世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

【シンガポール】アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークのおすすめアトラクション5選!その他も全部紹介

f:id:fullofwanderlust:20181117152651j:image

シンガポールのセントーサ島にある「アドベンチャー・コーヴ・ウォーターパーク」は、大人も楽しめる巨大なウォーターパークだ。本物の熱帯魚と泳いだり、流れるプールで洞窟をくぐり抜けたり、スライダーでスリルを味わったりと、アトラクションが盛りだくさん。実際に遊んできたので、アトラクションを全部紹介する。

 

おすすめアトラクション5選

アトラクションは全部で10種類以上。まずはおすすめアトラクションを紹介する。

f:id:fullofwanderlust:20181118221527j:image

アドベンチャー・リバー

f:id:fullofwanderlust:20181117152735j:image

アドベンチャーリバーは、とてつもなく長い流れるプール。道中ではジャングルや洞窟など、次々と変化する景色を楽しめる。

f:id:fullofwanderlust:20181117153811j:image

水が温かいので、いつまででも入っていられる。ぼんやり浮かんでいるのが楽しくて、個人的には1番好き。

ブルーウォーター・ベイ

f:id:fullofwanderlust:20181117154050j:image

ブルーウォーター・ベイは波のプール。結構高い波が出る激しいアトラクションだ。波がやって来るのは10分ごと。普段はとても静かなプールだが、波が出ると1番奥はかなりの深さになる。泳ぎや体力に自信のない人は手前で遊ぶか、ライフジャケットを着ると良いかもしれない。

リップタイド・ロケット

f:id:fullofwanderlust:20181117152935j:image

スライダー系の1番人気はリプタイド・ロケット。滑り落ちるだけでなく、磁力を使って坂を駆け上がる、まるでジェットコースターのようなアトラクション。人気があるので待ち時間は長め。回転もあまり良くない。午前中の早い時間帯なら比較的空いている。

デューリング・レーサー

f:id:fullofwanderlust:20181117153106j:image

何気に面白かったのがデューリング・レーサー。マットの上にうつ伏せになり、頭から一気に滑り落ちるスライダーだ。かなり加速するので、滑っている時間はほんの一瞬。猛スピードで頭から突っ込んでいくスリルを味わえる。2人ずつ滑るので、どちらが早いか競争もできる。

レインボー・リーフ

f:id:fullofwanderlust:20181117153926j:image

レインボー・リーフは、サンゴ礁のプールに入り、熱帯魚と泳ぐアトラクション。シュノーケルをつけて水中を覗けば、たくさんの熱帯魚に囲まれる。これが無料というのが凄い。

ライフジャケットを装着したら、係員から説明を受ける。一定方向に泳ぐこと。ライフジャケットは脱がないこと。手で泳ぐこと。キック・潜水は禁止。岩を掴まないこと。プールを一周したら終了。シュノーケルを装着したら、準備できた人から出発する。泳ぐ方向は決まっていますが、時間制限はない。

f:id:fullofwanderlust:20181117154000j:image

水温が低く寒いのと、塩水なので傷口があるとヒリヒリするが、天然ではありえないほどの魚影の濃さが面白い。

f:id:fullofwanderlust:20181117154030j:image

その他のアトラクション

その他のアトラクションを一気に紹介していく。全部遊ぶなら丸一日かかる。

タイドル・ツイスターとパイプライン・プランジ

f:id:fullofwanderlust:20181117153836j:image

デューリング・レーサーの隣にある2つのスライダー。パイプライン・プランジはいたって普通。タイドル・ツイスターは、円錐形のパイプをぐるぐる回りながら落ちる。

ウィールプール・ウォッシュアウトとスパイラル・ウォッシュアウト

f:id:fullofwanderlust:20181117153859j:image

ツリーハウスの奥にある2つのスライダー。スパイラル・ウォッシュアウトはタイドル・ツイスターの巨大版。円錐形のチューブを滑り落ちる。ウィールプール・ウォッシュアウトは渦の形をしたスライダーで、予測不能な動きが面白い。

ウェット・メイズ

f:id:fullofwanderlust:20181118221609j:image

子供向けのちょっとしたアスレチックと迷路。屋上なので、プールなどはない。

ビッグ・バケット・ツリーハウス

f:id:fullofwanderlust:20181117154114j:image

子供用のツリーハウス。てっぺんのバケツが満杯になると、ひっくり返って大量の水を撒き散らす。

シーホース・ハイドウェイ

f:id:fullofwanderlust:20181117154237j:image

子供用のプールと噴水のある広場。まわりのビーチベッドでは、大人がたくさん寝ていた。

スプラッシュワークス

f:id:fullofwanderlust:20181123221516j:image

ジャングルジムのある遊び場。面白いのは飛び込み台。1番高い飛び込み台は、大人でも勇気のいる高さだ。ジャングルジムでは、平均台や綱渡りにチャレンジできる。失敗すると、そのままプールに落下する。体の軽い子供は余裕だが、大人にはかなり厳しい。

有料アトラクション

アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークには有料アトラクションが3つある。

ドルフィンアイランド

イルカのいるプール。有料でイルカに触ったり泳いだりできる。

f:id:fullofwanderlust:20181117154507j:image

プールの淵から触るのは68Sドル、プールの中で触るのは98Sドル、一緒に泳ぐのは泳ぐのは128Sドル。

f:id:fullofwanderlust:20181227153050j:image

流れるプールから覗くのは無料。

f:id:fullofwanderlust:20181227153007j:image

レイ・ベイ

エイのいるプール。上から観察するだけなら無料。

f:id:fullofwanderlust:20181117154552j:image

触ったり餌やりは有料(S$ 56)。

f:id:fullofwanderlust:20181227152921j:image

見るだけなら流れるプールからでも可能。プールから見るとこんな感じ。

f:id:fullofwanderlust:20181117175239j:image

シャーク・エンカウンター

隣の水族館の水槽に入り、サメを鑑賞するプログラム。

f:id:fullofwanderlust:20181227152454j:image

値段はS$ 74。1日3回開催されている。

f:id:fullofwanderlust:20181227152518j:image

水槽に入るといっても、あのプラスチックの中に入って周囲を覗く感じ。それで74ドルって、ちょっと高すぎる。

f:id:fullofwanderlust:20181117175417j:image

 

おわりに

アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークには面白いアトラクションがたくさんあり、無料のアトラクションだけで一日中遊べる。入場料が3000円程度と比較的安いのも魅力的。割引券を使えばもっと安くなる。

ウォーターパークの行き方や、お得な割引券はこちらで紹介しています。