世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

マディナ・ジュメイラ|行き方、スーク、ビーチ、ホテルの朝食など。

f:id:fullofwanderlust:20170403204623j:plain

ドバイの超巨大高級リゾート「マディナ・ジュメイラ(Madinat Jumeirah)」に行ってきました。

マディナ・ジュメイラには、スーク風のモール、複数のホテル、美しいプライベート・ビーチなどがあり、ちょっと贅沢な気分を味わうにはぴったりな場所です。

マディナ・ジュメイラの行き方と、豪華なスークや宿泊したホテルなどを紹介します。

 

 

 

マディナ・ジュメイラとは

マディナ・ジュメイラはスーク(モール)、複数のホテル、プール、ビーチ、スパで構成された超巨大高級リゾートです。敷地内には運河が流れ、昔のアラビアの街並みが再現されています。

一般の観光客が利用できるのはスークのみです。マディナ・ジュメイラ内のホテル宿泊者は、渡し舟「アブラ」に乗って敷地内を自由に移動できます。

f:id:fullofwanderlust:20170404213114j:plain

アブラからの景色はとても美しく、7つ星ホテルと称されるブルジュ・アル・アラブを見ることもできました。

モールの船着き場には、水路を一周する一般観光客用のアブラもありましたが、そちらは有料でした。

 

行き方

まずドバイメトロのレッド・ラインで「モール・オブ・ジ・エミレーツ」駅へ行きます。駅からマディナ・ジュメイラへは、歩いて行ける距離ではないのでタクシーを利用します。

マディナ・ジュメイラ内のスークや各ホテルのエントランスは、それぞれ全く別の場所にあります。タクシーに乗ったら、スークなら「スーク・マディナ・ジュメイラ」と、ホテルなら各ホテルの名前を伝えて、目的地のエントランスまで行ってもらいましょう。

 

スーク・マディナ・ジュメイラ

f:id:fullofwanderlust:20170404214336j:plain

スーク・マディナ・ジュメイラ(Souk Madinat Jumeirah)は、マディナ・ジュメイラにあるスーク風のモールです。宿泊者だけでなく、一般の観光客も利用できます。モールとしては正直微妙なのですが、雰囲気が良いので観光やディナーには向いています。

ホテルからスークへは、アブラに乗るか、渡り廊下を歩いて行くことができます。スークからホテルに戻る時は、宿泊者かどうかの確認があります。アブラを使って戻る時には部屋番号と名前を聞かれ、渡り廊下を使って戻る時にはセキュリティスタッフにルームキーを見せるよう言われました。

 

プール

マディナ・ジュメイラでは、敷地内のどれか1つのホテルに宿泊していれば、好きなホテルのプールを利用出来ます。今回は、アル・カスルのプールに行ってみました。 

アル・カスルの船着き場に着いたら、ホテルには入らず、運河にかかる橋を渡るとプールに到着します。

f:id:fullofwanderlust:20170404212249j:plain

アル・カスルのプールはものすごく広いです。

f:id:fullofwanderlust:20170404212314j:plain

プールサイドではビーチタオル、ビーチチェア、パラソルを無料で利用できます。プールサイドにはバーがあり、支払いは部屋に付けてもらうこともできます。

 

プライベート・ビーチ

ドバイは砂漠のイメージが強いですが、実はビーチリゾートとしても充実しています。

マディナ・ジュメイラには敷地に沿って2kmも続く、とても美しいプライベートビーチがあります。ここでは、ビーチタオル、ビーチチェア、パラソルを無料で借りる事ができます。

f:id:fullofwanderlust:20170404213304j:plain

アル・カスル前からミナ・アッサラーム前までビーチを歩いてみました。

桟橋の先には、マディナ・ジュメイラの高級レストラン Pierchic があります。

f:id:fullofwanderlust:20170404213040j:plain

2月の海はとても冷たく、泳いでいる人は誰もいませんでした。

海沿いをミナ・ア・サラムに向かって歩いていくと、ダウ船の帆の形をした7つ星ホテル、ブルジュ・ハリファがよく見えます。

f:id:fullofwanderlust:20180423083817j:image

距離は結構ありますが、良い散歩になりました。

 

朝食

宿泊者は、敷地内の好きなホテルで朝食をとることが出来ます。

宿泊したのは「ミナ・アッサラーム(Mina A' Salam)」ですが、別のホテル「アル・カスル(Al Qasr)」に行ってみました。 

内部がもの凄く豪華です。

f:id:fullofwanderlust:20180219221602j:image

朝食は、どこのホテルも同じ内容のビュッフェです。味や品数は、ドバイのちょっと良いホテルの一般的なレベルといった感じでした。

エントランスにやってきました。噴水が涼しげです。

入り口にはスーパーカーがずらり。

f:id:fullofwanderlust:20170404211713j:plain

 

ミナ・アッサラーム(Mina A' Salam)

マディナ・ジュメイラ内には複数のホテルがありますが、今回宿泊したのはミナ・アッサラームです。

訪れた時はバレンタインで、ロビーには花びらが敷き詰められていました。

f:id:fullofwanderlust:20171230003514j:image

f:id:fullofwanderlust:20170403202458j:plain
部屋からの眺めが素晴らしいです。運河とアブラ、その向こうには海とパーム・ジュメイラの一部を見る事ができました。
f:id:fullofwanderlust:20170404180221j:plain
お部屋はおしゃれですが、少々年季が入っているような気がしました。ミナ・アッサラームは、マディナ・ジュメイラの中では一番古く安いホテルとはいえ、それなりに高いです。それならいっそアル・カスルの方が良かったかもしれません。
f:id:fullofwanderlust:20170403201317j:plain

 

ワイルド・ワディ

f:id:fullofwanderlust:20170403203849j:plain

マディナ・ジュメイラの隣のホテル、ジュメイラ・ビーチ・ホテルには、ワイルド・ワディ・ウォーターパーク(Wild Wadi Waterpark)という施設があります。日本では体験できないような新感覚のウォータースライダーのある、かなり面白いウォーターパークです。

f:id:fullofwanderlust:20170323215351j:plain

通常、ワイルド・ワディの入場料は320AED(日本円で約一万円)もしますが、ジュメイラ系列ホテルの宿泊者は無料で利用する事ができます。

ただしロッカーは有料で、ひとつ40AED、日本円で約1300円でした。宿泊者名、ホテル名、部屋番号を伝えれば、部屋につけてくれます。ビーチタオルは無料で借りることができました。

更衣室とシャワーは無料です。ロッカーは更衣室の外にあるので、1つのロッカーを男女で共用することもできます。

マディナ・ジュメイラからワイルド・ワディまでは無料のバギーで送迎してくれます。バギー乗り場はプライベートビーチ付近の一本道にあり、そこで待っているとバギーがやって来て乗せてくれます。