世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

ドバイはつまらない?ドバイ観光で旅行者が陥りがちな4つの失敗

f:id:fullofwanderlust:20170323215351j:plain

時々、ドバイはつまらないという意見を見かけます。自らドバイを旅行先に選んだにもかかわらず、なぜ退屈だと感じてしまう人がいるのでしょうか。ドバイ観光でありがちな失敗を、実体験から4つ紹介します。

 

 

 

そもそもドバイはリゾート地

f:id:fullofwanderlust:20180419073316j:image

ドバイは、旅行者にとってリゾート地です。素敵なホテルに泊まり、美味しいものを食べ、アクティビティに参加し、ショッピングを楽しむ場所です。

遺跡を巡って歴史を体感したい人や、屋台でローカルフードを食べ歩きしたい人は、そもそもドバイという選択が間違っているので、旅行先を再検討すべきかもしれません。

それを前提として紹介していきます。

 

陥りがちな4つの失敗

 

1. ホテルにこだわらない

f:id:fullofwanderlust:20180419200458j:image

ドバイで最も節約すべきでないのは、ホテル代です。ここで旅の良し悪しが決まってしまうと言っても過言ではありません。5つ星以上のホテルをお勧めします。

ドバイのホテルは、4つ星と5つ星の差がとても大きいです。5つ星以上から一気にリゾート感が増し、中にはそこそこの値段でかなり豪華な滞在ができるホテルもあります。

対して4つ星は、いかにもビジネスホテルといった感じで、ドバイの煌びやかな観光地とのギャップに悲しくなるかもしれません。

激安ツアーでは大抵、日本人御用達の4つ星リビエラ・ホテルが指定されています。ツアーならアップグレードをお勧めしましますが、いっそ個人手配にして好きなホテルを選ぶのも楽しいですよ。

こちらは敷地内に複数のホテルがある「マディナ・ジュメイラ」。

f:id:fullofwanderlust:20180419073120j:image

水路が流れ、宿泊者はボートを使って移動する、とても素敵なリゾートでした。

ドバイといえば、砂漠のイメージが強いですが、一般的に売り出されているデザート・サファリのショーやディナーは大して良いものではなく、正直安かろう悪かろうだと思います。

もっと素敵な砂漠体験をしたいなら、砂漠の中にあるホテルがおすすめです。砂漠のホテルはドバイやアブダビにいくつかありますが、どれも評判が良いので、素晴らしい滞在ができるはずです。

Al Maha, a Luxury Collection Desert Resort & Spa, Dubai

 

2. 定番コースしか行かない

ドバイは砂漠で四駆に乗って、スークを歩いたら後はモールで買い物するだけ、という意見を見かけますが、本当にそれだけでしょうか。

ドバイは常に進化し続けています。数年経てば、あっという間に新しい観光スポットが出来上がります。

2018年に完成した新名所「ドバイフレーム」。


Picture courtesy: Dubai Media Office

高さ150mもあるこの建築物は、上が展望台になっていて、ドバイの素晴らしい景色を堪能することができます。床の一部は透明なガラスで出来ているので、真下の景色を眺める事もできるのだそう。


Picture courtesy: Dubai Media Office

その割に、日本人向けの定番ツアーや一般的におすすめされている観光地は、何年経っても代わり映えしません。

観光局のWebサイトやドバイ在住者のブログ、海外インスタグラマーの投稿などを見ていると、新しいスポットや流行りのレストランがたくさん紹介されています。それらを参考にすれば、最新のドバイが見えてきて、回りきれないほどたくさんの観光スポットが見つかるはずです。

2年前に訪れた「ミラクル・ガーデン」。

f:id:fullofwanderlust:20180419211050j:image

当時、インスタ映えスポットとして世界中で大人気になっていた観光地です。

f:id:fullofwanderlust:20170409201106j:plain

ドバイは個人手配しやすい国です。定番コースを回るにも、自分でアレンジするだけで、ずっと面白くさせることができます。

こちらは定番の観光スポット、ドバイ・ファウンテン。

f:id:fullofwanderlust:20180419074232j:image

初めて見たのは、レストランのテラス席からでした。事前に席だけ予約しておいたので、場所取りに煩わされることなく、食事をしながら30分ごとにショーを見ることができました。

2017年には、噴水をもっとそばから観る事ができる場所が完成しました。水に浮かぶ遊歩道 Boardwalkは、たった500円程度で目の前で噴水を観ることができる新しいサービスです。


Picture courtesy: Dubai Media Office

続いてこちらは同じく定番の観光地、ドバイ・モールの巨大水槽です。

ここでダイビングができることをご存知でしょうか。たくさんの観光客とサメに囲まれる、スリル満点な体験ができますよ。

また高級リゾートホテル「アトランティス・ザ・パーム」にある巨大水槽では、ダイビングだけでなくシュノーケリング、シーウォーカーを体験することもできます。

f:id:fullofwanderlust:20180419214113j:image

ロストチェンバー水族館 | アトランティス・ザ・パーム

実際にこちらでダイビングをしたのですが、古代都市のような美しい空間で、たくさんのサメやエイに囲まれることができ、素敵な思い出となりました。

ドバイには、世界中から最新の流行が集まります。日本にはまだ未上陸のレストランやショップでも、ドバイにはあるかもしれません。ドバイでレストラン選びをするのなら、そういう探し方もお勧めです。

ドバイ・モールの巨大水槽の向かいにある「チーズケーキ・ファクトリー」は、全米に展開する人気チェーン店です。

f:id:fullofwanderlust:20180419192712j:image

ボリュームたっぷりのアメリカ料理や、美味しいケーキを食べる事ができます。日本にも上陸すれば良いのに。

 

3. ビーチに行かない

f:id:fullofwanderlust:20180419073209j:image

ドバイは砂漠のイメージが強いですが、ビーチリゾートとしてもかなり充実しています。

ドバイのビーチ、めちゃくちゃ綺麗ですよ。

f:id:fullofwanderlust:20180419073231j:image

パブリックビーチでも設備が綺麗なので、安心して遊べます。有名なのは、JBR前のThe Beach。

f:id:fullofwanderlust:20180419193703j:image

The Beach - JBR Beach, Cafes, Restaurants and Shops

ビーチのそばのThe Walkには、素敵なレストランやお店がたくさん並んでいるので、食事や散歩を楽しむことができます。

 

4. アブダビに泊まらない

アブダビは今、観光地として急速に発展しています。2017年には、あのルーブル美術館の分館、ルーブル・アブダビが誕生しました。

f:id:fullofwanderlust:20180419194532j:image

Louvre Abu Dhabi – See Humanity in a new light

もともとアブダビは、「シェイク・ザイード・グランド・モスク」のためにドバイから日帰りで観光する人が多い場所でした。

とはいえルーブル・アブダビが完成した今、アブダビを日帰りにするのは勿体ないです。

アブダビは、ドバイより安い値段で良いホテルに泊まることができる場所です。
日本では、アブダビといえばエミレーツ・パレスが有名ですが、その向かいにあるエティハド・タワーズもお勧めです。

エミレーツ・パレスより良かったという声もあり、ここ数年はトリップ・アドバイザーの、アブダビのホテル人気No.1に選ばれています。

実際に泊まってみたのですが、施設もサービスもコスパも最強の、素晴らしいホテルでした。

また、アブダビで最も人気のある観光地「シェイク・ザイード・グランド・モスク」は、昼間も充分美しいのですが、夜は更に美しくなります。

f:id:fullofwanderlust:20170323205334j:plain

f:id:fullofwanderlust:20170323205139j:plain

f:id:fullofwanderlust:20170323203317j:plain

この姿を見ずに帰ってしまうのは、非常に勿体ないです。

ルーブル・アブダビができたのは、サディヤット島という島です。3年前にサディヤット島を訪れた時は、ルーブル・アブダビはまだ建設中でした。

f:id:fullofwanderlust:20180419200548j:image

今後も「グッゲンハイム・アブダビ」、安藤忠雄やザハ・ハディッドなどが設計した博物館やアートセンターが建設予定だそうです。

f:id:fullofwanderlust:20180419200607j:image

サディヤット島には、綺麗なパブリック・ビーチもありました。周辺にはリゾートホテルもいくつかあり、欧米からの旅行者がたくさん訪れていました。

f:id:fullofwanderlust:20180419200629j:image

こういうところで1日中のんびり過ごすのも、たまには良いかもしれません。 

 

 

 

関連記事▼