・ア・サラムから渡し船アブラに乗り、アル・カスルの船着き場に行きます。

船着き場からは、アル・カスルの中を通らずに橋を渡ります。運河を越えるとアル・カスルのプールに到着です。

f:id:fullofwanderlust:20170404212024j:plain

とてつもなく広くてびっくりです!

f:id:fullofwanderlust:20170404212314j:plain

水が冷たいので、泳いでいるのは元気な人と子供だけでしたが、私も負けずに泳ぎました。

f:id:fullofwanderlust:20170404212249j:plain

ビーチタオルもビーチチェアもパラソルも無料です。

プールサイドにはバーがあり、飲み物や軽食を頼むことができます。支払いは部屋につけてもらいました。

 

プライベートビーチ

ドバイは砂漠のイメージが強いですが、実はビーチリゾート地でもあります。マディナ・ジュメイラのプライベートビーチは、とても美しく、敷地に沿って2kmも続いています。ビーチタオル、ビーチチェア、パラソルは無料で利用することができます。

プールを出た後は、アル・カスルのビーチからミナ・ア・サラムのビーチまで歩いてみました。

f:id:fullofwanderlust:20170404213304j:plain

素晴らしい眺めですが、今日は風が強くてちょっと波が高め。水がとても冷たいので、泳いでいる人は誰もいませんでした。

f:id:fullofwanderlust:20170404213040j:plain

桟橋の先には、マディナ・ジュメイラの高級レストラン Pierchic がありました。

f:id:fullofwanderlust:20170404213338j:plain

もうひとつのホテル、Dar Al Masyafの前まで歩いて来ました。ラクダ発見。

f:id:fullofwanderlust:20171230004115j:image

海沿いをミナ・ア・サラムに向かって歩いていくと、ダウ船の帆の形をした7つ星ホテル、ブルジュ・ハリファがよく見えます。

f:id:fullofwanderlust:20171230004139j:image

またラクダ。

f:id:fullofwanderlust:20171230004157j:image

結構距離がありますが、良い散歩になりました。

 

アクセス

ドバイメトロを利用する際は、モール・オブ・ジ・エミレーツ駅からタクシーを利用します。
マディナ・ジュメイラ内の各ホテルやモールのエントランスは、それぞれ全く別の場所にあります。ミナ・ア・サラムに宿泊する場合は、ミナ・ア・サラムのエントランスまでタクシーで行きます。

 

かかった宿泊費

1泊あたり約55,000円に加え、ドバイの観光税が1泊あたり約600円かかりました。

ミナ・ア・サラムは、マディナ・ジュメイラの中では1番古く、少し年季を感じました。値段はそれなりにするので、コストパフォーマンスを考えると、もう少し出費してアル・カスルに泊まれば良かったかなと思います。とにかく安くマディナ・ジュメイラに行ってみたい!という場合にはお勧めです。

とはいえ、アブラに乗ってマディナ・ジュメイラ内を自由に移動したり、無料でワイルド・ワディで遊んだ事を考えれば、妥当なのかもせれません。

▼ワイルド・ワディについてはこちら!

 

▼ドバイ関連の記事はこちら!