世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

カッパドキア|徒歩でも行ける!「ギョレメ野外博物館」の行き方、見どころ、所要時間を紹介

f:id:fullofwanderlust:20180914175307j:image

交通手段が少なく個人で観光するのが難しいカッパドキア。そんな中、自力で歩いて行ける数少ない観光スポットが「ギョレメ野外博物館」です。ギョレメの町からは一本道で、歩道もあるので案外簡単に行くことができました。ギョレメ野外博物館の行き方、見どころ、所要時間などを紹介します。

 

 

 

ギョレメ野外博物館とは?

ギョレメ野外博物館はトルコのカッパドキアにある観光スポットのひとつです。カッパドキアの独特な地形を利用して作られた洞窟教会が密集しているエリアで、一帯が博物館として公開されています。トルコと聞くとイスラム教をイメージされる方も多いと思いますが、以前はキリスト教を国教とするビザンツ帝国の一部でもありました。ここでは当時作られた教会やそこに描かれた美しいフレスコ画、そしてここで暮らした人々の生活を垣間見ることができます。

 

行き方

ギョレメ野外博物館は、ギョレメの町から徒歩20~30分ほど。博物館までは一本道なので迷うことはありません。おしゃべりしながら歩いて行けば、あっという間に到着します。歩いている人はそんなに多くありませんが、車通りが多いので午前中や日中であれば安心して歩けます。怪しい人に絡まれたり野犬に襲われそうな雰囲気もありませんでした。

f:id:fullofwanderlust:20180914175240j:image

カッパドキアは湿度が低く風も涼しいのですが、日差しは強烈。水、日焼け止め、帽子は必須です。景色が素晴らしいので歩いているだけで楽しめます。道の途中には馬もたくさんいました。

f:id:fullofwanderlust:20180914175705j:image

野外博物館まであと少しのところまで来ると、左側に「トカル教会」の入口が見えてきます。ここは野外博物館のチケットで入場できるので、帰りに寄るのがおすすめ。

f:id:fullofwanderlust:20180914175751j:image
ここまで来たら博物館はあと少しです。

f:id:fullofwanderlust:20180914175349j:image

到着したら、まずは荷物検査を受けます。チケット売り場は荷物検査を通過した後にあります。

f:id:fullofwanderlust:20180914185026j:image

 

入場料

入場料:30TL(カード払い可)

オーディオガイド:15TL(現金のみ。デポジットとしてパスポートを預ける)

荷物検査を通過するとチケット売り場です。ここで日本語のオーディオガイドを借りることもできますが、個人的にはあまりおすすめできません。施設や教会そのものの解説が一切なく、描かれたフレスコ画に関する宗教的な説明ばかりの内容でした。

f:id:fullofwanderlust:20180914180131j:image

 

ギョレメ野外博物館の見どころ

ギョレメ野外博物館の見どころは、敷地内の美しい景色、洞窟に作られた住居跡、そしていくつもの洞窟教会とそこに描かれたフレスコ画です。

チケットを購入したら入場です。

f:id:fullofwanderlust:20180914180403j:image

敷地内には11世紀頃に建てられた教会が複数あるので、順に巡っていきます。

f:id:fullofwanderlust:20180914185656j:image

教会内部は撮影禁止です。中で見ることのできるフレスコ画はこんな感じ。

f:id:fullofwanderlust:20180914180429j:image

1番美しいフレスコ画があるのは「暗闇教会(Dark Church)」。ここに入るには別料金で10TL必要です。

f:id:fullofwanderlust:20180914181220j:image

野外博物館で見られるものは教会だけではありません。洞窟内には台所、食卓、食料保管庫、鳩小屋、墓地なども作られました。中を覗いてみれば、当時ここで生活していた人々の様子が伺えます。

また、独特な地形も見どころのひとつです。敷地内にはカッパドキア特有の奇岩が乱立していて、歩いているだけで楽しめます。坂道を上がれば、素晴らしい景色を望むことができますよ。

f:id:fullofwanderlust:20180914181357j:image

チケット売り場の側にはお土産やさんもあります。

f:id:fullofwanderlust:20180914181438j:image

中にはカフェが併設しているので、疲れたらこちらで一息つくこともできますよ。

f:id:fullofwanderlust:20180914181501j:image

 

所要時間

内部での所要時間は1-2時間ほど。チケット売り場で並び、敷地内をゆっくり散策し、お土産やさんをのんびり覗き、帰りにトカル教会によると、なんだかんだで2時間かかります。往復徒歩で行く場合はその時間も含めて3時間はみておきましょう。

 

おわりに

カッパドキアの観光にはツアーがおすすめですが、少しは自分で歩きたい、自分のペースで観光したいという時にちょうど良いのがギョレメ野外博物館です。とはいえオーディオガイドが微妙なので、建物ひとつひとつの構造や歴史的背景を詳しく知りたければ、ツアーに参加してガイドに解説してもらった方が良いかもしれません。

そして帰りは「トカル教会(Tokali Church)」に寄るのもお忘れなく。この教会があるのは野外博物館の外ですが、同じチケットで入場できます。こちらのフレスコ画も必見ですよ!