世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

ロマンチック過ぎる!ドバイの豪華リゾート「マディナジュメイラ」宿泊記

f:id:fullofwanderlust:20170403204623j:plain

ドバイの超巨大高級リゾート「マディナ・ジュメイラ(Madinat Jumeirah)」内のホテル「ミナ・サラーム(Mina A' Salam)」に滞在しました。

マディナ・ジュメイラのホテル、朝食やプール・プライベートビーチ、無料で使えるウォーターパークを紹介します。 

 

 

 

 

マディナ・ジュメイラとは

マディナ・ジュメイラは複数のホテル、プール、スパ、ビーチ、モールで構成された超巨大高級リゾートです。敷地内には運河が流れ、昔のアラビアの街並みが再現されています。

予約客以外は、敷地のモール以外のエリアに立ち入る事はできません。

宿泊者は、アブラに乗って敷地内を自由に移動する事ができます。

 

アクセス

ドバイメトロを利用する際は、レッド・ラインの「モール・オブ・ジ・エミレーツ」駅へ行き、そこからタクシーを利用します。

マディナ・ジュメイラ内の各ホテルやモールのエントランスは、それぞれ全く別の場所にあるので、目的地のエントランスまで行ってもらう必要があります。

 

ホテル「ミナ・サラーム(Mina A' Salam)」

マディナ・ジュメイラ内には複数のホテルがありますが、宿泊したのはミナ・サラームです。

訪れた時はバレンタイン。ロビーには花びらが敷き詰められていました。

f:id:fullofwanderlust:20171230003514j:image

f:id:fullofwanderlust:20170403202458j:plain
部屋からの眺めは素晴らしいです。運河とアブラ、その向こうには海とパーム・ジュメイラの一部を見る事ができました。
f:id:fullofwanderlust:20170404180221j:plain
お部屋はおしゃれですが、少々年季が入っている気がしました。
f:id:fullofwanderlust:20170403201317j:plain

 

運河と渡し舟アブラ

マディナ・ジュメイラでは、無料の渡し舟アブラに乗って敷地内を自由に移動できます。

f:id:fullofwanderlust:20170404213114j:plain

アブラからの景色はとても美しく、7つ星ホテルと称されるブルジュ・アル・アラブを見ることもできます。

f:id:fullofwanderlust:20180219212848j:image

モールの船着き場には、水路を一周する一般観光客用のアブラもありますが、そちらは有料で行列でした。
 

朝食は他のホテルでも取れる

マディナ・ジュメイラ宿泊者は、敷地内にある別のホテルで朝食をとることが出来ます。朝食の内容はどこも同じですが、他のホテルの内部を見る事ができます。

ミナ・ア・サラムの船着き場からアブラに乗って、アル・カスル(Al Qasr)に行ってきました。 

内部がもの凄く豪華です。

f:id:fullofwanderlust:20180219221602j:image

エントランスにやってきました。噴水が涼しげです。

入り口にはスーパーカーがずらり。

f:id:fullofwanderlust:20170404211713j:plain

 

広過ぎるプール

f:id:fullofwanderlust:20170404212314j:plain

マディナ・ジュメイラでは、敷地内のどれか1つのホテルに宿泊していれば、別のホテルのプールを利用出来ます。

ミナ・アッサラームのプールより広いアル・カスルのプールに行ってみました。 

プールへは、まずアブラでアル・カスルの船着き場に行きます。船着き場に着いたら、アル・カスルの中に入らず、運河にかかる橋を渡ればプールに到着です。

f:id:fullofwanderlust:20170404212249j:plain

プールサイドではビーチタオルを借りる事ができます。ビーチチェアもパラソルも無料です。

プールサイドにはバーがあり、飲み物や軽食を頼むことができます。支払いは部屋に付けてもらうこともできます。

 

美しいプライベートビーチ

f:id:fullofwanderlust:20170404213304j:plain

ドバイは砂漠のイメージが強いですが、実はビーチリゾートでもあります。

マディナ・ジュメイラには敷地に沿って2kmも続く、とても美しいプライベートビーチがあります。ここでは、ビーチタオル、ビーチチェア、パラソルを無料で借りる事ができます。

アル・カスル前からミナ・アッサラーム前までビーチを歩いてみました。

桟橋の先には、マディナ・ジュメイラの高級レストラン Pierchic があります。

f:id:fullofwanderlust:20170404213040j:plain

2月の海はとても冷たく、泳いでいる人は誰もいませんでした。

海沿いをミナ・ア・サラムに向かって歩いていくと、ダウ船の帆の形をした7つ星ホテル、ブルジュ・ハリファがよく見えます。

f:id:fullofwanderlust:20180423083817j:image

距離は結構ありますが、良い散歩になりました。

 

ウォーターパーク「ワイルド・ワディ(Wild Wadi)」

f:id:fullofwanderlust:20170403203849j:plain

マディナ・ジュメイラの隣のホテル、ジュメイラ・ビーチ・ホテルには、ワイルド・ワディ・ウォーターパーク(Wild Wadi Waterpark)という施設があります。日本では体験できない新感覚のウォータースライダーがたくさんあり、かなり面白いです。

f:id:fullofwanderlust:20170323215351j:plain

通常、ワイルド・ワディの入場料は320AED(日本円で約一万円)もしますが、ジュメイラ系列ホテルの宿泊者は無料で利用する事ができます。

ただしロッカーは有料で、ひとつ40AED、日本円で約1300円でした。宿泊者名、ホテル名、部屋番号を伝えれば、部屋につけてくれます。ビーチタオルは無料で借りることができます。

更衣室とシャワーも無料で、男女で分かれていています。ロッカーは更衣室の外にあるので、1つのロッカーを男女で共用することもできます。

マディナ・ジュメイラからワイルド・ワディまでは無料のバギーで送迎してくれます。バギー乗り場はプライベートビーチ付近の一本道にあり、そこで待っているとバギーがやって来て乗せてくれます。

 

「スーク・マディナ・ジュメイラ(Souk Madinat Jumeirah)」

f:id:fullofwanderlust:20170404214336j:plain

スーク・マディナ・ジュメイラ(Souk Madinat Jumeirah)は、マディナ・ジュメイラにあるモールです。宿泊者以外の人も自由に訪れる事ができます。

ミナ・アッサラームからは、アブラに乗って行くほか、渡り廊下を使って歩いて行くこともできました。

スークからホテルに戻る時は、宿泊者かどうかの確認がありました。アブラを使って戻る時には部屋番号と名前を聞かれ、渡り廊下を使って戻る時にはセキュリティスタッフにルームキーを見せました。

 

まとめ

ミナ・アッサラームはマディナ・ジュメイラのホテルの中では1番古く、少し年季を感じます。値段はそれなりにするので、マディナ・ジュメイラ内の他のホテルに比べると、コストパフォーマンスがあまり良くないような気がします。

それでも1番安くマディナ・ジュメイラに滞在でき、ワイルドワディに無料で入場できる事を考えれば、充分に価値のあるホテルだと思います。