世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

ドバイ7つ星ホテル「ブルジュアルアラブ」で朝食|予約方法、行き方など

f:id:fullofwanderlust:20180423212508j:image

ドバイの7つ星とも言われる最高級ホテル、ブルジュ・アラブ(Burj Al Arab)は、宿泊費がとんでもなく高いのですが、朝食だけなら比較的安く頂く事ができます。

実際にホテルに直接予約して朝食を頂いてきたので、アクセスやホテル内部、朝食の様子を紹介します。 

 

 

 

ブルジュ・アル・アラブとは

ブルジュ・アル・アラブは、7つ星とも称されるドバイの超高級ホテルで、宿泊には最低でも1泊15万円かかります。予約がないとホテルの敷地内に立ち入る事はできませんが、レストランの予約があれば、宿泊客でなくても入る事ができます。

 

予約について

訪れた時はまだ予約フォームがなかったので、直接ホテルにメールして予約しました。現在はブルジュ・アル・アラブの公式Webサイト
Burj Al Arab Jumeirah - Stay at The Most Luxurious Hotel in The World
の、各レストランのページから予約フォームに進めます。

朝食を提供しているレストランはSahn Eddar と Junsui で、Junsuiはビュッフェ、Sahn Eddarはコースでした。

今回は、Sahn Eddarのコースにしました。

 

行き方

ドバイメトロ「モール・オブ・ジ・エミレーツ駅」→(タクシー10分)ブルジュ・アル・アラブ着

まずはドバイメトロでレッド・ラインの「モール・オブ・ジ・エミレーツ駅」まで行きます。駅からホテルまでは公共交通機関がないのでタクシーを使います。 

ホテルが見えてきました。特徴的な形は、海に浮かぶダウ船の帆の形だそうです。

f:id:fullofwanderlust:20170323214440j:plain

ホテルに続く橋の手前で予約を確認があります。印刷しておいたメールを見せました。

入り口に到着しタクシーを降りて中に入ると、クリスマスバージョンの噴水が現れました。入り口から超派手。

f:id:fullofwanderlust:20170323214520j:plain

天井が素敵です。

 

Sahn Eddarの朝食

エスカレーターを上がると朝食会場です。

f:id:fullofwanderlust:20170323214553j:plain

席に案内され、メニューから飲み物とメインを選びました。

f:id:fullofwanderlust:20170323214644j:plain

最初に出てきたのは、美味しいパンとフルーツとヨーグルト。

f:id:fullofwanderlust:20170323214617j:plain

メインはエッグベネディクトです。

f:id:fullofwanderlust:20170323214709j:plain

見た目以上にボリュームがあり、朝からお腹いっぱいになりました。
朝食は、円安の影響もあり1万円越え!恐ろしいです。自分から予約しておいて何を今更といったところですが、いくら美味しいとはいえ、さすがにこの内容で1万円は高すぎると思いました。

同じフロアには朝食ビュッフェをしているJunsuiというレストランもありました。公式HPには日本食レストランと書かれていましたが、朝の時間帯は普通の朝食ビュッフェ会場となっているようです。

食事を終えた頃、中国人の団体観光客のバスが数台到着し、フロアが一気に賑やかになりました。中にはこの独特な天井の写真を撮るために、床に寝転がって一眼レフを構えるジャージのおっさんまで現れて、いくらなんでもそりゃないだろって感じでした。食事代はとてつもなく高いのに、途中から雰囲気が台無しになり、何とも言えない気持ちでブルジュ・アル・アラブを後にしました。