アドベンチャーコーブウォーターパークまとめ|服装、ロッカー、料金・割引チケット、所要時間など解説

f:id:fullofwanderlust:20200222220516j:image

アドベンチャー・コーヴ・ウォーターパークに行ってきました。

割引チケットや持ち物の注意点など、行く前に知っておくと便利な情報をまとめました。

▼おすすめアトラクションについてはこちら

 

 服装

こちらはドレスコード一覧表。

f:id:fullofwanderlust:20200222220545j:image

ビキニ、ラッシュガードはもちろん大丈夫ですが、チャックやボタン付きのものは禁止です。

ゴーグル、スイムシューズもOK。

施設内はビーサンOKですが、アトラクションに乗る時は禁止です。

各アトラクションの手前に靴置き場があるので、そこに置いておけばOK。無くなるのが心配であれば、ロッカーにしまっておくと良いと思います。

f:id:fullofwanderlust:20200222220616j:image

ちなみに、ビーサンかスイムシューズは持っていった方が良いです。床がボコボコザラザラなので、ずっと裸足でいたら、足の裏が酷い事になりました。

 

更衣室は無料

パーク内には、無料で使える更衣室とシャワールームがあります。場所は、入り口付近と、波のプールのそばです。

f:id:fullofwanderlust:20200222220756j:image
こちらは入り口付近の更衣室。左はトイレ、右はシャワールームです。

f:id:fullofwanderlust:20200222220647j:image
f:id:fullofwanderlust:20200222220740j:image

 

ロッカーはレストラン付近が便利

ロッカーは有料です。小さい方が10Sドル、大きい方が20Sドルです。

2人程度の荷物なら、小さいの1個で充分です。一度借りれば何度でも開閉できるので、最低1個は借りておくと便利ですよ。

ロッカーがあるのは入り口付近と、レストラン付近の2箇所。

f:id:fullofwanderlust:20200222220722j:image

おすすめは、レストラン付近のロッカー。真ん中にあるので、どのアトラクションからも近くて便利です。

f:id:fullofwanderlust:20200222220836j:image

まずは機械で支払いを行います。タッチパネルの操作は日本語も選べるので簡単。

f:id:fullofwanderlust:20200222220902j:image
操作の流れは、

  1. 言語選択
  2. ロッカーのサイズ選択
  3. 使用時間の選択
  4. パスワード設定
  5. 支払い

パスワードには生年月日と好きな色を入力します。支払いを済ませると、使用できるロッカーの番号が表示されます。

一度支払いを済ませれば、ロッカーを何度でも開閉することができます。

再度開けたい時は、先程の機械にパスワードを入力すると、ロッカが開くと同時にまたロッカーを使うか選択できます。「使う」を選択すれば、続けて使用することができます。

ちなみにここのロッカーは、支払いにクレジットカードは使えませんでした。

 

タオルは有料

タオルの貸し出しはありません。持参しましょう。

もし忘れたら、入り口のギフトショップで買うこともできますが、結構高いです。

f:id:fullofwanderlust:20200222220925j:image

 

浮き輪・ライフジャケットは無料

浮き輪・ライフジャケットは無料で使えます。

パーク内のいたるところに積んであったり、流れるプールに乗り捨ててあるので、勝手に持っていって大丈夫。

f:id:fullofwanderlust:20200222220958j:image

 

水中カメラは持ち込みOK

流れるプールや熱帯魚のプールでは、水中カメラを持ち込むことができます。

カラフルな魚たちと一緒に泳ぎながら、記念撮影できるので、持ってる人は持って行くと楽しいですよ。

f:id:fullofwanderlust:20200222221040j:image

 

カバナ

プールサイドには有料のカバナがいくつかあります。家族連れや大人数の場合は、レンタルすると便利かも。

場所と時期により68~128Sドルかかります。

f:id:fullofwanderlust:20200222221100j:image

カーテンが着いてるので、中で着替えたり昼寝をすることができます。内部にはバスタオル、水、セーフティボックスも付いています。

f:id:fullofwanderlust:20200222221117j:image

私達は、思い切り遊びたい!という感じだったので、カバナは借りませんでした。無料のビーチベッドもあるし、荷物はロッカーに入れておけば充分でした。

この日は平日だったからか、日中になっても半数以上空いてました。

 

飲食物は持ち込み禁止

パークへの飲食物の持ち込みは禁止です。入り口では荷物検査としてカバンの中身を見せます。ただしペットボトルの飲み物や、スナック菓子程度なら問題ありませんでした。

f:id:fullofwanderlust:20200222221231j:image

園内のレストランはひとつだけ。

f:id:fullofwanderlust:20200222221133j:image

メニューの種類はあまりありません。大皿で麺とかカレーとかパスタとか、ガッツリ炭水化物系です。

f:id:fullofwanderlust:20200222221250j:image
かき氷もありました。

f:id:fullofwanderlust:20200222221324j:image
支払いにはクレジットカードも使えました。

一応売店もいくつかありますが、本当に軽食と飲み物しかありません。

f:id:fullofwanderlust:20200222221340j:image
水飲み場はいくつかありました。

f:id:fullofwanderlust:20200222221402j:image

 

チケット料金・割引券

入場料はこちら。

大人

子人(4-12歳)

S$38(約3100円)

S$30(約2500円)

※2019年12月時点。値段はレートによって微妙に変わります。

楽天グループのVoyaginでは、割引チケットを購入できます。公式サイトや現地で買うより安いです。

使い方は、メールで送られてきたQRコードを携帯に表示させ、入り口でかざすだけ。安い上に直接入場できて、便利でした。

 

所要時間・混雑はどれくらい?

空いていれば5時間程度、ゆっくりしたければ丸1日いられます。3時間程度だと、満足に遊べないと思います。

訪れた日は平日の金曜日。朝10時から夕方4時まで滞在し、すべての無料アトラクションを体験できました。混雑日ならもっとかかるかもしれません。

流れるプールやシュノーケリングはそれ程混んでませんでしたが、スライダーはどれも多少は列ができていました。

特に並ぶのはリプタイド・ロケット。午前中は比較的空いていたので、早いうちに一回乗っておいた方がいいかも。

 

次回は、シンガポール動物園です。