世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

イスタンブールを1日で観光!効率良く巡るコツとおすすめモデルコース

f:id:fullofwanderlust:20181204201521j:image

ヨーロッパとアジアの架け橋「イスタンブール」。長い歴史に翻弄されながらも栄えてきた都市は見どころ満載。数日かけてじっくり観光したいところですが、どうしても1日で巡りたい!という人のために、実際に1日で巡ったコースと効率良く周るコツを紹介します。

 

 

 

見どころは旧市街に集まっている!

イスタンブールの中でも特に人気の高い観光スポットは、全て旧市街に集中しています。ブルーモスク、アヤソフィア、トプカプ宮殿あたりは徒歩圏内。旧市街にホテルを取り、朝から即行動できるようにしておくと便利ですよ。

f:id:fullofwanderlust:20181204201532j:image

 

8:00 ブルーモスク (30分-1時間)

まず最初に向かうのはブルーモスク。日中は行列ができることもある大人気のモスクですが、朝一ならたいして待たずに入れます。博物館などが9:00オープンの中、それより早い時間から入れるのは嬉しいですね。

f:id:fullofwanderlust:20181204201521j:image

ブルーモスクの正式名称は「スルタンアフメト・モスク」。オスマン帝国の14代スルタン・アフメト1世のために建てられた美しいモスクです。

f:id:fullofwanderlust:20181204201555j:image

モスクの北にある広場からの景色も必見。振り向けばアヤソフィアも見えますよ。

f:id:fullofwanderlust:20181204201607j:image

モスクの西ではテオドシス1世のオベリスクや蛇の柱を見ることができます。この2つはなんと古代エジプトや古代ギリシャで作られたものだそう。こんなところにあるなんて驚きですね!

f:id:fullofwanderlust:20181204201617j:image

 

9:00 トプカプ宮殿 (3時間)

イスタンブールで最も混むのがトプカプ宮殿。時期や時間帯によってはチケットを買うだけで2時間待ちです。混雑が予想される日は午前中のなるべく早めに行くのがおすすめ。ブルーモスクからは歩いて行けます。

f:id:fullofwanderlust:20181204201627j:image

トプカプ宮殿は、オスマン帝国の歴代皇帝が住んでいた宮殿です。煌びやかな装飾や財宝を見れば、絶大な権力を持っていた帝国の面影を感じることができますよ。

f:id:fullofwanderlust:20181204201644j:image

まず最初に向かうのは「ハレム」。奴隷として皇帝に捧げられたたくさんの女性たちが住んでいた場所です。1番人気なので、空いている早い時間帯にまわってしまうのがおすすめ。ハレムは別料金ですが、トプカプ宮殿最大の見どころなので、入った方が楽しめますよ。

f:id:fullofwanderlust:20181204201659j:image

トプカプ宮殿の歴史や見取り図などは、こちらで詳しく紹介しています。

 

12:00 グランド・バザールなど(3時間)

イスタンブールが最も混む時間帯です。ピークシーズンだと人気観光地はどこも行列なので、この辺でランチとショッピングを済ませれば良いと思います。イスタンブールの市場といえばグランドバザールとエジプシャンバザール(スパイス・バザール)。どちらもオスマン帝国時代に建設された歴史ある市場ですが、今は観光客向けのお土産屋さんです。買い物に興味のない人は、ちょっと並んで地下宮殿に入るか、考古学博物館に行くか、涼しい時期ならボスポラスクルーズやガラタ橋散策もおすすめ。

 

15:00 アヤソフィア(1時間半)

夕方になると混雑が少しずつ緩和されます。続いて向かうのはイスタンブール最大の見どころアヤソフィア。ここは絶対に外せませんよ!

f:id:fullofwanderlust:20181204201714j:image

アヤソフィアは、一見モスクの様ですが、もともとはキリスト教の大聖堂です。オスマン帝国によってモスクへと変えられ、今のような姿になりました。教会ともモスクとも違う独特な雰囲気は、ここでしか味わえませんよ!

f:id:fullofwanderlust:20181204201759j:image

2階に上がることができる分、見た目以上に観光に時間がかかりました。

f:id:fullofwanderlust:20181204201728j:image

 

16:30 地下宮殿(30分-1時間)

まだ時間に余裕があるなら、アヤソフィアのすぐそばにある地下宮殿がおすすめ。目立たない小さな建物ですが、その下には想像を超えた空間が広がっています。

f:id:fullofwanderlust:20181204201842j:image

真っ暗な闇の中に浮かび上がる柱の数々はまるで宮殿のよう。ここはローマ帝国時代に造られた貯水池で、実際に宮殿だったわけではありません。

f:id:fullofwanderlust:20181204201906j:image

観光地の真下に、こんな世界が広がっているとは驚きです!

f:id:fullofwanderlust:20181204201919j:image

 

日没前~ ボスポラス海峡クルーズ(1時間半-2時間)

夏の夜におすすめなのがボスポラス海峡のショートクルーズ。日中訪れることのできなかった観光地を、海からまとめて見ることができますよ!日没時間の少し前に乗船すれば、明るい時間帯の街並み、サンセット、夜景と3つも楽しめます。

f:id:fullofwanderlust:20181204201931j:image

チケット売り場と埠頭はガラタ橋のすぐそば。アヤソフィア周辺からは少し距離があるので、トラムを使って行くのが便利です。T1の「Eminönü」駅で降りればガラタ橋の目の前に到着します。

f:id:fullofwanderlust:20181204201945j:image

クルーズ最大の見どころはルメリ・ヒサル。オスマン帝国がイスタンブールを陥落させるために作った要塞です。

f:id:fullofwanderlust:20181204202002j:image

海風が冷たいので、冬に行くなら暖かい日中がおすすめです。

 

おすすめホテルはここ!

今回泊まったのは「アミラ・イスタンブール(Amira İstanbul)」。旧市街にある清潔で快適なコスパの良いホテルです。

f:id:fullofwanderlust:20181204202029j:image

ホテルからブルーモスクまではたった450m。

f:id:fullofwanderlust:20181204202043j:image

お部屋はそんなに広くありませんが、清潔で綺麗です。

f:id:fullofwanderlust:20181204202103j:image

朝食は種類が豊富で大満足でした。

f:id:fullofwanderlust:20181204203127j:image

特に素敵なのはこの屋上。時間があればここでゆっくり景色を楽しみたいですね。

f:id:fullofwanderlust:20181204202136j:image

ホテルの人も親切で、何かと便利なホテルでした!

⇒エクスペディアでこのホテルの宿泊費を確認する

 

おわりに

ピークシーズンのイスタンブールはめちゃくちゃ混みます。できれば数日滞在し、ゆとりある計画を立てるのが望ましいですが、そうでなければ朝早くから行動し、混雑に巻き込まれないようにするのがおすすめ。トプカプ宮殿やアヤソフィアなどの博物館には定休日があり、更に冬期は夏に比べて早く閉館します。モスクには1日に5回の礼拝があり、礼拝中やその前後は中に入ることができません。事前に営業時間や礼拝時間を調べておくと、効率が良くまわれると思います!