世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

イスタンブール|人気観光地を1日で巡る!モデルスケジュールと事前に知っておきたい5つのこと

f:id:fullofwanderlust:20181020105705j:image

ヨーロッパとアジアの架け橋「イスタンブール」。長い歴史に翻弄されながらも栄えてきた都市はとにかく見どころ満載です。正直1日で観光するのはあまりおすすめできませんが、どうしても1日しかない!という人のために、王道観光地を1日で制覇する効率の良い周り方とコツを紹介します。

 

 

 

見どころは旧市街に集まっている!

特に人気の高い観光スポットは全て旧市街に集中していて、ブルーモスク、アヤソフィア、トプカプ宮殿あたりは徒歩圏内です。旧市街にホテルを取り、朝から即行動できるようにしておくと便利ですよ。

f:id:fullofwanderlust:20181008215254j:image

 

8:00 ブルーモスク (30分-1時間)

まず最初に向かうのはブルーモスク。日中は行列ができることもある大人気のモスクですが、朝一ならたいして待たずに入れます。博物館などが9:00オープンの中、それより早い時間から入れるのは嬉しいですね。

f:id:fullofwanderlust:20181008123413j:image

ブルーモスクの正式名称は「スルタンアフメト・モスク」。オスマン帝国の14代スルタン・アフメト1世のために建てられた美しいモスクです。

f:id:fullofwanderlust:20181008123434j:image

モスクの北にある広場からの景色も必見。振り向けばアヤソフィアも見えますよ。

f:id:fullofwanderlust:20181008123453j:image

モスクの西ではテオドシス1世のオベリスクや蛇の柱を見ることができます。この2つはなんと古代エジプトや古代ギリシャで作られたものだそう。こんなところにあるなんて驚きですね!

f:id:fullofwanderlust:20181008123512j:image

 

9:00 トプカプ宮殿 (3時間)

イスタンブールで最も混むのがトプカプ宮殿。時期や時間帯によってはチケットを買うだけで2時間待ちです。混雑が予想される日は、アヤソフィアより先に行くのがおすすめ。ブルーモスクからは歩いて行けます。

f:id:fullofwanderlust:20181008123531j:image

トプカプ宮殿は、オスマン帝国の歴代皇帝が住んでいた場所です。オスマン帝国は歴史上ほとんど征服や略奪を受けなかったため、その至宝は今もここに残されています。入場したら、まずは1番人気の「ハレム」を空いているうちに見てしまいましょう。ハレムは別料金ですが、トプカプ宮殿まで来てハレムに入らないなんて勿体無いですよ。

f:id:fullofwanderlust:20181008123601j:image

“ハーレム”の語源でもあるハレム。皇帝に捧げられた女奴隷たちが住んでいた場所です。ここに入ることのできた男性は、去勢された宦官と皇帝だけでした。ハレムの女性たちは奴隷という身分ながら、皇帝の子を産めば妃になることも政権を握ることもできました。ここでは皇帝の愛を勝ち取り、自分の息子を皇帝にするための壮絶な権力争いが繰り広げられていたのでしょう。

f:id:fullofwanderlust:20181008123622j:image

ハレムの後は、2番目に人気の「宝物館」を見て、その後残りの気になる部屋を巡ると効率良く回れます。

トプカプ宮殿には案内板や説明がほとんどないため、オーディオガイドが必須です。借りる際にはデポジットとしてパスポートが必要で、コピーや写真のみでは借りられません。忘れないように気をつけてください。

 

12:00 グランド・バザールなど(3時間)

イスタンブールが最も混む時間帯です。ピークシーズンだと人気観光地はどこも行列なので、この辺でランチとショッピングを済ませれば良いと思います。イスタンブールの市場といえばグランドバザールとエジプシャンバザール(スパイス・バザール)。どちらもオスマン帝国時代に建設された歴史ある市場ですが、今は観光客向けのお土産屋さんです。トラムで行くならグランドバザールはT1の「Beyazit」駅、エジプシャンバザールは「Eminönü」駅が最寄りです。買い物に興味のない人は、ちょっと並んで地下宮殿に入るか、考古学博物館に行くか、涼しい時期ならボスポラスクルーズやガラタ橋散策もおすすめです。

 

15:00 アヤソフィア(1時間半)

夕方になると混雑が少しずつ緩和されます。続いて向かうのはイスタンブール最大の見どころアヤソフィア。ここは絶対に外せませんよ!

f:id:fullofwanderlust:20181008123735j:image

イスタンブールはもともとキリスト教を国教とするビザンツ帝国の領土でした。ここアヤソフィアも元は「ハギア・ソフィア」という大聖堂でしたが、イスタンブールを征服したオスマン帝国によってモスクへと変えられ、壁に描かれていたフレスコ画も塗りつぶされてしまいます。やがてオスマン帝国が滅亡すると、壁の漆喰は剥がされ、現在はキリスト教の壁画とイスラム建築が共存する世にも稀な建物として広く知られるようになりました。

f:id:fullofwanderlust:20181008124044j:image

2階にも上がることができる分、見た目以上に観光に時間がかかります。教会ともモスクとも違う独特な雰囲気は、ここでしか味わえませんよ!

f:id:fullofwanderlust:20181008123854j:image

 

16:30 地下宮殿(30分-1時間)

まだ時間に余裕があるなら、アヤソフィアのすぐそばにある地下宮殿がおすすめ。入り口は目立たない小さな建物ですが、その下には想像を超えた空間が広がっていますよ!

f:id:fullofwanderlust:20181008124452j:image

真っ暗な闇の中に浮かび上がる柱の数々はまるで宮殿のよう。ここはローマ帝国時代に造られた貯水池で、実際に宮殿だったわけではありません。

f:id:fullofwanderlust:20181008124201j:image

観光地の真下に、こんな世界が広がっているとは驚きです!

f:id:fullofwanderlust:20181008124220j:image

 

日没前~ ボスポラス海峡クルーズ(1時間半-2時間)

夏の夜におすすめなのがボスポラス海峡のショートクルーズ。日中訪れることのできなかった観光地を、海からまとめて見ることができますよ!日没時間の少し前に乗船すれば、明るい時間帯の街並み、サンセット、夜景と3つも楽しめます。

f:id:fullofwanderlust:20181008124747j:image

チケット売り場と埠頭はガラタ橋周辺。アヤソフィア周辺からはトラムを使って行くのが便利です。T1の「Eminönü」駅で降りればガラタ橋の目の前に辿り着きます。

f:id:fullofwanderlust:20181008124808j:image

クルーズ最大の見どころはルメリ・ヒサル。オスマン帝国がイスタンブールを陥落させるために作った要塞です。

f:id:fullofwanderlust:20181008124832j:image

海風が冷たいので、冬に行くなら暖かい日中がおすすめです。

 

事前に知っておきたい5つのこと

1. イスタンブールは混んでいる

ピークシーズンのイスタンブールはめちゃくちゃ混みます。酷い時はあっちもこっちも行列で、まさにディズニーランド状態。できれば数日滞在し、ゆとりある計画を立てるのが望ましいですが、そうでなければ朝早くから行動し、混雑に巻き込まれないようにしましょう。冬期は博物館などが早く閉まります。午後の予定に関しては、夏ならもう少し遅めでも平気ですが、冬はもう少し早めの方が良いかもしれません。

2. 礼拝時間に注意

モスクでは1日に5回の礼拝があり、礼拝中とその前後はモスクに入れません。礼拝時間は毎日少しずつずれていくので、事前に行く日の礼拝時間を調べてから計画を立てましょう。

3. 休館日に注意

トプカプ宮殿は火曜が定休、ブルーモスクは金曜午前が入場不可、グランドバザールは日曜と祝日がお休みです。アヤソフィアは月曜が休みの時期と月曜も空いている時期があるので、事前に最新情報を確認してみてください。

4. タクシーにも注意

イスタンブールで注意したいのはスリ、詐欺、それから観光地で客待ちをしているタクシーです。空港とホテル間はタクシーという選択肢も有りですが、市内観光は徒歩かトラムで済ませた方が無難です。どうしてもタクシーを使う場合はホテルの人に呼んでもらいましょう!

5. グランドバザールは迷子必至

グランドバザールはとんでもなく広く、歩いているうちに自分がどこにいるのかわからなくなります。呼び込みがしつこく、同行者ともはぐれやすいので要注意。買い物をするならエジプシャンバザール(スパイスバザール)もおすすめ。グランドバザールより価格が良心的ですよ。

 

おすすめホテル

今回泊まったのは「アミラ・イスタンブール(Amira İstanbul)」。

f:id:fullofwanderlust:20181008125057j:image

ブルーモスクのそばにある綺麗なホテルで、立地が良くコスパの高い人気ホテルです。

f:id:fullofwanderlust:20181008124911j:image

お部屋はそんなに広くありませんが、清潔で綺麗でした。

f:id:fullofwanderlust:20181008125022j:image

朝食は種類が豊富で大満足。

f:id:fullofwanderlust:20181010215513j:image

そして特に素敵なのはこの屋上。時間があればここでゆっくり景色を楽しみたいですね。

f:id:fullofwanderlust:20181008124947j:image

 

おわりに

王道スポットを1日で巡るコツを紹介しましたが、体力的にはかなりきついと思います。せっかくの旅行なので、あまり無理せずに楽しみながら観光してくださいね。イスタンブールは壮大な歴史を持つ都市で、その見どころは尽きません。今回紹介した場所意外にも見どころはたくさんあり、一週間いても飽きることはないでしょう。まだ日程を決めていないなら、ぜひ1日と言わず少なくとも2,3日はイスタンブールのためにとっておいてくださいね。