世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

カッパドキアの行き方|空港、おすすめホテルを解説!

f:id:fullofwanderlust:20181216010607j:image

トルコの人気観光地「カッパドキア」。イスタンブールからは意外と遠く、陸路だと11時間以上もかかる。またその敷地は広大で、満足に観光するには数日必要だ。アクセスに少々難ありのカッパドキアだが、大自然の作り出す絶景と、そこに溶け込むように暮らしてきた人々の痕跡は本当に美しい。カッパドキアの行き方、おすすめホテル、観光情報を紹介する。

 

イスタンブールからの行き方

カッパドキアがあるのはトルコのほぼ真ん中。

f:id:fullofwanderlust:20181007125748j:image

イスタンブールからはかなり遠いので、よほど時間に余裕がない限り飛行機を使うのがおすすめ。バスのほうが圧倒的に安いのだが、飛行機でたった1時間の距離をバスで11時間以上過ごすのは結構辛いものがある。一応鉄道もあるが、アンカラで乗り換えが必要な上、バス以上に時間がかかってしまう。

空港は2つ

カッパドキアの空港は「カイセリ」と「ネヴシェヒル」の2つ。イスタンブールからはターキッシュ・エアラインやLCCが運行している。カイセリ空港よりもネヴシェヒル空港の方が町に近くて便利でおすすめ。

f:id:fullofwanderlust:20181216010623j:image

ネヴシェヒル空港。とても小さな空港で、預け荷物を受け取った先は外になっていた。

f:id:fullofwanderlust:20190101142220j:image

空港から町までは遠く、ネヴシェヒル空港からは車で40分、カイセリ空港からは70分ほどかかる(混載車はそれ以上)。事前にホテルにお願いすれば、有料で送迎車や混載車の手配をしてくれるはずだ。

ホテルはどこが便利?

観光の起点となる町は「ギョレメ」「ユルギュップ」「ウチヒサール」の3つ。いずれかに滞在していれば、どの観光スポットにもアクセス可能。

f:id:fullofwanderlust:20181215145841j:image

今回滞在したのはギョレメの町。3つの中では1番観光地らしい町だ。規模が小さくレストランやお土産屋も全て徒歩圏内なので、観光客にはとても便利。奇岩群の真っ只中にあるため、街中を歩いているだけで大自然を堪能できる。ユルギュップやウチヒサール辺りも車で通りかかったが、初めてのカッパドキアならギョレメにして正解だなという印象だった。

カッパドキアのおすすめホテル

今回泊まったのは、ギョレメの街中にある「ギョレメ・イン(Göreme Inn)」。値段が比較的安く、おしゃれで清潔で立地も良いおすすめホテルだ。トリップアドバイザーでは2019年トラベラーズチョイス受賞とエクセレンス認証を受けている。

f:id:fullofwanderlust:20181216011322j:image

建物が新しく、お部屋の雰囲気が明るくて居心地良い。

f:id:fullofwanderlust:20181216011352j:image

窓の向こうには、カッパドキアらしい光景が広がっていた。

f:id:fullofwanderlust:20181216011504j:image

朝食のレストランも素敵。

f:id:fullofwanderlust:20181216011556j:image

早起きすれば、こんなに目の前で気球を見ることもできる。ガスを燃やす音まで聞こえてきて、大迫力だった。

f:id:fullofwanderlust:20181216011612j:image

ホテルの各階にはちょっとしたスペースがあり、それぞれ違った景色を楽しめる。

f:id:fullofwanderlust:20181216011639j:image

屋上に上がれば、空に舞うたくさんの気球を360度眺めることができた。

f:id:fullofwanderlust:20181216011652j:image

唯一の欠点はプールが無いこと。ただしカッパドキアは朝晩かなり冷えるので、昼間しかプールに入れない。昼間はずっと出かけていたので、結果的にプールがあってもなくても変わらなかった。今回ホテルの予約に利用したのはエクスペディア。とにかく安く宿泊したい時に使っている。一応今までのところ、トラブルにあったことはない。

⇒エクスペディアでこのホテルの宿泊費を確認する

 

観光は現地ツアーが便利

カッパドキアは交通の便が悪く、見どころも点在している。観光には現地ツアーがおすすめ。個人でまわることも不可能ではないが、かなり効率が悪い。英語のツアーであれば、現地に着いてからホテルで申し込むことも可能。地図上の赤・青・緑のラインは現地ツアーで一般的に行われている3種類のコース。主な見どころのほとんどは赤ラインのレッド・ツアーに集まっていますが、日数があればグリーン・ツアーもおすすめ。

f:id:fullofwanderlust:20181215145841j:image

今回利用したのはベルトラ(VELTRA)。海外の現地オプショナルツアーを探すのに便利なサイトだ。日本語ガイド付きのツアーがたくさん掲載されいるので、一度見てみると良いかもしれない。

⇒ベルトラ(VELTRA)でカッパドキアのオプショナルツアーを確認する

おわりに

今回カッパドキアを訪れたのは9月。イスタンブールに比べて湿度が低く過ごしやすいものの、日差しはかなり強烈。水、帽子、日焼け止めは必須。白い奇岩の照り返しが凄いので、サングラスがあった方が良いかもしれない。朝晩は日中に比べてかなり肌寒く、軽く羽織るものが必要だ。せっかくプールのあるホテルに泊まっても、朝方や夜は寒くて入れない。早朝の気球もかなり寒いと思いきや、乗っている間はバーナーの熱源がすぐ側にあるので結構暑い。それから絶対に持って行きたいのが歩きやすい靴。場所によってはかなり足場が悪いので、履き慣れたスニーカーがおすすめですよ!