世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

ナイトサファリ|料金、営業時間・所要時間とトラムの予約方法を紹介します!

f:id:fullofwanderlust:20181115210257j:image

シンガポールの夜の動物園「ナイトサファリ」。トラムや徒歩で園内を巡りながら、夜行性の動物たちを観察します。日中はじっとしている動物たちも、夜になればとても活発。夜のジャングルを進む臨場感はたまりませんよ!ナイトサファリの見どころ、料金、営業時間、トラムの予約方法やレストランなどを紹介します。

 

 

園内を巡る方法は2つ

ナイトサファリでは、トラムに乗るかトレイルを歩いて園内を巡ります。トラムとトレイルではルートが異なり、見られる動物も異なります。トラムのルートは1周約45分、トレイルは4つ全て歩くと1時間以上かかります。

f:id:fullofwanderlust:20181115190033j:image

Map - Night Safari | Wildlife Reserves Singapore

 

料金・営業時間

料金
ナイトサファリ入場料

S$ 47

エクスプレス・トラム

S$ 10

※英語のトラムは無料

ナイトサファリだけでなく動物園、リバーサファリ、ジュロンバードパークにも行く予定なら、2つのパークがセットになった「2パーク・アドミッション」や4つのパークがセットになった「4パーク・アドミッション」を購入するのが一番お得です。公式サイトで事前購入すれば割引も受けられます。

開園時間

19:15-00:00(最終入場 23:15)

ナイトサファリの開園時間は19:15からですが、エントランス・コートヤードは17:30からオープンします。エントランス・コートヤードにあるレストランやギフトショップ、トラムの予約カウンターも17:30からです。

サムバーカー・ショー

18:45、20:00、21:00

※金・土・祝前日は22:00もあり

クリーチャーズ・オブ・ザ・ナイトショー

19:15、20:30、21:30

※金・土・祝前日は22:30もあり

(2018年11月時点)

 

トラムの見どころ

トラムでは動物の解説を聞きながら園内を巡っていきます。乗車時間は45分程度。闇の中に響く動物たちの鳴き声や跳ね回るシカたち、日中寝てばかりのハイエナやライオンが歩き回る姿を見ることができます。園内はかなり暗く、日中のように動物の姿をしっかり見ることはできません。動物によっては奥でじっとしていて見えないこともあるでしょう。過度な期待はせずに、夜の雰囲気を楽しむくらいがちょうど良いと思います。

f:id:fullofwanderlust:20181115195514j:image

 

日本語トラムは予約制!

園内を巡るトラムには、英語以外の言語で解説を聞ける「エクスプレス・トラム」があります。エクスプレス・トラムは予約制で有料(10Sドル)。英語のトラムは無料で予約の必要もありませんが、その分かなり並びます。日本語の解説を聞きたい人や時間を節約したい人は、エクスプレス・トラムの予約がおすすめです。

トラムの予約方法

エクスプレス・トラムの予約を行なっているのはこちらの受付。エントランス・コートヤードに入って左側にあります。オープンは17:30からです。

f:id:fullofwanderlust:20181115190106j:image

エクスプレス・トラムの出発時間はこちら。一番早い便で19:15発です。支払いは予約時に行います。カード払いも可。17:40分頃に予約に行ったらまだ選び放題でした。

f:id:fullofwanderlust:20181115190216j:image

エクスプレス・トラムの乗り場は5番(Station 5)。予約時間の10分前に集合です。乗り場へは、トラムを予約していればUlu Uluレストラン付近の出口から入ることができます。出口で係員に予約チケットを見せれば入れてくれますよ。19時台のトラムの場合、普通のエントランスに並ぶと集合時間に間に合わないので気をつけてください。

f:id:fullofwanderlust:20181115190740j:image

18:45時点の普通のエントランス。この日は土曜の夜だったこともあり、土砂降りの中でも行列ができていました。

f:id:fullofwanderlust:20181115191231j:image

エクスプレス・トラムに乗ったら、乗車時に渡されたヘッドホンを自分の座席に取り付け言語を選択します。日本語以外にも中国語や韓国語など8カ国語から選ぶことができます。

 

トレイルを歩こう

意外と面白いのが徒歩で巡るトレイル。人が少なくかなり暗いので、肝試し気分も味わえます。動物によってはトラムよりも近くから見ることもできますよ。コースを全て歩くと、少なくとも1時間程度はかかります。

f:id:fullofwanderlust:20181115191405j:image

フィッシングキャット・トレイル

夜行性の小動物やワニのいるトレイルです。ここの見どころは池で魚を狙うヤマネコ。運が良ければ魚を捕まえる瞬間を見ることができますよ!

レオパード・トレイル

ヒョウやスローロリス、ヤマアラシのいるトレイルです。日中はじっとしているヒョウも、夜になれば活発に歩き回ります。ここのおすすめはマングローブ・ウォーク。ドームの中に入れば、暗闇の中を飛び交うフルーツコウモリに会えますよ。

f:id:fullofwanderlust:20181115191743j:image

イーストロッジ・トレイル

サーバルやハイエナ、バビルサなど大型の動物がいるトレイルです。トラムのトレイルと被っていますが、より近くからじっくりと見ることができます。高台から観察したハイエナ。3匹で活発に歩き回っていました。

f:id:fullofwanderlust:20181115191817j:image

ワラビー・トレイル

ワラビーのいるトレイルです。隣の動物園よりもこちらの方がワラビーを近くで見ることができました。洞窟のようなところも通ります。

f:id:fullofwanderlust:20181115191840j:image

 

ファイヤー・ショー

エントランス・コートヤードの舞台で行われるのは「サムバーカー・ショー」。炎を使った約10分間のファイヤーショーです。口から炎が高々と吹き上げられると、その熱気がこちらにまで伝わってくるほど。これほど迫力のあるパフォーマンスはなかなかみることができませんよ!ショーが行われるエントランス・コートヤードはゲートより手前なので、入場前に見るか帰り際に見るか、再入場スタンプをもらって一旦ゲートを出てから見ることになります。

公演時間 18:45、20:00、21:00

※金・土・祝前日は22:00もあり

f:id:fullofwanderlust:20181115191559j:image

 

クリーチャーズ・オブ・ザ・ナイトショー

エントランスの右側にあるシアターでは、夜行性の動物たちの生態を紹介する愉快なショーが行われます。公演時間は20分ほど。動物たちの愛らしい姿や、舞台に上げられた観客と動物達とのやり取り楽しむことができます。大人気のショーなので、混んでいる日はあっという間に満席になります。良い席で見るなら30分くらい前から待った方が良いです。

公演時間 19:15、20:30、21:30

※金・土・祝前日は22:30もあり

 

レストランは複数あり

エントランス・コートヤードには2つのレストランとファストフード店、ベン&ジェリーズがあります。オープンはどれも17:30からです。

f:id:fullofwanderlust:20181115191936j:image

ビュッフェレストラン「Ulu Ulu」。ツアーだとここでディナーになることが多いようです。

f:id:fullofwanderlust:20181115191951j:image

レストラン「ジャングル・ロティサリー」。今回はこちらを利用しました。カード払いもできます。

f:id:fullofwanderlust:20181115192037j:image

頼んだのはロティサリーチキンとパスタ。動物園のレストランにしては結構美味しいです。シンガポール・スリングもありますよ。

f:id:fullofwanderlust:20181115210954j:image

トレイルの一番奥にあるのはゼブラ・カフェ。ソフトドリンクとフローズン・ヨーグルトを売る売店です。歩き疲れたらここで一息休憩できますよ。

f:id:fullofwanderlust:20181115192202j:image

フローズンヨーグルト。支払いは現金のみでした。

f:id:fullofwanderlust:20181115192229j:image

 

お土産も充実

ナイトサファリにはギフトショップがたくさんあります。

入り口前のお店。17:00から営業しています。

f:id:fullofwanderlust:20181115192307j:image

エントランス・コートヤードにはギフトショップが3つあります。オープンはどれも17:30からです。

ゾウの置き物のお店。可愛いですがお値段は高め。

f:id:fullofwanderlust:20181115192340j:image

隣のお店。ここの物は暗闇で光ります。

f:id:fullofwanderlust:20181115192356j:image

一番奥にあるのは、ごく普通のギフトショップです。

f:id:fullofwanderlust:20181115192421j:image

 

おわりに

訪れたのは雨季の11月。今回は舞台が見える席からサムバーカー・ショーを待っていたのですが、あいにく本日2度目の土砂降り。ショーは中止になりました。

f:id:fullofwanderlust:20181115200651j:image

雨季とはいえ雨が降り続くことはあまりなく、開園時間には無事止みました。乾季に比べたら涼しくて歩きやすかったのですが、それでもまだ半袖で充分でした。