世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

【香港】クレジットカードも使える!オクトパスの買い方とエアポートエクスプレスの乗り方【2019年版】

f:id:fullofwanderlust:20190430131051j:image

香港の国際空港に到着したら、まず最初に乗るのがエアポートエクスプレス。空港直結の鉄道である。これに乗れば、観光の主要駅「九龍」や「香港」に簡単に行くことができる。エアポートエクスプレスの乗り方や、チケット「オクトパス」の買い方を解説する。

 

エアポートエクスプレスとは

エアポートエクスプレスは、国際空港と香港の主要都市を繋ぐ地下鉄である。止まる駅は、青衣、九龍、香港など。各駅からは地下鉄MTRに乗り換えることができる。こちらがMTRの路線図。緑のラインがエアポートエクスプレスだ。

f:id:fullofwanderlust:20190429174804j:image

所要時間は、空港から終点「香港」駅まで25分ほど。朝6時頃から深夜過ぎまで、10分に一本くらいの間隔で運行している。

観光に必須!オクトパス

オクトパスとは、エアポートエクスプレスやMTRの乗車券として使えるスイカのようなプリペイドカードだ。鉄道だけでなくバスやフェリー、コンビニなどでも使える。エアポートエクスプレスやMTRでの乗り換えをスムーズに行うための、旅行者にとって必須のカードだ。値段はHK$200。そのうち50ドルはデポジットだが、帰国時にカードを返還すると残高と一緒に払い戻しされた。

オクトパスの買い方

オクトパスの買い方は主に3つ。

1. 空港のカウンターで買う

2. 空港の自動券売機で買う

3. 降車駅で買う

カウンターのある場所は到着ロビー。星印の場所がそれ。全部で2箇所ある。

f:id:fullofwanderlust:20190430122055j:image

目立つ場所にあるので、探せばすぐに見つかる。

f:id:fullofwanderlust:20190430122226j:image

ここに並べば購入できるが、あまりの行列に並ぶ気が失せた。ちなみにカウンターでは、オクトパスの購入にはクレジットカードが使えなかったという情報や口コミをよく見かける。実際にここでは買わなかったので、真相は不明。

今回利用したのは、カウンターの奥にある自動券売機。支払いに現金は使えないが、クレジットカードが使える。使い方は簡単で、並ばずに買うことができた。右隣にあるのは、オクトパスのチャージに使う券売機。

f:id:fullofwanderlust:20190430122245j:image

まずは購入したいチケットをタッチ。

f:id:fullofwanderlust:20190430122359j:image

支払い方法を選択する。クレジットカードなら1番上のボタン。
f:id:fullofwanderlust:20190430122356j:image

支払いに進む。右横の端末で自分で操作する。操作方法は、カードを差し込むなりスライドなりして読み取らせ、暗証番号(PIN)4桁を入力し、緑の確定ボタンを押すだけ。
f:id:fullofwanderlust:20190430122349j:image
f:id:fullofwanderlust:20190430122403j:image

支払いが完了すると、箱に入ったカードが出てくる。

f:id:fullofwanderlust:20190430122837j:image

ちなみに、チケットを購入せずに、とりあえずエアポートエクスプレスに乗り、降りた駅で購入するという手もある。チケットカウンターの看板に、そのような趣旨の説明が載っていた。
f:id:fullofwanderlust:20190430122353j:image

エアポートエクスプレスには改札がないので、空港からそのまま乗り込むことが可能。チケットカウンターの行列を避けたければ、とりあえず乗って、降りた駅の窓口で購入するという手もあるようだ。

エアポートエクスプレスの乗り方

乗り口は、カウンターや券売機の奥にある通路をまっすぐに進んだ突き当たりにある。改札は無く、そのまま乗り口に直結している。

f:id:fullofwanderlust:20190430124032j:image
f:id:fullofwanderlust:20190430124042j:image

電車が来たら乗る。入り口にはスーツケース置き場がある。
f:id:fullofwanderlust:20190430124025j:image

座席はこんな感じ。
f:id:fullofwanderlust:20190430124038j:image

充電もできる。
f:id:fullofwanderlust:20190430124028j:image

途中、窓からの景色を楽しむことができる。

f:id:fullofwanderlust:20190430124658j:image
f:id:fullofwanderlust:20190430124655j:image

目的の駅で降りたら、さっそく購入したオクトパスをかざし、改札を出る。
f:id:fullofwanderlust:20190430124035j:image

地下鉄MTRへ乗り換える場合は、改札を出て案内板に従って歩いていけば、MTRの改札が見つかる。

f:id:fullofwanderlust:20190430124520j:image

チャージした額は払い戻しできる!

帰国時に、不要となったオクトパスカードを窓口で返還すると、残高やデポジット分を払い戻してもらうことができる。窓口で「refund(リファンド)したい」と言えばやってくれる。ただし手数料として、HK$9引かれる。

帰り際、エアポートエクスプレスで空港に向かい、降りたホームにあったMTRのギフトショップでカードを返還し、払い戻ししてもらった。空港のカウンターには頻繁に行列ができているので、返還だけならこちらの方が便利だ。

f:id:fullofwanderlust:20190430124628j:image

おわりに

到着ロビーには両替所やコンビニ、薬局、レストランがある。到着してすぐ両替したり、水を購入できて便利だった。
f:id:fullofwanderlust:20190430124625j:image
f:id:fullofwanderlust:20190430124631j:image