世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

香港ディズニー直営「エクスプローラーズロッジ」宿泊記|予約方法、アクセス、アメニティ、限定グッズなど

f:id:fullofwanderlust:20190406185844j:image

香港ディズニーランド直営ホテルの中で最も新しい「エクスプローラーズ・ロッジ」に泊まった。エクスプローラーズロッジは、東京ディズニーランドのホテルには無いリゾート感満載のホテルだ。ロッジの予約方法からアクセス、お部屋の感想、レストラン、限定グッズなどを紹介する。

 

チェックイン

エクスプローラーズ・ロッジのエントランス。リゾートらしい外観にテンションが上がる。

f:id:fullofwanderlust:20190406131236j:image

広々としたロビー。右側にチェックインカウンター、左側にギフトショップがある。

f:id:fullofwanderlust:20190316193042j:image

チェックイン時に貰ったものたち。

f:id:fullofwanderlust:20190406145030j:image

左上から、1. ホテルのステッカー、2. ディズニーランドのマップ、3. ホテルのマップ、4. ホテルガイド(ゲストサービス、レストラン、レクリエーションの紹介・時間帯など)、5. ルームキー、6. アトラクションのプライオリティパス、7. お土産の割引券、8. ホテルのレストラン割引券。

アトラクションのプライオリティパスは、公式サイトからの直接予約の特典として貰えた。これは宿泊数に応じて貰える枚数が増える。今回は2泊したので2枚。1枚につき1回4名まで使える。使えるアトラクションはグリズリーガルチ、ハイパースペースマウンテン、アイアンマン、ミスティックマナー、フィルハーマジックの5種類。香港ディズニーランドはとても空いているので、正直プライオリティパスの意味はあまり無い。割引券の方は、高いレストランでしか使えなかったり、ある程度お土産を買わないと適用されなかったりで、結局使わなかった。

こちらの可愛いルームキーは、チェックアウト時にお土産としてもらう事ができた。

f:id:fullofwanderlust:20190406130105j:image

ロビーの1番奥では、時間帯によって子供向けのアート・クラフトが行われたりする。
f:id:fullofwanderlust:20190406125737j:image

冒険気分に浸れるインテリアがいい感じ。
f:id:fullofwanderlust:20190406125733j:image

ディズニーの仲間達のスーツケースも展示されていた。こちらはミッキーのもの。でかいな。
f:id:fullofwanderlust:20190406125728j:image

お部屋・アメニティ

エクスプローラーズロッジ内は、アフリカ、南米、アジア、オセアニアの4つの棟に分かれており、部屋のデザインがそれぞれ異なる。

今回泊まったのはオセアニアのスタンダードルーム。1番安いスタンダードルームは1階かと思っていたら、2階の部屋にアサインされた。
f:id:fullofwanderlust:20190406130108j:image

オセアニアだからといって、他の部屋とそれほど大きな違いは無さそう。ベッドの上のミッキーがちょっとオセアニア風だったり、廊下のランプにカメが書いてあったり、そのくらい。ベッドの向かいには大きなテレビがあって、ディズニーチャンネルを観ることができた。
f:id:fullofwanderlust:20190406130127j:image

部屋の奥の窓の前には3つ目のベッド。子供が喜びそう。
f:id:fullofwanderlust:20190406130124j:image

スリッパは持ち帰り可。何がアメニティとして持ち帰って良いのか、しっかり書いてあった。
f:id:fullofwanderlust:20190406130116j:image

ホテルによくある有料のお菓子や飲み物は無く、置いてあるものは全て無料。

f:id:fullofwanderlust:20190406130120j:imagef:id:fullofwanderlust:20190406130100j:image

それから部屋の引き出しには、ホテルのギフトショップで使えるクーポンや、ランド内のビビディバビディブティックで使えるクーポンもあった。

f:id:fullofwanderlust:20190406145943j:image

バスルーム。

f:id:fullofwanderlust:20190406130237j:image

洗面にあるアメニティ缶は持ち帰り可。2泊したら、次の日にはもう1缶追加されてました。中身は歯ブラシ、コーム、シェーバーなど至って普通。

f:id:fullofwanderlust:20190406130229j:image
ここまでは大満足なホテルだったけど、ひとつだけ残念だったのがシャワールーム。ゴムの部分にわかりやすく黒カビ、赤カビがあって、本当にがっかり。ホテル自体まだかなり新しいはずなのに。そこはディズニーらしく、夢の世界相応であって欲しかった。
f:id:fullofwanderlust:20190406130240j:image

シャンプーは可愛かったけど。
f:id:fullofwanderlust:20190406130233j:image

敷地内の散策が楽しい!

エクスプローラーズロッジの魅力はその広いお庭。少し散策してみた。

f:id:fullofwanderlust:20190406131246j:image

真ん中にあるのはプール。残念ながら、3月はまだクローズしていた。

f:id:fullofwanderlust:20190406131423j:image

夏になればこんな感じになるんだろう。

f:id:fullofwanderlust:20190316174507j:imagehttps://www.hongkongdisneyland.com/ja/

ホテルの向こうには海が広がっている。この景色を見ながら散歩するのが最高に気持ちいい。
f:id:fullofwanderlust:20190406131404j:image

オセアニアの庭園。部屋がオセアニアな事だし、サーフボードの前で記念撮影しておいた。
f:id:fullofwanderlust:20190406131419j:image

アジアの庭園。仔象の刈込みがとても可愛い。
f:id:fullofwanderlust:20190406131408j:image

アフリカの庭園には、インパラとキャンプファイヤーがあった。
f:id:fullofwanderlust:20190406131415j:image

よくわからなかったのは南米エリアの庭園。これは何を表現しているのだろうか。
f:id:fullofwanderlust:20190406131412j:image

レストランは3つ

エクスプローラーズロッジには3つのレストランがある。

一つ目はワールド・オブ・カラー・レストラン。朝はビュッフェとキャラグリ、夕方はデザート・ビュッフェ、それ以外は通常のレストランとして営業している。お値段は高め。

f:id:fullofwanderlust:20190406131602j:image

メニューは洋食。
f:id:fullofwanderlust:20190406131609j:image

2つ目はドラゴン・ウィンド。朝はビュッフェとキャラグリ、土日はアジアンビュッフェとキャラグリ、ディナーは中華のコースとなっている。お値段は高め。
f:id:fullofwanderlust:20190406131627j:image

3つ目はチャート・ルーム・カフェ。簡単な食事ができるフードコートになっている。お値段は上2つのレストランに比べたら安いが、ディズニー価格という感じ。滞在中、体調が万全でなかったため、ビュッフェやコースを楽しむほど食欲が無く、食事は全てこのカフェで済ませた。

f:id:fullofwanderlust:20190406131606j:image

席はこんな感じ。いつも空いていたので落ち着いて食事できた。

f:id:fullofwanderlust:20190406131812j:image

飲み物や軽食を買って、部屋に持ち帰ることもできる。
f:id:fullofwanderlust:20190406131631j:image

f:id:fullofwanderlust:20190406131623j:image

一応ちゃんとした食事もあった。
f:id:fullofwanderlust:20190406131635j:image
f:id:fullofwanderlust:20190406131616j:image

カフェでディナー。ピザとキノコのポタージュがとても美味しかった。カルボナーラはまあまあかな。

f:id:fullofwanderlust:20190406131902j:image

朝食。こちらもとても美味しかった。
f:id:fullofwanderlust:20190406131905j:image

他にもとても美味しそうなパンや、マカロン、可愛いケーキも売っていた。
f:id:fullofwanderlust:20190406131613j:imagef:id:fullofwanderlust:20190406131646j:image
f:id:fullofwanderlust:20190406131620j:image
f:id:fullofwanderlust:20190406131638j:image
f:id:fullofwanderlust:20190406131641j:image

ホテル内でお土産が買える!限定グッズもあり

ロビー入り口近くには、ギフトショップまである。ディズニーランド内で売られている公式グッズや、ロッジ限定グッズが販売されている。

f:id:fullofwanderlust:20190406132106j:image

ロッジ限定グッズ。雑貨が可愛かった。
f:id:fullofwanderlust:20190406132118j:image
f:id:fullofwanderlust:20190406132109j:image

ランド公式グッズも売っている。香港ディズニーランドはいつも空いているのに、お土産屋だけはめちゃくちゃ混んでいて落ち着かないが、ここならゆっくり物色できる。ランド内に比べれば品数は少ないが、定番商品はちゃんと置いてある感じ。
f:id:fullofwanderlust:20190406132113j:image
f:id:fullofwanderlust:20190406132102j:image
f:id:fullofwanderlust:20190406132132j:image
f:id:fullofwanderlust:20190406132122j:image
f:id:fullofwanderlust:20190406132058j:image

職場のお土産用に香港らしいお菓子、というと、この赤いミッキーミニー缶くらいしかない。これはディズニーランド内でも同じ。
f:id:fullofwanderlust:20190406132125j:image

あと、ホテルのシャンプーも売っていた。
f:id:fullofwanderlust:20190406132129j:image

予約は公式サイトかagodaがおすすめ

香港のディズニーランド公式ホテルを予約するなら、公式サイトから直接予約するか、海外ホテル予約サイトを使うのがおすすめだ。日本の大手旅行会社を通すよりも安く予約できる。

公式サイトからの直接予約なら、選択するプランによってはお部屋の無料アップグレードやファストパスを貰うことができる。公式サイトは日本語に対応しているので、予約方法も簡単だ。公式サイトでの予約はこちらから。

とにかく安く泊まりたいなら、格安ホテル予約サイトagoda(アゴダ)がおすすめ。agodaはアジア圏に強い海外ホテル予約サイトで、アジアにあるホテルなら、他の予約サイトよりも安い値段で宿泊できる場合が多い。agodaでの予約はこちらから。

今回は宿泊予定日の4日前に予約したため、agodaでは空室が出ず、公式サイトから予約した。

アクセス

ディズニーランドからロッジまでは無料シャトルバスが出ている。バス停は、ディズニーランドの最寄駅「迪士尼駅」のすぐそば。
f:id:fullofwanderlust:20190311215042j:image

バスは各ホテルを巡回していて、迪士尼駅→「ディズニーランド・ホテル」→「エクスプローラーズ・ロッジ」→「ハリウッド・ホテル」→迪士尼駅の順に止まる。運行時間は朝6:00から夜1:00まで。バスの運行間隔は10-20分に一本。

バス停の詳しい場所や、ホテルまでの行き方について、こちらで写真付きで解説している。

 

ホテルからディズニーランドの行き方

ホテルからディズニーランドまでは、無料シャトルバスで5-10分ほどかかる。歩いていくには少し遠い。バス停は、エントランスを出て左に歩いていくとすぐに見つかる。

f:id:fullofwanderlust:20190406132235j:image

バスはだいたい10-20分に一本の間隔でやって来る。ランド開園間際と閉園間際は、ホテルから直行便が出ている。それ以外の時間は他のホテルを経由してから到着する。時刻表はこちら。PTIは、ディズニーランド前のバス停のこと。
f:id:fullofwanderlust:20190406132238j:image

バスが来たら乗り込む。無料なので、何の手続きもない。もちろんホテル宿泊者以外も利用できる。

f:id:fullofwanderlust:20190406132241j:image