【大和】愛育病院で無痛分娩しました(1日目)|入院当日とお部屋

痛いのが苦手な私は、出産するなら絶対に無痛分娩と決めていました。

近所には、無痛分娩を行なっている病院がいくつかあるものの、24時間対応できるところは1つしかありませんでした。

無痛分娩に24時間対応できない病院の場合、時間外や休みの日に陣痛が来てしまうと、そのまま自然分娩せざるを得なくなってしまいます。無痛分娩のつもりでいたら、心の準備もできないまま自然分娩、というのはできれば避けたい。

ということで、24時間対応できて、無痛分娩の経験が豊富そうな愛育病院を選びました。

f:id:fullofwanderlust:20200107172902j:image

 

入院当日

愛育病院での無痛分娩は、基本的には計画分娩です。検診で、エコーや子宮口の様子を見て、出産日を決めます。

入院は、出産前日の午後から。病院までは、家族に車で送ってもらいました。

病院に着いたら、家族に荷物持ってもらって、三階のナースステーションへ。

まずはいつものように血圧体重を測ります。

その後助産師さんに、お部屋まで案内してもらいました。

 

部屋(個室)

部屋の種類は個室、2人、4人、6人部屋、ファミリールームから選べます。2度目の保健指導の時に希望を伝え、出産日が決まった時に決めるという感じでした。

私は悪阻が辛くて、既にいっぱいいっぱいだったので、個室を選択。

部屋の中にトイレとシャワーが付いていて、大型テレビと冷蔵庫もあって、とても快適でした。

f:id:fullofwanderlust:20200107143008j:image

個室に限らずどの部屋も、無料でWi-Fiが使えました。

お部屋についたら、助産師さんから今後の説明を受けます。お産グッズを貰い、iPadを渡されました。

iPadには、今後のスケジュールが入っています。入院中は、毎日これを見ながら過ごしていました。

助産師さんの説明が終わった後は、パジャマに着替えてNSTへ。

個室だったので、家族には部屋で待っててもらいました。NSTが終わったら一旦部屋に戻って、内診を待ちます。

 

ミニメトロ

午後3時、子宮口の開きを確認するため内診へ。ここであまり開いていないと、ミニメトロを入れて分娩誘発になります。

検診台はカーテンで仕切られているだけ。声が聞こえるので、隣に2人いるのがわかりました。

2人とも声が元気で明るくてびっくり。なんであんなに余裕なんだろう。

検診の結果、隣の人はミニメトロなし。

私は1週間前と全然変わってなくて、ミニメトロ決定。入れる時は、生理痛の様な痛みでした。

その後、しばらくは平気だったのに、部屋に戻ってからまた痛くなりました。

喋れるし、叫ぶほどじゃ全然ないけれど、酷い生理痛のような痛みで、しかめ面になってしまう。

しばらくすると、また平気になったのに、1時間後再び。その30分後再び。これが前駆陣痛?

家族には、夕食前まで部屋にいてもらいました。

 

夕食

入院当日の夕食は、ダイニングルームで取ります。

ミニメトロが痛くないタイミングで、ダイニングルームへ。

既に何人か着席していました。

話を聞いたら、ほとんどの人が既に出産を終えて、もうすぐ退院だそう。

ミニメトロについて聞いてみたら、なんと私以外に誰も入れた人がいなかった。でも、入れてた人はみんな痛いって言ってたよ、と教えてもらえて、少し安心。

 

就寝

夕食を終えたら部屋に戻ったら、後はゆっくり過ごせます。でも、ミニメトロが痛い。特に、座る姿勢になるとお腹が張って、かなり辛い。

とはいえ、今入らないとしばらく入れないと思い、シャワーを浴びました。

夜、心拍確認に来た助産師さんに、お腹痛いよね、と言われました。ミニメトロ入れると、そうなるのだそう。

ここから10分置きくらいに痛みの波が来て、陣痛?と思ったのですが、痛みが引いた合間にひたすら寝る努力をしてました。

23時頃から痛みの頻度が1時間に一回くらいに激減して、その後は数時間に一回程度に落ち着きました。夜中に何度も目が覚めましたが、なんとか細切れに眠ることができました。 

続く。