派手過ぎる高級ホテル、Wホテルに泊まりました【W香港宿泊記】

 f:id:fullofwanderlust:20180122193227j:image

2017年9月、spgゴールド会員としてW香港に泊まりました。

Wホテルは、シェラトンやウェスティンと同じスターウッド系です。今回は、spgアメックス継続による無料宿泊特典も利用しました。

値段は高めですが、立地は最高、お部屋は清潔で快適、スタッフは感じが良く、意外と居心地の良いホテルでした。

アクセス、お部屋、プール、朝食を紹介します。

▼無料宿泊による予約方法はこちら

  

スポンサーリンク
 

 

W ホテル(W Hotels)とは

Wホテルは、マリオットが所有する高級ホテルです。日本には未進出のホテルブランドですが、2021年には国内初のWホテルが大阪にオープンする予定です。
元々はスターウッドのホテルで、セントレジスとウェスティンの間くらいのカテゴリーです。デザインが斬新なので、他のホテルに比べて若者向けかもしれません。

 

抜群の立地!W香港へのアクセス

W香港の最寄駅は、「九龍」駅です。九龍駅は、香港国際空港の「機場」駅から直通です。エアポートエクスプレスに乗れば、空港から20分ほどで着きます。

九龍駅は、圓方(エレメンツ)というモールと直結しています。W香港の入り口は、このエレメンツの中にあります。つまり、空港からホテルまで、一度も外へ出ずに行く事ができるのです!

九龍駅の改札を出て、目の前にある長いエスカレーターを上がれば、エレメンツに到着です。

f:id:fullofwanderlust:20180122185337j:image

W香港の入り口は、エレベーターを登りきったフロアと同じ階にあります。

f:id:fullofwanderlust:20180122185423j:image

 

九龍駅は、香港島の入り口「香港」駅や、ディズニーリゾートラインの始発駅「欣澳(Sunny Bay)」駅とも直通していて、とても便利でした。

 

スペクタキュラールーム

spgゴールド特典には、お部屋の無料アップグレードがあります。予約したのはワンダフルルームでしたが、チェックインの際にスペクタキュラールームにアップグレードして頂きました!

 

お部屋は広くてスタイリッシュ、清潔感があり快適です。

窓が大きく、眺めも良いです。

f:id:fullofwanderlust:20180122185531j:image

スペクタキュラールームからの眺めは、パーシャルハーバービューです。

f:id:fullofwanderlust:20180122185614j:image

夜になるとこんな感じ。ヴィクトリア湾の向こうには、香港の夜景の定番、香港島のビル群が見えました!

f:id:fullofwanderlust:20180123071713j:image

ただ、窓の左側にそびえ立つ香港一高いビル、ICCがとても邪魔なんですよね。

f:id:fullofwanderlust:20180122185651j:image

 

エレベーターホールは、まるで書斎のようなデザインです。よく作り込まれていて素敵でした。

f:id:fullofwanderlust:20180122193255j:image

ルームキーまでおしゃれ。

f:id:fullofwanderlust:20180122193241j:image

 

プール「Wet」

76階のプールにやってきました。 

f:id:fullofwanderlust:20180122193344j:image

日中は、プールサイドで日光浴をしている人がたくさんいたのですが、夜はあまり人がいませんでした。

f:id:fullofwanderlust:20180123071257j:image

プールの隣にはジャグジーもあり、泳いだ後に入ると気持ち良いです。

プールサイドにはバーがあり、アルコールの提供もあります。 

プールからの眺めは、巨大なビルICCが邪魔すぎて、かなり微妙でした。それでもプール自体がライトアップされていて綺麗なので、充分楽しめました。

 

朝食 「Kitchen」

シリアルコーナー

f:id:fullofwanderlust:20180123071751j:image

サラダコーナー

f:id:fullofwanderlust:20180123071812j:image

パンは、甘いデニッシュ系が豊富です。

f:id:fullofwanderlust:20180123071827j:image

他にも卵やベーコンなど朝食の定番メニューや、中華風の蒸し物、揚げ物、ライス、ヌードルバーもありました。ヌードルバーでは、好きな具材とスープを選ぶとその場で茹でてくれます。

f:id:fullofwanderlust:20180123072037j:image

品数が多く、目移りしてしまいます。朝からお腹いっぱいでした。

 

宿泊費用

1泊目はspg会員用のプリファード レートで、前日までキャンセル無料の朝食付きで1室3240HKドル、日本円で約47,000円でした。
2泊目は、spgアメックスの宿泊特典を利用したため無料でした。

 

ホテル直結!「圓方(エレメンツ)」

W香港の入っているモール、圓方(エレメンツ)は、主に高級ブランドを取り扱うモールです。ザ・リッツ・カールトン香港や、スカイ100とも直結しています。

f:id:fullofwanderlust:20180123072007j:image

訪れた時は、10周年記念のようでした。

f:id:fullofwanderlust:20180123072119j:image

モール内は、レストランやカフェも充実しています。

夕食は、エレメンツの中では比較的リーズナブルに香港料理を楽しめる、「正斗粥麵專家(Tasty Congee & Noodle Wantun Shop)」に行きました。このレストランは、W香港のエントランスと同じフロア(1st floor)にあります。

ワンタン麺を注文しました。

f:id:fullofwanderlust:20180123072103j:image

こちらは香港風ジャージャー麺。

f:id:fullofwanderlust:20180123072136j:image

お店は結構混んでいて、入るまでに少し待ち、注文してから出てくるまでにも結構待ちましたが、料理は美味しかったです。

 

まとめ

スタッフは気さくで、感じの良い人ばかりでした。ホテルからの眺めは、ICCさえなければ、、といった感じです。総合的にはとても快適で良いホテルでした。

Wホテルは中国、タイ、シンガポール、インドネシアなど近場にも結構あります。旅行の際はぜひ泊まってみて下さい。

スポンサーリンク