【出産準備】本当に必要だったもの、不要だったものリスト。これで充分でした

f:id:fullofwanderlust:20191116115051j:image

たまひよとかアカチャンホンポのチラシとか見てると、出産前に買うべき赤ちゃん用品リストが載ってますよね。初めて見た時は、何がなんだかよくわからないし、これ本当に全部買わなきゃいけないの?て感じでした。

結局のところ、全部揃えなくても大丈夫。むしろ生まれる前に全部揃えない方が、無駄な買い物をしないで済みました。必要になったら、西松屋やドラッグストアに走るか、アマゾン使えばいいかなと。

先輩方のアドバイスや、口コミを散々調べて準備した結果、本当に必要だったものと不要だったものを紹介します。

 

 

洋服関係

  • 短肌着 4枚
  • コンビ肌着 4枚
  • ツーウェイオール 3枚
  • ガーゼハンカチ 10枚

肌着は紐で止めるものでなく、ボタンで止めるタイプが便利です。洋服の種類は色々ありますが、とりあえず最初はツーウェイがあれば何とかなります。

ガーゼハンカチはたくさん使います。大きい物は使いにくいので、ハンドタオルサイズを用意しておくといいです。

授乳関係

  • 哺乳瓶 1〜2本
  • 哺乳瓶レンジ消毒器
  • 粉ミルク 1缶
  • メデラ ピュアレーン
  • 電気ポット 1個

母乳が出るのか、どの粉ミルクを飲むかなどは、実際に育児が始まってみないとわからないので、最初から色々と買い過ぎない方がいいと思います。

哺乳瓶は、口コミの良かった母乳実感を用意しました。最初はあまり量を飲まないので、160mlがあれば充分。とりあえず1本、混合や完ミの予定なら2本くらい用意しておけばいいと思います。

母乳瓶の消毒は、電子レンジでできるものが便利です。口コミの良かった西松屋オリジナルの物を用意。

赤ちゃんの吸う力はとても強いです。入院中、授乳が痛くて辛そうにしてる妊婦さんが結構いました。私は授乳の度にピュアレーンを塗って、乳首が切れるのを予防してました。これ買っておいて本当に良かった。

あと、電気ポットを持っていなかったので、新しく買いました。ミルク作る度にお湯沸かすなんて、やってられない。買ったのはタイガーの蒸気レスVE電気まほうびんです。調乳用ではないけれど、70度設定のできる普通の電気ポットです。70℃設定でき、上から蒸気が出なくて安全、コードレスでも使える優れもの。デザインもスタイリッシュで良い感じ。

 

おむつ関係

  • 紙おむつ 1パック
  • おしりふき1ケース
  • おしりふきの蓋 1個

おむつは、生まれた時の大きさ次第では、すぐにサイズアウトするので、最初から買い溜めしない方がいいかも。産院のほとんどがパンパースらしいので、とりあえずパンパースを1つ買っておきました。そしたらやっぱりパンパースだった。

おしりふきは長期間、それも大量に使うので、買い溜めしても損はないと思います。私は産後の会陰切開が痛くて死にそうだったので、自分のトイレの時にも使ってました。用意したのはおしりふきで定番の、アカチャンホンポ水99%。一度にしっかり拭けそうな厚手を買いました。

おしりふきの蓋は100均で売ってます。オムツ替えが楽になるし、おしりふきの蒸発防止になるので、準備しておくといいです。

お風呂ケア関係

  • ベビーバス 1個
  • ベビーソープ 1本
  • ベビーローション 1本
  • ベビーオイル 1本
  • 爪切りハサミ 1個
  • 赤ちゃん用綿棒 1パック

ベビーバスはシンクで使えると楽です。シンクで洗うとか不衛生だわ、とか思ってましたけど、産後はそんなこと言ってられませんでした。風呂で屈んで3kgを支えるなんて無理。腰が死んじゃいます。

ベビーソープ、ベビーローション、爪切りハサミはピジョンの物を揃えました。近所の西松屋より、Amazonの方が安く買えましたよ。

赤ちゃん用綿棒は100均に売ってます。沐浴のあとに耳掃除したりするのに使います。赤ちゃんが便秘になった時には大人用の綿棒を使うので、大人用のも買っておくといいかも。

布団

  • 敷布団
  • 掛布団
  • 敷布団カバー
  • 掛布団カバー
  • 防水シーツ
  • キルトパッド

布団セットの中には色々なものが入っていますが、本当に必要なのはこれくらい。値段と内容を見て、セットで買うか単品で買うか決めればいいと思います。

チャイルドシート

退院時に車で帰るなら、即使うのがチャイルドシート。新生児とはいえ、着用が義務付けられています。選んだ際のポイントは、

  • 新生児から長く使えるもの
  • 取り付けミスを防げるISOFIXタイプのもの
  • チャイルドシートアセスメントで安全性能評価の高いもの
  • 楽に乗り降りできる回転式のもの

ということで購入したのはこちら。安全に関わるものなので、お金を使うならここかなと思います。

 

ベビーベッド

添い寝するし、背中スイッチ問題もあるからベビーベッドは不要、という意見も多いですが、添い寝は怖いし、うちには犬がいるので、ベッドは必須でした。ベッドがいるかどうかわからない場合は、とりあえずレンタルしたら良いと思います。

ベビーベッドには、大人のベッドと同じ高さのロータイプのものと、立って世話のできるハイタイプのものがあります。ロータイプは、自分が寝てる時にいちいち起き上がらなくても赤ちゃんの様子がわかるので楽です。ハイタイプは、お世話する時に腰が楽みたい。でも、日中のオムツ替えなどはベッド以外の場所でしていたので、ロータイプでも特に不便は感じませんでした。

抱っこ紐

生後1ヶ月くらいまで、抱っこ紐は使いませんでした。とはいえ急に病院行くことになるかもしれないし、一応あったほうが安心かなと思い、新生児期から使える抱っこ紐として評判の良いビョルンとコニーを用意してました。コニーは韓国生まれの新しいブランドで、使い方が簡単なのと、家の中で抱っこする時に便利で、日本のママ達にも評判良いです。

 

必要なかったもの

  • ベビーカー
  • スタイ
  • 靴下
  • 帽子
  • おくるみ
  • おしりふきあたため器
  • 母乳パッド

赤ちゃんは、退院後1ヶ月くらいは家の中で過ごします。新生児を連れ歩くことはそう無いので、最初からベビーカーがなくても大丈夫。ベビーカーには、新生児からでも使えるものと、首がすわってから使えるものがあり、形や値段が違います。なので必要性を感じてから、子供と一緒に選べば良さそう。

スタイは最初は使わないし、外に出るまでは靴下や上着や帽子はいらないし、ミトンが必要かどうかは子供によるので様子見てからでいいかな。

おくるみはバスタオルで代用可能。バスタオルは色々使えるので、ある程度枚数があると便利です。

おしりふきあたため器は、冷たいのを嫌がったらレンタルしようと思ってたのですが、今のところ嫌がらないので使ってません。

それから、産んですぐに溢れるほど母乳が出る人はそうないので、母乳パッドの買い溜めも不要かな。そのまま完ミの可能性もあるし。買わなくても、何かと試供品で貰う機会が多かったので、最初はそれで間に合いました。あと、産院でも貰えました。

準備したけど使わなかったもの

  • バウンサー
  • 湯温計

バウンサー、赤ちゃんグズッた時とかリビングにいる時とか使えそう!と思って用意したんですけど、しまった、うちには犬がいるんだった。新生児を、犬が簡単に届きそうなバウンサーに置いておくわけにもいかず、リビングでオブジェと化しました。

湯温計は、慣れたらいらないという意見が多かったのですが、慣れるまでは不安、と思って一応用意しておきました。でも、産院で沐浴習った結果、わざわざ温度測るほどのことでもないわ、給湯器の設定で充分だわって感じだったので、結局一度も使ってません。

産後すぐに追加で用意したもの

  • 液体ミルク
  • ベビースケール
  • 加湿器

災害などで停電になると、ミルクつくれない。それ結構まずいな、ということに気づき、防災対策として液体ミルクを購入しました。液体ミルクは、一度封を開けると使い切らなければならないので、1本125mlのアイクレオを購入。ほほえみは240mlなので、新生児には飲みきれなくて勿体無いかな。

いざ退院して、助産師さんがいない環境での子育てが始まって、赤ちゃんの体重が順調に増えているのか、母乳の量がどのくらいなのかとか、色々と不安になりそうで、ベビースケールを借りました。必要ない人には必要ないかも。借りたのは、2g単位で測れるタニタの高精度のもの。買ったら7万円くらいします。ベビー用品のレンタルもしているダスキンで、3ヶ月で9千円くらいでした。

それから加湿器も買いました。加湿器って、内部に水垢とカビが生えて掃除がめんどくさいイメージで、敬遠してたんですよね。それで今回選んだのが、象印の電気ポット型の加湿器。スチーム式で加湿力強いし、手入れがめちゃくちゃ簡単で衛生的です。楽したい人にはおすすめ。

 

赤ちゃん用品はここで買える

初めて赤ちゃん用品を買い揃える時は、アカチャンホンポ、ベビーザらス、西松屋あたりに行けば揃います。アカチャンホンポはベビー用品の品揃えが豊富で、定員が商品の説明を丁寧にしてくれます。西松屋はとにかく洋服が安い。ベビーザらスは近所に無いのですが、アカチャンホンポと同じような感じだそう。それからUNIQLOのベビー服も、安いわりにしっかりしていて、先輩ママ達からも評判良くておすすめ。あとは頂き物や、メルカリやふるさと納税を使って節約しました。

ちなみにアカチャンホンポでは、店頭で会員登録すると、試供品一式と、高額商品の購入時にポイントがたくさん貯まるクーポンを貰えます。チャイルドシートやベビーカーやだっこ紐を買う時は、事前に会員登録をしてクーポンを貰っておくといいですよ。

Amazonには、AmazonファミリーやAmazonレジストリという、出産準備に便利でお得な機能があります。試供品が貰えたり、商品を安く購入できるので、登録しておくと良いですよ!