【大和】愛育病院で無痛分娩しました|入院グッズ・準備しておいて良かったものリスト

f:id:fullofwanderlust:20200107173803j:image

大和の愛育病院で無痛分娩しました。出産レポの最後に、出産時に準備しておいて良かったものを紹介します。

前回の記事はこちら

 

お産セット

愛育病院で、入院当日に貰えたお産セットの中身はこんな感じ。

  • 産褥ショーツ2枚
  • 授乳ブラ1枚
  • 産褥パッド(L,M,S)各1パック
  • ガーゼハンカチ5枚
  • 母乳パッド1パック
  • 歯磨きセット
  • ティッシュ1箱
  • スリッパ
  • さい帯消毒セット

検診の待合室には、見本として現物が置いてあります。

パジャマとタオルはレンタルで、シャンプー・コンディショナーも用意されてました。

初回の授乳時には、授乳クッションも貰えました。

筆記用具、着圧ソックス、足りない分の授乳ブラ・産褥ショーツ、退院時に赤ちゃんに着せて帰る服は、自分で用意して持ってくるよう指示がありました。

 

持って行って良かったもの

これは個人差が大きいと思いますが、あくまで私の経験を参考程度に載せておきます。

ピュアレーン

乳頭保護クリームです。

赤ちゃんの吸う力はとても強いので、はじめての授乳では乳首に傷ができやすいんです。乳首に傷ができると、授乳が激痛。

痛くなるのが怖くて、授乳後に毎回予防的に塗ってました。これやっといて、本当に良かった。入院中に乳首が切れて苦しめんでいる人が結構いたのですが、私はそれほど痛い思いをすることなく過ごせました。

病院でも購入できますが、一度傷ができてしまうと治るのに時間がかかるので、最初から持っておいて良かったです。

 

ペットボトルキャップ

出産の便利グッズとして有名なペットボトルキャップ。100均で売ってます。

無痛分娩の場合、出産中は飲食できないので意味がないと思っていたのですが、私の場合は産後に役立ちました。

会陰切開の痛みが酷く、体を起こすのが辛かったのですが、ペットボトルキャップのおかげて水を飲む姿勢が少し楽になりました。

 

抱き枕

妊娠初期につわりが酷く、何かにすがりたい思いで購入した抱き枕。妊娠後期には、横向き寝を支えてくれました。

後期つわりもあったので、産院に持っていって、出産前日も抱きついて寝てました。

使っていたのはこちら。抱き枕は色々なメーカーから出ているのでどれにするか悩みましたが、この安い物で充分でした。

 

入院中に買ったもの

円座クッション

退院日が近づいても会陰切開の痛みが治らず、円座クッションなしでは座れない状態でした。

病院にいる間は立派な円座椅子があるので良かったのですが、このままでは退院時に車に乗れないと気づき、慌ててAmazonのお急ぎ便で注文しました。

事前に購入しておいた、穴の小さいデザイン重視のふわふわ円座クッションは、傷口にあたってしまって全然だめでした。

 

産褥パッド

生理用品で代用するつもりでいたのですが、ごわごわした素材が会陰切開の傷に当たってしまい、痛くて使えませんでした。

産褥パッドはお産セットに入ってます。途中で足りなくなったので、病院で買いました。退院後も病院と同じ物をAmazonで買って使ってました。

 

Amazonプライム

お急ぎ便が無料になります。おむつや粉ミルクが無くなりそうな時や、急に必要な物があるのに出掛けられない時に大活躍してます。

そもそもは妊娠後期に、30日間の無料体験に登録し、プライムビデオで海外ドラマ観まくってました。便利だったので、出産後もそのまま使ってます。年会費は余裕で元取れてるはず。

⇒ Amazonプライム 30日間無料体験 | 映画、音楽、漫画、本読み放題。お急ぎ便も使い放題

更に、Amazonファミリー(無料)に登録すると、プライム会員はおむつが15%引きで買えます。

外出するの大変だし、お店より安いし、Amazonプライムめちゃくちゃ便利ですよ!

 

必要なかったもの

OS1ゼリー

病院で買えます。出産中でも、頼めば持ってきてもらえました。

 

母乳パッド

出産翌日から母乳パッドが必要になる人はほとんどいないと思います。

出産セットに1パック入っているので、とりあえずそれで様子を見て、必要になったら買い足せば充分だと思います。

 

以上です!

 

出産レポはこちら▼