【2018年版】ANAカード解約の注意点と、解約後もマイルを利用する方法

f:id:fullofwanderlust:20180131202333j:image

ANAカードを解約すると、マイレージクラブも自動的に退会となってしまいます。

カード解約後もマイルを利用するには、クレジット機能の無いマイレージクラブカードを作り、マイルを移行します。

カード解約時に、実際に行ったマイル移行手順をお伝えします。

 

 

 

必要な手続き

マイルの移行に必要な手続きは、

  • マイレージクラブカードの発行
  • マイルの移行(口座同士の紐付け)

です。

この手続きにより、今まで貯めたマイルを残す事ができ、引き続きマイレージクラブを利用できます。

ただしお客様番号(マイレージ番号)は新しい番号に変更になります。

 

マイレージクラブカードの発行

マイレージクラブカードは、クレジット機能の無いカードです。マイレージクラブへの新規入会によりカードが発行され、新しいお客様番号を得る事ができます。

発行方法については、移行手順の項で説明します。

 

 マイルの移行(口座の紐付け)

ANAカードの口座から、ANAマイレージクラブカードの口座にマイルを移行します。

移行といっても、実際には紐付けです。ANAカードを解約するまでは、どちらのお客様番号からログインしても同じマイルが表示されます。

マイル移行後にANAカードを解約すれば、ANAマイレージクラブカードの口座にマイルが残ります。

 

移行手順

マイレージクラブカードの発行(新規入会)とマイルの移行手続きは、ANAマイレージクラブ・サービスセンターお問い合わせ | ANAマイレージクラブで行なっています。受け付けは電話です。電話をすれば、手続きを全てやってくれます。

電話をしてから新しいカードが届くまでに三週間前後かかると案内を受けましたが、実際にはもう少し早く届きました。

届いたカードは、テレフォンカードを更にペラペラにしたような感じです。

 

ログインについて

マイレージクラブカード到着後、新しいお客様番号でマイレージクラブにログインしてみました。ログイン時のWebパスワードは、元のお客様番号でログインする時に使うWebパスワードと同じです。

ANAカードを解約するまでは、どちらのお客様番号からもログインすることができます。どちらから見てもマイル口座残高は同じです。

ただしマイレージクラブを利用した国際線予約、特典航空券の発券、特典利用者登録は、メインカードからのみ行うことができます。

メインカードは、今回の手続きにより、ANAカードからANAマイレージクラブカードに変更となっていました。

メインカードの確認は、ANAマイレージクラブの「メインカードの変更」というページから見る事ができます。

ANAカードのお客様番号によるログインができなくなったのは、ANAカードの解約手続きから2日後でした。

 

マイルの加算について

マイルの移行手続き後は、口座同士が紐付けされます。ANAカードの口座にマイルが加算されると、自動的にANAマイレージクラブカードの口座にも反映されます。

ただしANAカードを解約すると、ANAカードのお客様番号は無効になり、紐付けも解消します。

  

解約手続き中に、航空券を購入する場合

新しいカードが届くまで、新しいお客様番号はわかりません。そのためカードが届く前に航空券を購入すると、マイルの積算ができません。

この場合は、航空券購入後、カードが手元に届いてからマイルの事後登録を行います。

 

解約手続き中に、特典航空券を発券する場合

新しいカードが届くまでは、お客様番号がわかりません。カードが届くまでに特典航空券を発券したい場合は、電話での受付となります。受付時には、元の会員番号が必要です。

 

 

 

おすすめ記事▼