【上海】地下鉄の乗り方|切符の買い方・乗り換えを写真で徹底解説

海外で地下鉄を初めて利用する時は、乗り方がよくわからず不安に思いますよね。上海の地下鉄は、手荷物検査を受けること以外、日本の地下鉄ととほとんど変わりません。上海の地下鉄の乗り方を、写真で詳しく解説していきます。

 

 

おおまかな流れ

まずは基本的な流れから。

  1.  切符を買う
  2.  手荷物検査を受ける
  3.  改札を通る
  4.  電車に乗る
  5.  改札を出る

つまり2番目の手荷物検査以外は、日本の地下鉄と全く同じ。

それでは順に詳しく説明していきます。

 

切符の買い方

まずは地下鉄の入り口へ向かいます。

入り口はこんな感じ。街中の目立つ場所にあります。


虹橋空港ターミナル1の最寄駅「虹橋1号航站楼(Hongqiao Airport Terminal 1)」の入り口

 

階段を下り、改札階に着いたら、券売機で切符を買います。人だかりができているのが券売機です。

 

中国語から英語に変更する場合は、右上をクリック(日本語はありませんでした)。

 

言語を変更したら、1番下のボタンで最終目的地の路線(Line)を選択します。

※途中で乗り換えなら、最終目的地の路線を選択します。

例えばLine10の「虹橋1号航站楼」から電車に乗り、「老西門」で乗り換えて、Line8の「人民広場」で降りる場合は、Line8を選択します。

 

選択した路線が表示されるので、最終目的地の駅名をクリックします。

 

交通費が表示されます。

下の写真の場合、現在の駅から「人民広場(People’s Square)」までは4元ということです。

右のボタンで枚数を選択します。今回は2枚欲しいので、2を選択。

 

お金を払います。

使えるお札は5,10,20,50元、使えるコインは5角、1元。今回は、2枚で合計8元です。

 

切符とおつりが出てきます。

切符の色は様々ですが、それによる違いは特にありません。

 

手荷物検査

切符を買ったら、券売機の側にある改札を通ります。

まずは改札の手前で、X線による手荷物検査を受けます。

刃物や引火しやすい物は持ち込めません。空港よりは厳しくないので、そんなに神経質にならなくても大丈夫。

 

検査を通過したら改札を通ります。

 

切符をタッチして進みます。

 

改札を通過したらホームに降ります。

 

ホームには、駅名と路線図が書かれていました。

 

電車が進む方面に色が付いているので、これを見ればどちらのホームから乗れば良いのかがわかります。

急行などの区分はありません。ホームに電車が到着したら、それに乗るだけです。

 

乗り換え方法

乗り換え方法はとても簡単。乗り換えの駅に着いたら電車から降りて、別の路線のホームに行くだけ。日本と同じです。

乗り換えの駅「老西門」に到着しました。

ホームの床には、乗り換え可能な路線の案内が書かれています。今回は、Line8に乗り換えます。

階段を上がり、案内板に従って歩けばLine8のホームに着きます。改札を通る必要はありません。

Line8のホームに着いたら電車に乗って、2つ先の駅「人民広場」に向かいました。

 

電車を降りる

電車の降り方も日本と同じ。改札から切符を挿入し、出口に向かうだけ。

人民広場駅に到着しました。エスカレーターで改札階に向かいます。

 

地下鉄の出口は複数あります。案内板を確認し、目的の出口に近い改札を使いましょう。

 

改札を出る際は、切符を挿入します。

 

改札を出たら案内板に従って出口に向います。

 

おわりに

上海の地下鉄は簡単です。東京の地下鉄に乗り慣れている人なら、全く問題なく使いこなせるはずです。

急行、各停の区分がないので、乗り間違える心配もありません。

中国語が得意な人以外は、駅名を英語で覚えておいたほうが良いです。

いくら漢字で覚えておいても、中国語の読み方が分からなければ、車内アナウンスを聞き取れないからです。

中国語のアナウンスの後に英語のアナウンスが流れるので、英語で覚えておいた方がわかりやすいですよ。