乗継失敗!ニュージーランド航空ビジネスクラスで成田へ|タヒチでクジラと泳ぐ旅③

f:id:fullofwanderlust:20200803170619j:image

タヒチ旅行最終日。ニュージーランド航空を利用し、モーレア島からオークランド経由で帰ります。

 


滞在しているのはモーレア島にあるモーレア・パール・リゾート・アンド・スパ。朝からホテルのまわりを少し散歩してみました。

右に向かって歩いて行くと、パレオ屋さんがあります。

f:id:fullofwanderlust:20200803170655j:image

鶏がいました。ルルツ島での生活を思い出します。

f:id:fullofwanderlust:20200803170751j:image

更に歩いて行くと、お店の並ぶエリアがありました。少し覗いてみましたが、パレオ、伝統工芸品、本気のパールといった感じで、人に渡せるようなお土産はありませんでした。

お土産屋の側にはCaramélineという飲食店がありました。さすがフランス領。ショーケースに並ぶパンやケーキがとても美味しそうでした。

さらに歩くとスーパーがあります。こちらに何かお土産になりそうなものあるかなと思いましたが、食材と日用品しかなくて、諦めて帰りました。

 

タヒチ島の国際空港へ

午後、ホテルをチェックアウトし、現地ツアー会社の送迎バスに乗ってバイアレ港に行きます。

帰りはここからAremitiフェリーに乗って、向かいのタヒチ島へ向かいます。たった30分で行けちゃうから便利。

f:id:fullofwanderlust:20200803171045j:image

でも気持ち悪くなってきました。また船酔い。もうダメかもしれないと思いましたが30分なんとか持ち堪えました。

フェリーを降りたら、降ろされた大量のスーツケースの中から自分の物を探し出して、迎えに来ている旅行会社の人にパペーテ空港まで車で送ってもらいました。

ツアー会社にお願いしたのはここまで。パペーテから成田までのフライトは、ユナイテッド航空のマイルを使った特典航空券です。

途中、オークランドと上海で乗り換えをします。パペーテ→オークランド→上海まではニュージーランド航空、上海→羽田まではANA。2つは別切りのチケットなので、何かあったらおしまいだ。

 

タヒチを出国。オークランドへ

 チケットカウンターでe ticketを見せると係員に、上海にビザ無しで入国出来るのかと聞かれました。

日本人は短期間なら大丈夫、と答えると、ちょっと調べるから待って、と言われましたが、結果もちろん問題無し。

 夕方5時過ぎ、やっと飛行機に搭乗です。しかし出発時間を過ぎても一向に飛行機が離陸しません。しかも猛烈に暑い。タヒチの野外よりずっと暑いです。

夜7時を過ぎました。もうだめ。オークランドでの乗継時間は、最低乗継時間の1時間しかありませんでした。

この1時間の遅延により、楽しみにしていたオークランドから上海行きのフルフラットに間に合いません。

 出発予定時刻を2時間以上過ぎた頃、やっと飛行機が動き、離陸しました。

シートベルト着用サインが消えた後、ユナイテッド航空の特典航空券の私にも振替は用意してもらえるのか乗務員に聞いてみたところ、わからないのでオークランドに着いたら地上係員に聞いて、それからオークランド空港は夜はやってないから一度入国して、と言われました。うーん、不安だ。

 

オークランド空港に到着

飛行機を降りると、地上係員が数人立っていました。全員が飛行機を降りたところで1人ずつ名前を呼ばれ、振替便のe ticketと今晩の宿泊先の情報を渡されます。

私の名前も呼ばれて一安心。てっきり明日のオークランド→上海の直行便が手配されると思っていたら、オークランド→成田→上海の便でした。きっと次の上海直行便を待つより、成田経由のほうが早く上海に行けるからでしょう。

でも私、そもそも上海に行きたいんじゃなくて東京に帰りたい。元々取っていた上海→羽田便ももう間に合わない事だし、ここは是非とも、途中の成田で降ろしてもらいたい。

係員にその旨を伝えると、予約センター的な電話番号を教えてくれました。微妙な状況ですが、ホテルに着いてから電話するしかありません。

既に深夜0時過ぎ。預け荷物受け取りレーンに行って、スーツケースを待っていましたが、待っても待っても荷物が出きません。

周りにはどう見ても私と同じ状況の人たちが、同じように待ちくたびれてます。仲間がいると少し安心。乗継予定だった荷物をオークランドで降ろすのに手間取ってるんでしょう。

しばらく待っていたら、別のレーンに行くようアナウンスがあり、そちらでやっと自分のスーツケースを発見しました。特に破損もなく、一安心。

中にはチャックが壊れて全開し、スーツケースベルトで辛うじて中身を保持してるのを見かけました。こんな夜中に乗継便逃してスーツケース壊れるとか不幸過ぎる。

それにしても、スーツケースベルトって意味あるんですね。あれが無かったら、もう収拾つかない事になってたと思います。

 

空港から指定ホテルへ

入国審査を通過し、指定されたホテル  Sudima Auckland Airport (スディマ オークランド エアポート)に向かいます。

ホテルを巡回しているバスに乗らなければならないのですが、このバス、30分に1本しかなくて、タイミング悪かったのか全然来ません。居合わせた人達と旅行の話をしながらなんとか時間を潰しました。

結局バスが来たのは深夜1時過ぎ。私達は無料で乗れましたが、本来は有料です。

10分くらいでスディマ・オークランド・エアポートに到着。綺麗なホテルです。

f:id:fullofwanderlust:20200803172143j:image

チェックインし部屋に入るとチョコレートが置いてありました。凄く癒される。

でもこのまま寝るわけには行きません。振替便の旅程を変更してもらうため、ニュージーランド航空に電話をかけたものの、いつまでたっても繋がりません。

仕方ないのでフロントに行き事情を説明し、フロントの人に代わりに掛けてもらいましたが、やはり繋がらないそうで、私に交代。

眠いのをこらえて40分粘って、やっと係員が電話に出てくれました。結局、私のお願いをOKしてくれて、無事ニュージーランドから成田まで直行便で帰れることに。

まぁ上海行きの席が1つ空くだけだし、今や日本に帰る航空券を持たなくなった私を上海に置き去りにするよりも、成田で降ろしたほうがニュージーランド航空としても良かったのかもしれません。

ホテルの人が電話を変わってくれて、新しい振替便のe ticketをパソコンで取って印刷してくれました。

明日の便の出発時刻は、朝8時40分。そして今は既に3時前。あまり時間はありません。シャワーを浴びて、就寝です。本当に長い夜でした。

 

再びオークランド空港へ

深い眠りに入ったら起きれなくなるんじゃないかという恐怖を抱えながら、2時間だけ横になりました。

荷造りしてチェックアウトして、空港とホテルを巡回しているバスに乗ります。

空港の一階でチェックインし、出国審査と荷物検査を受けてラウンジへ。

ニュージーランド航空のラウンジ、食事がとても充実してます。ミールはホテルの朝食並みで、何よりワインの種類が豊富。さすがニュージーランド。

とはいえ睡眠不足で体調があまり良くなかったので、フルーツとフラットホワイトだけにしておきました。

 

成田空港まで11時間のフライト

コーヒーを飲み切る前に、搭乗時間になりました。

f:id:fullofwanderlust:20200803170619j:image

これなら快適に寝れそうです。ですが日本とほぼ時差のないニュージーランドで朝から寝るのは、あまりよろしくない。しかし眠い。

f:id:fullofwanderlust:20200803183452j:image

ニュージーランドの機内安全ビデオの面白さは有名ですが、この時は、オールブラックスのラグビー選手によるメンインブラック風ビデオでした。機内の照明も、乗務員もビデオに合わせて動くという徹底っぷり。

結局、朝食を全部食べて、

f:id:fullofwanderlust:20200803173031j:image

ランチもデザートまで全部食べました。

f:id:fullofwanderlust:20200803183441j:image
f:id:fullofwanderlust:20200803183436j:image
f:id:fullofwanderlust:20200803183431j:image

ちゃんと寝ようと思ってベッドメイキングしてもらったのですが、結局延々と海外ドラマを観て、一睡もしませんでした。ベッドでアイスクリーム食べながらテレビ観ててダラダラしてるだけなんて、幸せだ。
 飛行機の遅延のおかげで直行便になり、ニュージーランドに1泊したにもかかわらず、もとの予定より1時間早く日本に到着しました。

ニュージーランドは人が親切で良いところでした。ほとんど滞在していませんが。ぜひもう一度、ちゃんと訪れたくなりました。北島だけでなく南島にも行ってみたいし、海や自然の綺麗なところに行ってみたい。

次回からはドバイです。