世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

たくさんの野生動物に会える!動物好きにお勧めの海外旅行先3選

f:id:fullofwanderlust:20180426073551j:image
大自然の中でのびのびと暮らす動物達を、目の前で簡単に見る事ができたら素敵ですよね。

日本ではなかなか難しいのですが、海外であれば信じられないほどたくさんの野生動物を簡単に見られる場所があります。

世界でも有数の「野生動物の楽園」を3つ紹介します。

 

 

 

ガラパゴス諸島

アシカやペンギンと泳げる海

ガラパゴス諸島と聞くと、緑豊かな大地と、巨大なゾウガメを想像する人も多いのではないでしょうか。

実は、ガラパゴスは陸地だけでなく、海も素晴らしいです。

ガラパゴスの海は多様性に富んでいて、シュノーケリングをすれば、巨大なウミガメ、エイの大群やタツノオトシゴなど、信じられないほど様々な生き物を見る事ができます。

サメの群れが住む水路。ここで泳ぐこともできますよ。

ビーチにいけばたくさんのアシカがごろごろ。

ナチュラリスト同行のツアーでは、必ずシュノーケリングを行います。アシカは頭が良く、好奇心旺盛なので、運が良ければ一緒に泳ぐ事もできますよ。

無邪気にくるくる泳ぎ回る姿は、まるで子犬の様で愛らしいです。

島によっては、ペンギンを見る事もできます。
浅瀬にいたら、フィンに興味津々のペンギンが寄ってきました。

f:id:fullofwanderlust:20180426073527j:image

ガラパゴスは、世界のベテランダイバーの憧れの場所でもあります。ダイビングなら、運が良ければハンマーヘッドシャークの大群や、イルカやジンベイザメを観られるかもしれません。

f:id:fullofwanderlust:20180427200312j:image

Diving with Hammerheads | Dive Worldwide

 

動物の住む街

ガラパゴス諸島には無人島だけでなく、人の住む島もあります。街中のベンチでは、このような光景を見かける事もありました。

ナチュラリストガイドの同行なしで行けるビーチには、イグアナがごろごろ。見た目はゴジラみたいですが、のんびりとした草食動物で、人に危害を加える事はありません。

f:id:fullofwanderlust:20180426073812j:image

 

本当のふれあいを体感できる

ガラパゴス諸島では、自然保護の観点から、動物に2m以上近づく事が禁じられています。もちろん動物に触ることは許されません。

それを聞くと、ちょっとがっかりしますよね。

実はそこが、ガラパゴスの面白いところです。

人から危害を加えられた事のない動物達は、人を全く恐れません。すぐそばに人がやって来ても、平気な顔をして寝そべっています。

f:id:fullofwanderlust:20180426074835j:image

中には、好奇心だけで人に寄ってくる動物もいます。

一緒に泳いだアシカ。本当は泳ぎ上手なのですが、フィンに甘噛みしたり、シュノーケリングのペースに合わせて一緒に浮かんでくれました。

f:id:fullofwanderlust:20180426074041j:image

無人島に住む動物達は、人がそばを歩いても、もわざわざ顔をあげたり、羽を逆立てたり、慌てて立ち上がるような事はしません。

f:id:fullofwanderlust:20180426074133j:image

まるで人間が存在してないかのように振る舞います。

f:id:fullofwanderlust:20180426074202j:image

自分が透明人間になってしまったような、不思議な感覚でした。ここにはまだ、人間なんて知らない、無垢で純粋なままの動物達がいました。

 

ケニア・タンザニア

これぞアフリカ!王道サファリ

アフリカには、サファリのできる国がたくさんあります。南アフリカではラグジュアリーなサファリ、ボツワナではボートサファリ、ナミビアでは砂漠地帯でのサファリなど、それぞれの地で個性的なサファリを体験することができます。

ですがどこまでも続く大平原と、それを埋め尽くすヌーの群れのように、アフリカと聞いて連想する光景や、肉食獣によるハンティングを比較的容易に見られるのは、ケニア・タンザニアです。

f:id:fullofwanderlust:20180427213059j:image

タンザニアて見た動物については、こちらで紹介しています。 

 

ケニア・タンザニア 行くならどっち?

ケニアで最もおすすめなのはマサイマラ国立保護区、タンザニアで最もおすすめなのは、セレンゲティ国立公園です。この2つは隣り合っていて、動物達が自由に行き来しているため、どちらに行っても見られる動物の種類はほとんど変わりません。

2つの違いは、

マサイマラ国立保護区(ケニア)

  • 街からのアクセスが良い
  • 敷地が広過ぎないので効率よく回れる
  • 敷地が狭いぶん混雑しやすい
  • ヌーの大群が訪れるのは夏
  • タンザニアに比べて結構安い


セレンゲティ国立公園(タンザニア)

  • 敷地が広く雄大な景色を楽しめる
  • 敷地が広いので混雑しにくい
  • 敷地が広過ぎて移動に時間がかかる
  • ヌーの大群が1年の大半を過ごす
  • ケニアに比べて結構高い

 

とにかく大自然を体感したいならタンザニア、コスパ・効率重視ならケニアだと思います。

また、旅行の時期も重要です。

ヌーやシマウマの大群は、1年かけてタンザニアのセレンゲティを一周していますが、夏になるとマラ川を渡り、ケニアのマサイマラを訪れます。ヌーの動きを考慮したツアーに参加できると、より素晴らしい光景が見られるかもしれません。

f:id:fullofwanderlust:20180427073140j:image

 

豪華なロッジ

アフリカのサバンナと聞くと、どんな宿泊施設を思い浮かべますか。

サファリのできる敷地内には宿泊施設が点在していて、その種類はキャンプサイトから高級ロッジまで様々です。

実際にセレンゲティで泊まったのは「クブクブ・テンテッド・キャンプ(Kubu Kubu Tented Camp)」。

バルコニーからは、セレンゲティの素晴らしい景色を一望できます。

セレンゲティの南、ンドゥトゥで泊まったのは典型的な移動式テント・ロッジ「チャカ・キャンプ(Chaka Camp)」。テント内部にはベッド、シャワー、トイレが付いています。

テントの前で座っていると、インパラがやって来ました。

朝は早起きして、コーヒーを頂きました。鳥の声が響き渡るとても爽やかな朝でした。

 

南極

f:id:fullofwanderlust:20180427195756j:image

Tours by Destination: Polar Regions | National Geographic Expeditions

実は野生動物の宝庫

最後は憧れの地、南極です。先ほどの2ヶ所と異なり未踏の地ですが、バケットリストとして紹介します。

南極と聞いて、何を想像しますか。氷に閉ざされた真っ白な大地や、吹き荒れるブリザードでしょうか。

もちろんどちらも正解ですが、そんな過酷な場所にもかかわらず、たくさんの生き物が住んでいることをご存知でしょうか。

本当にたくさんです。

f:id:fullofwanderlust:20180427195321j:image

Tours by Destination: Polar Regions | National Geographic Expeditions

南極半島や周辺の島々を旅するクルーズでは、信じられないほどたくさんのペンギンやアザラシ、オットセイと出会う事ができます。

f:id:fullofwanderlust:20180427195427j:image

上陸すると、好奇心旺盛なペンギンが寄ってくることもあるのだとか。

f:id:fullofwanderlust:20180427195449j:image

また海では、周辺に生息するクジラやシャチを見る事もできます。

f:id:fullofwanderlust:20180427195413j:image

訪れる時期や場所によって、見られる動物の種類は異なります。皇帝ペンギンは、他のペンギンとは生息域が異なるため、それ専用のツアーに参加する必要があります。

特にたくさんの動物が生息しているのは、南極半島から少し離れた「フォークランド諸島」と「サウス・ジョージア島」です。

フォークランド諸島の「ボランティア・ポイント」に住むキングペンギン。

f:id:fullofwanderlust:20180427195510j:image

http://estancia-excursions.com

こんな素敵なビーチでペンギンに会えたら、最高ですね。