世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

【海外旅行】たくさんの動物に会える!動物好きに本当におすすめの国3選

f:id:fullofwanderlust:20190125072429j:image

大自然の中でのびのびと暮らす動物達と、簡単に触れ合う事ができたら最高ですよね。日本ではなかなか難しいですが、海外であれば信じられないほどたくさんの野生動物を簡単に見られる場所があります。世界でも有数の「動物の楽園」を3つ紹介します。

 

動物の宝庫「ガラパゴス諸島(エクアドル)」

f:id:fullofwanderlust:20190125072449j:image

南米エクアドルの離島「ガラパゴス諸島」。実は観光業が盛んで、毎日たくさんの観光客がクルーズやダイビングを楽しんでいます。

ガラパゴス諸島と聞くと、緑豊かな大地と巨大なゾウガメを想像する人も多いのではないでしょうか。実はガラパゴスの海は、陸地に負けず劣らず素晴らしいです。シュノーケリングをすれば巨大なウミガメ、エイの大群やタツノオトシゴ、ペンギン、アシカなど信じられないほど様々な生き物を見る事ができます。

イサベラ島の水路にいるたくさんの魚は全部サメ。このサメはとても大人しく、人を襲うことはありません。シュノーケリングに参加すれば、ここで泳ぐこともできますよ。

f:id:fullofwanderlust:20190125073023j:image

ビーチにいけば、野性のアシカがごろごろ。

f:id:fullofwanderlust:20190125073809j:image

アシカは頭が良く、好奇心旺盛なので、運が良ければ一緒に泳ぐ事もできます。無邪気にくるくる泳ぎ回る姿は、まるで子犬のようでとても愛らしいです。

島によってはペンギンを見る事もできます。浅瀬にいたら、フィンに興味津々のペンギンが寄ってきました。

f:id:fullofwanderlust:20190125073900j:image

ガラパゴスは世界中のベテランダイバーの憧れの場所です。ダイビングをすれば、運が良ければハンマーヘッドシャークの大群やイルカ、ジンベイザメを観られるかもしれません。

f:id:fullofwanderlust:20180427200312j:imageDiving with Hammerheads | Dive Worldwide

動物の住む街がある

f:id:fullofwanderlust:20190125073917j:image

ガラパゴス諸島には無人島だけでなく、人の住む島もあります。だから街中のベンチでは、こんな光景が日常茶飯事。

f:id:fullofwanderlust:20190125073943j:image

ビーチには、イグアナがごろごろと寝ています。見た目はゴジラですが、のんびりとした草食動物で、人に危害を加える事はありません。

f:id:fullofwanderlust:20190125073958j:image

本当のふれあいを体感できる

f:id:fullofwanderlust:20190125074049j:image

ガラパゴス諸島では自然保護の観点から、動物に近づき過ぎることが禁じられています。もちろん動物に触ることは許されません。

それを聞いて、がっかりする人も多いのではないでしょうか。でも実は、そこがガラパゴスの面白いところでもあります。人から危害を加えられた事のない動物達は、人を全く恐れません。すぐそばに人がやって来ても、平気な顔をして寝そべっているのです。

f:id:fullofwanderlust:20190125074224j:image

中には好奇心だけで人に寄ってくる動物もいます。このアシカは、シュノーケリングをしている私たちに合わせて、浮かんだまま泳いでくれました。

f:id:fullofwanderlust:20190125074259j:image

無人島に住む動物達は、人がそばを歩いても、わざわざ顔をあげたり、羽を逆立てたり、慌てて立ち上がるような事はしません。まるで人間なんて、存在してないかのように振る舞います。

f:id:fullofwanderlust:20190125074319j:image

自分が透明人間になってしまったような、不思議な感覚でした。ここにはまだ、人間なんて知らない、無垢で純粋なままの動物達がいました。

ライオン・キングの世界「ケニア・タンザニア」

f:id:fullofwanderlust:20190125185002j:image

ライオン、シマウマ、キリン、ゾウなどたくさんの野生動物が暮らすアフリカ大陸。欧米からは、毎日大勢の人がバケーションやハネムーンで訪れています。

f:id:fullofwanderlust:20190125185052j:image

アフリカ大陸はとても広く、見られる動物やサファリのスタイルが地域によって異なります。南アフリカではラグジュアリーなサファリ、ボツワナではボートサファリ、ナミビアでは砂漠地帯でのサファリと、それぞれの地で個性的なサファリを体験することができます。

そんな中、動物好きに特におすすめなのはケニア・タンザニア。

f:id:fullofwanderlust:20190125185132j:image

ケニア・タンザニアには、どこまでも続く大平原、それを埋め尽くすヌーの群れといった、まさにアフリカらしい光景があります。大人気の肉食獣を見られるチャンスも高く、実際に訪れた時には、ライオンの赤ちゃんやチーターのハンティング、滅多に見ることができないと言われているヒョウを見ることができました。

意外と豪華なロッジ

アフリカと聞くと、どんな宿泊施設を思い浮かべますか。サファリのできる自然保護区には宿泊施設が点在していて、その種類はキャンプサイトから1泊10万円以上する高級ロッジまで様々です。今回タンザニアで泊まったのは「クブクブ・テンテッド・キャンプ(Kubu Kubu Tented Camp)」。バルコニーやインフィニティプールからは、セレンゲティの素晴らしい景色を一望できました。

f:id:fullofwanderlust:20190125185241j:image

ちなみに、タンザニアのサバンナを逞しく走るサファリカーは、ほぼ全て日本車。残念ながらそれに乗って遊んでいるのは、ほぼ全て欧米人です。学生バックパッカーからカップル、家族旅行など様々で、アフリカ旅行がそう珍しいものではないようでした。

地球最後の楽園「南極」

f:id:fullofwanderlust:20180427195756j:imageTours by Destination: Polar Regions | National Geographic Expeditions

南極と聞いて、何を想像するでしょうか。氷に閉ざされた真っ白な大地や、吹き荒れるブリザードでしょうか。もちろんどちらも正解ですが、そんな過酷な場所にもかかわらず、生き物がたくさん住んでいることをご存知でしょうか。本当にたくさんですよ。

f:id:fullofwanderlust:20180427195321j:imageTours by Destination: Polar Regions | National Geographic Expeditions

南極半島や周辺の島々を旅するクルーズでは、信じられないほどたくさんのペンギンやアザラシ、オットセイと出会う事ができます。

f:id:fullofwanderlust:20180427195427j:imageTours by Destination: Polar Regions | National Geographic Expeditions

上陸すると、好奇心旺盛なペンギンが寄ってくることもあるのだとか。

f:id:fullofwanderlust:20180427195449j:imageTours by Destination: Polar Regions | National Geographic Expeditions

また海では、周辺に生息するクジラやシャチを見る事もあります。

f:id:fullofwanderlust:20180427195413j:imageTours by Destination: Polar Regions | National Geographic Expeditions

訪れる時期や場所によって見られる動物の種類は異なります。特に皇帝ペンギンは他のペンギンとは生息域が異なるため、それ専用のツアーに参加する必要があります。

動物がたくさん生息しているのは、南極半島から少し離れた「フォークランド諸島」や「サウス・ジョージア島」。フォークランド諸島の「ボランティア・ポイント」では、こんな素敵なビーチでキングペンギンに会うこともできますよ!

f:id:fullofwanderlust:20180427195510j:imagehttp://estancia-excursions.com

以上、動物好きに超おすすめの海外旅行先3選でした!