【ガラパゴス諸島】全部で100島以上!実際に訪れた島々の見どころ・感想

f:id:fullofwanderlust:20201031200521j:image

ガラパゴス諸島に行ってきました。

100以上ある島々のうち、観光客が上陸できるのは16島。

そのうち人が住んでいるのは4島だけで、残りは全て無人島です。

実際に訪れた7島の特徴や、ガラパゴスの観光情報をまとめました。

 

イサベラ島

f:id:fullofwanderlust:20201031191132j:image

人の暮らす町がある、ガラパゴス最大の島です。

有人島とはいえ町が小さいので、自然との距離が近く、どこへ行っても圧巻の光景ばかり。

ガラパゴスペンギンがたくさん住んでいるので、運が良ければ一緒に泳げるかもしれません。

ガラパゴス諸島の観光スポットのほとんどは、公認ガイド(ナチュラリスト)が同行するツアーへの参加が義務付けられています。

イサベラ島は大きな島なので、ツアーのポイントがたくさんありますし、ガイド無しで行く事のできるポイントもいくつかあります。2泊しましたが、全然回りきれませんでした。

ちなみに、上陸の際には、入島料として別途5ドル払う必要があります。

ティントレーラス

f:id:fullofwanderlust:20201031190048j:image

イサベラ島のティントレーラスは、サメやペンギンの住む場所です。ナチュラリスト同行が必須で、個人でアクセスする事は出来ません。

港から船に乗り、島から少し沖の岩礁から上陸します。

アシカの赤ちゃんがベンチでお昼寝中。

f:id:fullofwanderlust:20201031190128j:image

天然の水路を覗いてみると、たくさんのサメがいました。

f:id:fullofwanderlust:20201031190151j:image

陸を散策後は、シュノーケリング。サメの水路を泳ぎました。ウェットスーツやシュノーケリングセットは、ツアーで貸してくれます。

水路を抜けると、ペンギン発見!

f:id:fullofwanderlust:20201031190918j:image

アシカもくるくると泳いでいました。

f:id:fullofwanderlust:20201031190538j:image

ロス・トンネル

f:id:fullofwanderlust:20201031190719j:image

溶岩の入り組んだ、不思議で美しい光景を見ることのできる場所です。水路には、ウミガメがたくさん住んでいます。

ここもガイド必須。

波が荒い日は上陸できないポイントで、街から船で1時間くらいかかります。

f:id:fullofwanderlust:20201031190652j:image

ウミガメが多すぎて、だんだん「あ、またウミガメだ」くらいのテンションになるほどの遭遇率でした。

f:id:fullofwanderlust:20201031190826j:image

プエルト・ビジャミル

イサベラ島の町プエルト・ビジャミルには、ガイドなしで訪れることができるビーチがあります。

ビーチでくつろぐ観光客と、そのそばでくつろぐ海イグアナ。

f:id:fullofwanderlust:20201031191115j:image

さらにくつろぐアシカ。平和です。

f:id:fullofwanderlust:20201031191221j:image

港の桟橋から続く道の奥には、もう一本別の道があります。

f:id:fullofwanderlust:20201031191313j:image

この道を進んでマングローブ林を抜けると、Concha de Perla という入り江に出ます。

f:id:fullofwanderlust:20201031191516j:image

早朝、この入り江に散歩にいったら、アシカに会えました。いつもゴロゴロ寝ているアシカですが、水中ではとっても元気。2匹でくるくると泳ぎまくっていました。

f:id:fullofwanderlust:20201031191344j:image

ウミガメも1匹発見。もの凄く大きくてコケだらけで立派でした。

f:id:fullofwanderlust:20201031191451j:image

 

ノース・セイモア島

f:id:fullofwanderlust:20201031191623j:image

陸イグアナがたくさんいる無人島です。ガラパゴス最大の街を持つサンタ・クルス島のすぐ隣にあるため、アクセスが簡単。

f:id:fullofwanderlust:20201031191819j:image

陸イグアナの食べ物は、乾燥した大地でも生きられるサボテン。

ガラパゴスには、イグアナに食べられないよう背が高いサボテンが多いのですが、この島のサボテンは背が低いです。

それに陸イグアナは肥えすぎてぽちゃぽちゃ。

f:id:fullofwanderlust:20201031191655j:image

ノース・セイモア島には、もともと陸イグアナはいませんでした。それを不思議に思った人が、別の島から陸イグアナを連れてきたのだそう。

その結果、島で陸イグアナが増殖。結局、この島に陸イグアナがいなかった理由は、単純に漂流してこなかったから。

サボテンの背が低いのは、イグアナという脅威がいなかったので、進化する必要がなかったからと考えられています。

f:id:fullofwanderlust:20201031191851j:image

 

バルトロメ島とサンティアゴ島

f:id:fullofwanderlust:20201031191951j:image

隣り合う2つの島は、荒涼とした景色とダイナミックな海が楽しめる無人島です。数は少ないながらも、ペンギンが住んでいます。

バルトロメ島のクレーター。まるで別の惑星のよう。

f:id:fullofwanderlust:20201031192006j:image

サンティアゴ島。黒い地面は溶岩です。

f:id:fullofwanderlust:20201031192233j:image

ガラパゴス諸島は、火山活動によって生まれた島々です。生まれてまだ日の浅い島には緑がほとんどなく、溶岩やクレーターが目立ちます。

 島は長い年月をかけて東に向かって移動しながら、徐々に緑豊かな島になり、最期は再び海に沈んでしまいます。今ある島々も、いつか沈んでしまうのでしょう。

海沿いの岩場には、ペンギンたちが暮らしていました。

f:id:fullofwanderlust:20201102160952j:image

島自体には何の動物もおらず、上陸観察はあまり楽しめませんでした。

ここにはダーウィンも上陸していて、「陸イグアナがたくさんいる」と記録しています。

その後時代が進み、人がヤギを連れ込みます。イグアナより背が高く、食べるスピードも早いヤギに草を取られたイグアナは、食べることができなくり絶滅しました。

f:id:fullofwanderlust:20201102174807j:image

シュノーケリングでは、幸運にも水中で何度かペンギンと鉢合わせしました。とはいえペンギンとの遭遇率なら、イサベラ島のほうが圧倒的に高いです。

アシカも遊びに来てくれました。

f:id:fullofwanderlust:20201031192302j:image

カメラを向けると、あおむけになってカメラに突進してきます。

f:id:fullofwanderlust:20201031192314j:image

フィンを見せると、じゃれるようにフィンに甘噛みします。可愛すぎる。

 

ヘノベサ島

f:id:fullofwanderlust:20201031200707j:image

とても小さな無人島ですが、たくさんの珍しい鳥たちを見ることができます。

美しいビーチがあり、人懐こいアシカと泳ぐこともできますよ。

f:id:fullofwanderlust:20201031192413j:image

ナスカ・カツオドリ。道しるべになっています。

f:id:fullofwanderlust:20201031192525j:image

珍しいガラパゴス・コミミズク。足がふわふわで猫みたい。

f:id:fullofwanderlust:20201031192536j:image

こちらはアカアシ・カツオドリ。足ヒレがあるのに、木に止まることができます。

f:id:fullofwanderlust:20201031192551j:image

立派なグンカンドリ。喉が赤いのは雄。

f:id:fullofwanderlust:20201031192603j:image

ナスカ・カツオドリの親子。

f:id:fullofwanderlust:20201031192643j:image

ナスカ・カツオドリは卵を2つ生みます。先に生まれたヒナは、後から生まれたヒナを徹底的に虐めて、最後は殺してしまいます。

親はそれをそばで見ているだけ。そもそも親は、1羽しか育てないのです。

ダーウィン・ベイ・ビーチ

シュノーケリングを楽しめる、ヘノベサ島の綺麗なビーチです。

f:id:fullofwanderlust:20201031192701j:image

この時は泳がずにビーチでのんびりしていたのですが、泳いだ人たちは、大きな魚をたくさん見たと言っていました。

f:id:fullofwanderlust:20201031192713j:image

アシカが波打ち際でごろごろ。とても気持ちよさそうです。

f:id:fullofwanderlust:20201031192731j:image

こんなにたくさんの鳥が見られたのは、この島だけ。有人島から遠く、クルーズに参加しないと行くのが難しいのが難点。

 

サンタ・クルス島

f:id:fullofwanderlust:20201031200829j:image

ガラパゴス諸島最大の街があり、ホテルやレストランが充実しています。

向かいのバルトラ島にはガラパゴス最大の空港があるので、アクセスも抜群。 ガラパゴス諸島にきたら、とりあえずこの島に行くという旅行者がほとんど。

便利な島ですが、他の島に比べて自然との距離が遠く、自力で簡単に行ける観光スポットは少なめ。

トゥルーガ・ベイ・ビーチ

ナチュラリスト無しで行ける美しいビーチです。

f:id:fullofwanderlust:20201031192856j:image

街中からビーチまでは、徒歩で1時間ほどかかります。

まずはビーチへと続く遊歩道の入り口へ。
入り口に着いたら、事務所兼売店みたいな小屋で名前と時間を書いて出発です。5時までには再びここに戻ってこないと、門が閉められてしまいます。

入り口からビーチまでは、片道40分ほど。汗だくで、サボテンの生い茂る道を歩きました。

この景色が見えればもうビーチ目前。

f:id:fullofwanderlust:20201031192923j:image

延々と続く海岸線のあちらこちらに、たくさんの海イグアナがいます。

f:id:fullofwanderlust:20201031193155j:image

逃げないけれど、あからさまに人を嫌がってる感じ。いつもたくさんの人に囲まれいるので、警戒心が高め。

ビーチの奥には、波の静かな入江があり、たくさんの人が泳いでいました。

f:id:fullofwanderlust:20201031193229j:image

エル・チャト

野生のゾウガメがやってくる保護区です。林の中を、ゾウガメが自由に行き来しています。

f:id:fullofwanderlust:20201031193321j:image

でかい。戦車みたい。寝息もしっかり聞こえました。

f:id:fullofwanderlust:20201031193402j:image

人間が島を発見したことによって、特に被害を受けたのはゾウガメでした。

昔はどこにでもいたらしいのですが、食用として大量に捕ってしまったため、今では観光客が野生のゾウガメを見ることはほとんどできません。

その後ヤギの増殖により、更に数を減らしてしまい、既に5種が絶滅しています。

f:id:fullofwanderlust:20201031193347j:image

ここには溶岩で出来たトンネルがあり、歩いて中を通ることもできました。

チャールズ・ダーウィン研究所

ゾウガメの保護施設です。様々な島のゾウガメがここで繁殖されています。

f:id:fullofwanderlust:20201031193442j:image

ゾウガメは、流れ着いた島に合わせて進化していきました。甲羅の形を見れば、どの島出身のゾウガメだかわかるそう。

このゾウガメは、背の高いサボテンばかりの島から連れてこられました。エル・チャトのゾウガメに比べて首が長く、甲羅の形も首が伸ばしやすいように変形しています。

f:id:fullofwanderlust:20201031193527j:image

プエルト・アヨラ

ガラパゴス最大の街、プエルト・アヨラ。グアムには行ったことありませんが、多分グアムぐらい治安が良いと思います。

f:id:fullofwanderlust:20201031193620j:image

最初に宿泊したのはホテル・フェルナンディナ。

f:id:fullofwanderlust:20201031193648j:image

f:id:fullofwanderlust:20201031193713j:image

2度目に泊まったのはHotel Silberstein。

f:id:fullofwanderlust:20201031193737j:image

f:id:fullofwanderlust:20201031193842j:image

2つのホテルの設備はほぼ同じ。どちらとも清潔で、人が親切で良いホテルでした。

レストランはシーフード尽くし。嬉しい。

f:id:fullofwanderlust:20201031193913j:image

 

バルトラ島

ガラパゴス最大の空港がある島です。

f:id:fullofwanderlust:20201031194333j:image

入島料100ドルを払うと、ゾウガメとハンマーヘッドのスタンプを押してもらえます。可愛い可愛い。

f:id:fullofwanderlust:20201031194407j:image

荷物を受け取り到着ロビーに出ると、たくさんのガイド達が観光客を出迎えています。

バルトラ空港に着いたら、まずはガイドと共に港までバスで移動します。

バスの往復券は20ドル。

港についたら、それぞれの目的地へ。クルーズ船に乗り込むか、ボートに乗って隣のサンタ・クルス島へ向かいます。

f:id:fullofwanderlust:20201031194521j:image

バルトラ空港の出発ロビーには、ギフトショップやプライオリティ・パスで入れるラウンジもありました。

f:id:fullofwanderlust:20201031200259j:image

 

おすすめガイドブック

ガラパゴス諸島について載っている日本語のガイドブックは、ほとんどありません。

そんな中でも比較的役立ったのが 「地球の歩き方 エクアドル」 と、「ガラパゴス諸島完全ガイド」。

地球の歩き方 エクアドル」は、エクアドルの基本情報や注意事項、街や観光地について載っている数少ないガイドブックです。エクアドルの他にペルーなども載ってます。

ガラパゴス諸島に関することなら、同じく地球の歩き方シリーズ、Gem stoneの「ガラパゴス諸島 完全ガイド」がおすすめ。ガラパゴス諸島の観光で知っておくべきことをだいたい把握でいます。

 

ガラパゴスの歴史

ペンギンは南極からやって来た

ガラパゴスの動物は、そのほとんどがガラパゴスにしかいない固有種です。

もともとは別の場所に住んでいましたが、海に流されガラパゴスに辿り着き、独自に進化しました。

f:id:fullofwanderlust:20201107224529j:image

アシカは北アメリカから、イグアナは南アメリカから、ペンギンやオットセイは南極からやってきました。

「私は地獄に来てしまったようだ」

ガラパゴス諸島を初めて発見した人は、16世紀のパナマ司教。南米大陸を目指す途中で潮に流され、ガラパゴスに漂流してしまいます。

あまりにも荒涼とした光景や、見たこともない巨大な爬虫類を目にして、私は地獄へ来てしまったようだ、と思ったそう。

f:id:fullofwanderlust:20201102174923j:image

飢えと渇きで船員が死んでいく中、この司教はサボテンを食べて何とか生き延び、無事に帰国しました。

それから人々の間で、海のむこうには本物の地獄がある、と噂されるようになり、地図にもガラパゴス諸島が描かれるようになります。

ダーウィンは26歳だった

白髪と長い髭の姿で有名なダーウィンですが、ガラパゴスを訪れたのは26歳の時。

イギリスの測量船ビーグル号に同乗し、5年かけてアメリカ大陸を巡りながら、そこで見た野生動物、先住民、開拓地の様子や出来事を記録しています。

ダーウィンがガラパゴスを訪れたのは、人生でこの1度だけ。

f:id:fullofwanderlust:20201102161431j:image

イギリスへ帰国後、ガラパゴスで見た物や聞いた話などを基に、最終的には進化論を導き出します。

 

ガラパゴス諸島の行き方

ガラパゴス諸島があるのは、南米エクアドル。本土から900km離れた場所にあります。

日本からガラパゴスへの直行便はなく、アメリカとエクアドル本土を経由して行きます。

f:id:fullofwanderlust:20201031194735j:image

ユナイテッド航空ならヒューストン、デルタ航空ならアトランタで乗り継ぎし、まずはエクアドルの首都キトに向かいます。

成田からアメリカまでは12時間ほど、アメリカからキトまでは5時間ほどかかります。乗継時間も合わせると、成田からキトまでは片道20時間以上。

航空券は、往復20〜30万円くらいです。アメリカで乗り継ぎをする場合はESTAの申請が必要なので、忘れずに。

キトからは、国内線でガラパゴス諸島へ向かいます。ガラパゴスの空港は2か所。バルトラ島とサン・クリストバル島にあります。

f:id:fullofwanderlust:20201031194836j:image

キトからガラパゴス諸島までの国内線は、アビアンカ・エクアドル(旧Aero Gal)やTame航空などが運行しています。

f:id:fullofwanderlust:20201031195531j:image

実際の旅では、ユナイテッド航空を利用しました。

ヒューストン空港では、入国審査に機械が導入されていて、混雑なくスムーズ。飲食店や免税店がそれなりに充実しているので、時間潰しできました。

f:id:fullofwanderlust:20201031195222j:image

エクアドルのキト空港にはフライデーズがありました。隣には空港直結のショッピングビルもありました。

f:id:fullofwanderlust:20201031195256j:image

帰国時、キト空港での待ち時間が長いなら、ラウンジ利用がおすすめ。食事が充実してますし、何よりシャワーが使えます。

f:id:fullofwanderlust:20201031195318j:image

3500円くらい払えば誰でも利用できます。プライオリティパスなら無料。

キト空港では帰国時、なぜか毎回別室送りになります。あやうく予定の飛行機乗り逃しそうになりました。本当に困る。

国内線アビアンカ・エクアドルのキャビン・クルー。真っ赤なスーツがかっこ良い。

f:id:fullofwanderlust:20201031195455j:image

アビアンカもTameも、機内サービスや機内食はほぼ同じでした。

アビアンカ・エクアドル(旧Aero Gal)の飛行機。イグアナマークが可愛い。

f:id:fullofwanderlust:20201031195618j:image

どちらの航空会社も、短いフライトながらドリンクとラップサンドの提供がありました。

f:id:fullofwanderlust:20201031195645j:image

 

お土産

ガラパゴスの空港や街中のギフトショップには、ガラパゴスに住む動物モチーフの可愛い雑貨がたくさん売ってます。

自分用に可愛いアクセサリーや雑貨、本を買って帰りました。

エクアドルはカカオの産地です。親しい人や家族へは、エクアドル産のチョコレートがおすすめ。

f:id:fullofwanderlust:20180813231706j:image

República del Cacaoは、空港やPlaza Fochにあるチョコレート専門店です。ドライフルーツをチョコレートでコーティングしたシリーズが美味しかったです。値段はかなり高め。

f:id:fullofwanderlust:20180813231249j:image

Pacariは、空港やお土産屋さんでよく売っているチョコレートです。エクアドルに行ったらいつもこれを買って帰っていたのですが、最近日本のデパ地下でも売っていてびっくりしました。値段はそこそこ高め。

エクアドルには、小分けで大量に入っていてそこそこ美味しい、お土産がほとんどありません。ばら撒き用のお菓子を買うなら、アメリカ乗継の際に、免税店で何か購入した方が喜ばれそうです。

こんな記事も読まれています

【ガラパゴス観光】どっちが良い?クルーズとアイランドホッピングを両方体験して感じたメリット・デメリット

【エクアドル】街が丸ごと世界遺産!首都キトの観光地とツーリストバスの乗り方を紹介

【エクアドル】イグアナが暮らす街!エクアドル最大都市グアヤキルを観光