世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

タンザニアでサファリ|行き方、予算、シーズン、おすすめ観光スポットまとめ

f:id:fullofwanderlust:20181217224452j:image

サファリでたくさん動物が見たい!という人におすすめなのがタンザニア。ゾウやシマウマはもちろん、肉食動物に会うのも夢ではありません。中でも世界的に有名なのが、セレンゲティ国立公園で見られるヌーの大移動。大平原を埋め尽くすヌーの大群は壮観でした!実際にタンザニアのサファリに行ってきたので、行き方や見どころなどを紹介します。

 

 

 

 

行き方

日本→中東・ヨーロッパなど1ヶ所経由→タンザニア「キリマンジャロ空港」着→(車30分)空港付近の町「アルーシャ」→各種サファリツアーに参加

日本からタンザニアへの直行便はなく、最低1回の乗り継ぎが必要です。タンザニアには空港がいくつかありますが、サファリの拠点となる空港は「キリマンジャロ空港」。ダルエスサラーム空港やナイロビ空港が利用されることもありますが、キリマンジャロ空港の方が近くて便利です。

キリマンジャロ空港に乗り継ぎ一回で行けるのは、カタール航空、ターキッシュエアラインズ、エチオピア航空、KLMの4社(2017年3月時点)。経由地はそれぞれドーハ、イスタンブール、アディスアベバ、アムステルダムです。

今回利用したのはカタール航空。ドーハでの乗り継ぎなどはこちらで紹介しています。

サファリの拠点はアルーシャという町で、キリマンジャロ空港から車で30分ほどの場所にあります。アルーシャにはサファリ会社がたくさんあり、通常はアルーシャからサファリカーに乗ってサファリに出かけます。事前にツアーを申し込んでいない場合は、空港からバスかタクシーでアルーシャまで行き、サファリ会社を探してツアーに申し込むことになります。

今回利用したのは「みんなのサファリ」。日本人の方が経営する現地サファリ会社です。申し込みは、事前に日本から行いました。

 

シーズン

サファリのシーズンを左右するのは雨。3月~6月頃が雨季、7月~9月頃が乾季です。雨季は道がぬかるみますが、緑の美しい平原と、それを求めて集まる草食獣を見ることができます。乾季は土埃が舞いやすいですが、草が無いので肉食獣などの動物を見つけやすくなります。

ヌーやシマウマの大群は、雨を追いかけて広大な敷地を移動しています。目安としては2,3月が出産子育てシーズン、8,9月が川渡りのシーズンですが、雨の降るタイミングによって大きく変化します。特にヌーの出産シーンや川渡りは、それを狙って完璧な日程を組んだとしてもそう簡単に見られるものではありません。

f:id:fullofwanderlust:20181217224537j:image

1番混雑するのは夏休みと年末年始、1番空いていてロッジが安いのは雨季真っ只中の4-5月。雨季はぬかるみでスムーズな移動が難しいかもしれませんが、車が少ないので広大なセレンゲティをゆったりと観光できそうです。どのシーズンも一長一短。良いサファリができるかどうかは、サファリ会社やツアー内容次第だと思います。たとえばヌーの大移動を見たいなら、ヌーの動きに合わせた旅程やホテルを組んだツアーに参加する必要があります。そういった相談やニーズに応えてくれる会社にお願いするのが1番です。

 

予算

タンザニアは自然保護区の入場料が比較的高く、サファリできる他の国に比べてお金がかかります。行く時期や日数にもよりますが、国内の旅行会社が出しているパッケージツアーだと1人あたり40万円以上、ビジネスクラスや最高級ロッジを利用すれば倍近くになります。

個人手配の場合は、タンザニアまでの航空券がエコノミークラスで10-20万円前後、ビジネスクラスで30-60万円程度かかります。現地サファリツアーの値段は、どこでサファリをするか、ロッジ泊かキャンプ泊かによって大きく変わります。サファリツアーには、ホテルに泊まりながらサファリをするものと、キャンプサイトに泊まりながらサファリをするものがあります。ホテル泊はキャンプ泊に比べて高く、ホテルのグレードによって値段が変わります。

とにかく安くサファリをしたい人は、オフシーズンの4,5月に、航空券を安く購入し、キャンプ泊のサファリに申し込めば1人当たり合計30万円前後に抑えられそうです。

 

必要日数

セレンゲティ国立公園を観光するなら、日本からの往復も含めて少なくとも7日以上は欲しいところ。日本とタンザニアの往復だけで、少なくとも3日潰れます。アルーシャからセレンゲティはかなり遠く、移動にも時間がかかります。更にセレンゲティはとんでもなく広いので、満喫するにはそれなりの時間が必要でした。

f:id:fullofwanderlust:20181217224835j:image

 

おすすめ観光スポット

セレンゲティ国立公園

タンザニアのサファリで絶対に外せないのが「セレンゲティ国立公園」。他の地域のサファリでは考えられないほど様々な動物に簡単に会うことができます。

f:id:fullofwanderlust:20181217225316j:image

通常は滅多にお目にかかれないヒョウにも、ここなら会える可能性が高いですよ!

f:id:fullofwanderlust:20181217224633j:image

アルーシャから遠く、敷地が広いため移動に時間がかかるのが難点。

ンゴロンゴロ保全地域

タンザニアの保護区の中でも特に人気が高いのがンゴロンゴロ。アルーシャから比較的近いこと、クレーター内の動物が見やすいこと、人類発祥の地オルドバイ渓谷があることが人気の理由です。

f:id:fullofwanderlust:20181217224753j:image

サファリの満足度は正直セレンゲティに比べて低かったのですが、雄大な景観は一見の価値あり。クレーターの上に建つロッジも素晴らしかったです。

f:id:fullofwanderlust:20181217224711j:image

ンドゥトゥ

2、3月のサファリで訪れることのあるンドゥトゥ。セレンゲティとンゴロンゴロの境目にあるエリアで、雨が降ればヌーの大群が出産・子育てのためにやってきます。

f:id:fullofwanderlust:20181217224726j:image

運が良ければ出産シーンやハンティングなどが見られる人気スポットでしたが、最近は雨が不規則で、当たり外れが激しいようです。

f:id:fullofwanderlust:20181217224739j:image

 

サファリで泊まるロッジ

サファリができる自然保護区は空港から遠く、敷地も広大。保護区内には宿泊施設が点在していて、通常それらに泊まりながらサファリを行います。

アフリカのホテル、と聞くと一体どんなところなのか不安ですよね。宿泊施設にはキャンプサイトからテント式ロッジ、大平原の真ん中とは思えないほど豪華なロッジまで様々。今回泊まったロッジやホテルは全て広くて清潔で、ネットが繋がらない以外は何も問題なく快適でした。

実際に泊まったロッジの様子はこちらで紹介しています。

サファリの準備編はこちら。