世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

タンザニア|サファリに行くなら知っておきたい!服装、ビザ、予防接種、トイレ事情など

f:id:fullofwanderlust:20180715105519j:image

アフリカでのサファリには、いつもの海外旅行とはちょっと違った準備が必要になります。タンザニアでサファリするために実際に行った準備や旅情報を紹介します。

 

 

 

気候と服装

アフリカと聞くと暑いイメージがありますが、実は結構寒いです。場所によっては想像以上に冷え込みます。薄手の服だけでなく、厚手の上着が必須です。特にンゴロンゴロの夜は、冬の初めくらいの寒さでした。対してセレンゲティは、日が出ている時はじっとしていても汗をかくほど。半袖短パンの外国人も結構見かけました。ただし蒸し暑い日の水場付近ではツェツェバエが出るので、サファリの間は半袖長ズボンの方が良いと思います。それでも日が陰ると冷えるので、薄手の長袖を常に持ち歩いていました。靴は歩きやすいスニーカーがおすすめ。ヒールや歩きにくい靴はやめた方がいいです。

 

予防接種

タンザニアは、黄熱の流行地域ではありません。日本からタンザニアへの入国であれば、基本的にはイエローカードは必要ありません。ただしバンコク経由の場合と、黄熱汚染地域を経由する場合はイエローカードが必要です。

ドーハ経由にもかかわらず、賄賂目的でイエローカードを要求されるというケースがあるらしいのですが、今回は特にそういう目には遭いませんでした。

タンザニアは水の衛生状態が良くないので、念のため腸チフスとA型肝炎の予防接種を受けて行きました。ワクチンを1つ打つと、次のワクチンを打つまでにしばらく間をあける必要があります。打つ時期がインフルエンザのワクチンとも重なったため、計画的に進めるのが大変でした。

現地では、念のためマラリア予防薬を飲んでました。蚊はサバンナよりも人の住む場所に多いと聞きましたが、時期のせいか天候のせいか、サバンナでも街中でも一度も見かけませんでした。

 

タンザニアはビザが必要

タンザニアを観光するにはビザが必要です。

ビザは現地についてから空港で発行してもらうこともできますが、少しでも現地でのトラブルを回避するため、事前に日本で申請しておきました。

日本で申請するメリットは、

・タンザニア到着後スムーズに入国できる

・申請について日本語で聞ける

対してデメリットは

・事前に書類を揃えるのが面倒

・大使館まで行くのが面倒

・取得までに日数がかかる

ことです。

現地で申請すると、

・申請書類が簡単

・英語でのやり取り

・めちゃくちゃ並ぶことがある

・手続きが遅くて待たされる

ようです。

日本でビザを申請する場合は、在日本タンザニア大使館に行くか、郵送でのやり取りになります。大使館は用賀の閑静な住宅地にあり、駅からは少し遠く、徒歩で片道20分くらいかかります。大使館は日本の土日祝だけでなく、タンザニアの祝日もクローズします。中にはクリスマス休暇や月の観測状況によって日付が決まる祝日もあるので、大使館の公式サイトでちゃんと確認してから行った方がいいです。申請に必要な持ち物などは駐日タンザニア連合共和国大使館に詳しく載っています。

 

双眼鏡はあった方がいい

双眼鏡は、持っていった方が絶対に面白いです。展望台から動物を探したり、小さな鳥を観察したりと、何かと活躍してくれます。動物が近くにいる時も、表情をアップで見てみてみたりと、結構遊べます。

倍率は、動物との距離感、手ブレ、視野の明るさを考慮し8倍のものを持っていきました。サファリで動物を見るにはそれぐらいがちょうど良いです。

 

カメラは一眼かコンデジか

サファリで良い写真が撮りたいなら、一眼がベスト。素早くシャッターを切ることができ、電池の持ちが良く、望遠レンズで遠くの動物を綺麗に撮ることができます。

とはいえそこまで写真にこだわりがないので、コンデジで行きました。コンデジだとしても、ファインダー付きで光学高倍率ズームのものがお勧め。日差しの強いサバンナでは、液晶モニターでは見づらいです。基本的にサファリカーから動物を見るので、ズームで撮影しても綺麗に撮れるカメラが良いです。コンデジの欠点は、シャッターチャンスをのがしやすいこと。電源を入れ、ズームで調整してからの撮影になってしまいます。何度もズームの調整をしていると、バッテリーの消費が早いのも辛い。

 

充電とWi-Fi

今回利用したロッジには全て部屋にコンセントがありました。中には世界中のプラグに対応したものを置いているロッジもあり、充電できなくて困るといったことはありませんでした。ちなみにどのロッジにもフリーWi-Fiがありましたが、ほとんど繋がりませんでした。

ドライバー・ガイドの役割

サファリの質は、ドライバーやガイドで決まると言っても過言ではありません。アフリカ人は、双眼鏡を使わないと見えないほど遠くにいる動物を裸眼で見つけます。ガイドはその抜群な視力に加え、長年の経験と知識、仲間との情報交換を元にコースを決めています。サファリで通る道は、舗装されていない上に案内板もなく、土地勘や腕がなければとても運転できるような場所ではありません。安全なサファリができるのはドバイバーのおかげ。

 

サファリ中の水と食事

タンザニアの水は飲めません。サファリのロッジでは、歯を磨く時もペットボトルの水を使ってました。

ロッジに泊まりながらのサファリでは、朝と夜はホテルのビュッフェ、サファリ中はガイドやホテルが用意したランチボックスを食べるのが一般的。ビュッフェやランチボックスの内容は欧米向けです。絶品というほどではないかもしれませんが、美味しく頂きました!



サファリ中のトイレ

セレンゲティ国立公園やンゴロンゴロ・クレーター内にはトイレがあります。トイレに行きたくなったらガイドに伝えておくと、タイミングの良い時に連れて行ってくれます。こんなとこにトイレなんてないでしょって思っていたら、意外と近くにちゃんとしたトイレがあったりするので、遠慮せずに早めに伝えておいた方がいいです。どうしてもトイレがない時は、サファリカーの陰に隠れて外でする事になります。ガイドが安全なところを選んで車を止めてくれます。

 

ホテルは意外と快適

サファリで泊まるホテルって、どんなところか不安になりますよね。選んだホテル次第とは思いますが、今回泊まったホテルやロッジは想像以上に快適でした。

トイレやシャワーは室内に完備、トイレは水洗、シャワーからはお湯がでて、バスタブが付いているお部屋もありました。洗面室にはバスタオルやフェイスタオルも用意されていて、普段海外旅行で利用するホテルと何ら変わらない作りでした。

実際に泊まったロッジの様子はこちらで紹介しています。