【イスタンブール】アヤソフィアまとめ|入場料、歴史、所要時間を解説

f:id:fullofwanderlust:20190607202423j:image

イスタンブール最大の見どころ「アヤソフィア」に行ってきました。アクセス、入場料、所要時間、歴史などを解説します!

 

 

アヤソフィアとは

f:id:fullofwanderlust:20190514173757j:image

アヤソフィアは、キリスト教の大聖堂として建てられ、その後イスラム教徒によってモスクに改装された歴史的建造物です。

イスタンブールの長い歴史の中で、常に信仰の中心であり続けました。

建設当時、イスタンブールを支配していたのはビザンツ帝国。キリスト教の一派であるギリシャ正教を信仰する国でした。

f:id:fullofwanderlust:20190607204736j:image

しかしその後、ビザンツ帝国はイスラム教のオスマン帝国によって滅ぼされ、大聖堂はモスクへと改修されます。

十字架は取り除かれ、キリストのモザイク画は漆喰で塗り潰され、メッカの方向にミフラーブが設置され、周囲にはミナレットが建てられました。

こうしてアヤソフィアは、ギリシャ正教の総本山から、イスタンブールで最も格式のあるモスクへと姿を変えました。

f:id:fullofwanderlust:20190607204720j:image

20世紀になると、今度はオスマン帝国が滅亡し、現在のトルコ共和国が建国されます。

アヤソフィアのモザイク画を覆っていた漆喰は取り除かれ、キリストとイスラムの装飾が混在する現在の姿になりました。

f:id:fullofwanderlust:20190515001827j:image

現在は博物館として、一般公開されています。

 

行き方

アヤソフィアがあるのは、イスタンブールの旧市街。

トラムの最寄駅はSultanahmet(スルタンアフメト)駅。駅からアヤソフィアまでは徒歩5分くらいです。

f:id:fullofwanderlust:20190607214703j:image

 

入場料

アヤソフィアの入場料は60TLです。ミュージアムパスを使って入ることもできます。

ミュージアムパスは、アヤソフィアを含む博物館の共通チケットで、値段は185TLです。対象となっている全ての博物館の窓口で購入できます。

トプカプ宮殿や考古学博物館など複数の博物館に行く予定なら、購入を検討してもいいかもしれません。

 

開館時間

開館時間: 9:00〜19:00(11-3月は17:00まで)

月曜が定休日と記されているガイドブックが多いですが、基本的には無休です。

ただしオフシーズンになると月曜日が定休日になります。

月曜定休の時期は決まり次第公式サイトに案内が出るので、行く前に確認してみてください。

 

服装の規定は無し

アヤソフィアはモスクではないので、服装の決まりはありません。入り口で靴を脱ぐ必要もありません。

ですがイスラム教徒が多いことを考慮し、激しい露出は控えた方がいいと思います。

 

所要時間は1時間以上

アヤソフィアは大きく、2階に上がることができるため、1時間〜1時間半はかかります。

入場する際は、入り口で簡単な手荷物検査がありました。

一階から見上げたアヤソフィアのドーム。訪れた時は改装中で足場がありましたが、それでも凄い迫力でした。

f:id:fullofwanderlust:20190607204531j:image

今まで見てきたどのイスラム建築とも、ヨーロッパの教会とも違う荘厳さ。

f:id:fullofwanderlust:20190607205726j:image

石畳みを登って、2階へ上がることができます。

f:id:fullofwanderlust:20190607204700j:image

2階では、漆喰の下から出てきた鮮やかなモザイク画の数々を見ることができます。

現在はイスラム教徒が多数を占めるトルコですが、以前はキリスト教徒の国だったという証が、今もこうして残っているのが面白いですね。

f:id:fullofwanderlust:20190116224438j:image

f:id:fullofwanderlust:20190607205308j:image

アヤソフィアでひとつ残念だったのはオーディオガイド。キリスト教の解説ばかりで飽きてしまい、途中で聴くのを止めてしまいました。

本当はもっと、誰が何のために作り、どのように使われ、何が起きたのか、そういったエピソードを期待してたんですけどね。

オーディオガイドを借りるには、パスポートや免許証などの身分証を預ける必要があるので、借りたい人は持っていきましょう。