【ドバイ】運河が流れる絶景リゾート「マディナ・ジュメイラ」滞在記②|プールとプライベート・ビーチを散策

f:id:fullofwanderlust:20200704153420j:image

ドバイの超巨大高級リゾート「マディナ・ジュメイラ 」。

敷地内にはホテル、モール、巨大なプール、美しいプライベートビーチがあり、贅沢な気分を味わうにはぴったりな場所です。

マディナ・ジュメイラでの朝食、モール、プールやプライベートビーチを紹介します。

 

アル・カスルで朝食

マディナ・ジュメイラ宿泊者は、敷地内の好きなホテルで朝食をとることができます。せっかくなので、隣のホテル「アル・カスル」に行ってみることにしました。

アル・カスルまでは、アブラを使って移動します。朝から良い景色。

f:id:fullofwanderlust:20200704155429j:image

船着場に到着しました。

f:id:fullofwanderlust:20200704155705j:image

アル・カスルのレストラン。部屋の柱がヤシの木の形になっていて、とってもおしゃれです。

f:id:fullofwanderlust:20200704155803j:image

朝食はビュフェスタイル。メニューはどのホテルで取ってもほぼ同じ内容だそう。

f:id:fullofwanderlust:20200704155728j:image

味や品数のクオリティは、他のドバイの高級ホテルと同程度です。

食後はアル・カスルを少し散策してみました。

f:id:fullofwanderlust:20200704155838j:image

f:id:fullofwanderlust:20200704171505j:image

エントランスも豪華絢爛。

f:id:fullofwanderlust:20200704171529j:image

スーパーカーがずらり。

f:id:fullofwanderlust:20200704155933j:image

 

アル・カスルのプール

マディナ・ジュメイラでは、敷地内のどれか1つのホテルに宿泊していれば、他のホテルのプールを利用することもできます。

ミナ・アッサラームのプールはせまいので、1番広いアル・カスルのプールに行くことにしました。

アブラでアル・カスルの船着き場に行き、ホテルには入らず、そのまま運河にかかる橋を渡れば到着。

f:id:fullofwanderlust:20200704160041j:image

ものすごく広いです。

f:id:fullofwanderlust:20200704160142j:image

ビーチタオル、ビーチチェア、パラソルは無料で利用できます。ビーチタオルはその辺に積んであるのを借りるか、ホテルの人に頼めば持ってきてくれました。

プールサイドにはバーもあります。支払いは部屋に付けてもらえるので、お金を持ち歩く必要がなくて便利。

f:id:fullofwanderlust:20200704160212j:image
訪れたのは2月。年中暑いドバイとはいえ、プールに入るには少し寒いくらいです。泳いでるのは元気な子供くらいで、ほとんどの人がプールサイドでくつろいでました。

子供に混じって泳いでみました。とても広くて、思いきり遊べます。

 

プライベート・ビーチ

マディナ・ジュメイラには、敷地に沿って2kmも続く美しいプライベートビーチがあります。プールから出た後は、アル・カスルからミナ・アッサラームまでビーチを歩いてみることにしました。

ビーチでは、ビーチタオル、ビーチチェア、パラソルを無料で借りる事ができます。

f:id:fullofwanderlust:20200704160348j:image
この桟橋の先にあるのは、マディナ・ジュメイラの最高級レストランPierchic。

f:id:fullofwanderlust:20200704160415j:image
2月の海はとても冷たく、泳いでいる人は誰もいません。

ダル・アル・マシャフのヴィラの前にやって来ました。

f:id:fullofwanderlust:20200704160447j:image
向こうには、ドバイの最高級ホテルとして名高いブルジュ・アル・アラブが見えます。

f:id:fullofwanderlust:20200704160317j:image

ミナ・アッサラーム前に到着。そこそこ距離がありますが、良い散歩になりました。

f:id:fullofwanderlust:20200704160523j:image

 

スーク・マディナ・ジュメイラ

マディナ・ジュメイラには、スーク・マディナ・ジュメイラというモールがあります。スークという名前ですが、実態はスーク風のモール。

f:id:fullofwanderlust:20200704160605j:image

宿泊者だけでなく一般観光客も利用できます。

モールとしてはドバイモールの方が充実していますが、雰囲気が良いので観光やレストラン目的ならおすすめ。

f:id:fullofwanderlust:20200704160622j:image

ランチに利用したのは、イタリアン・レストランTrattoria Toscana。マディナ・ジュメイラのレストランの中では比較的リーズナブル。

運河沿いにあるので雰囲気も良し。お料理も美味しくて、おすすめ。

f:id:fullofwanderlust:20200704160719j:image

f:id:fullofwanderlust:20200704160716j:image

ホテルからスークへは、アブラだけでなく渡り廊下を歩いて行くこともできます。スークからホテルに戻る時は、通路の入り口で宿泊者かどうかの確認をされました。

f:id:fullofwanderlust:20200704160747j:image

 

日帰りデザート・サファリ

夕方は、予約していたデザート・サファリ(砂漠ツアー)に出かけました。ホテルで予約したものではなく、ネットで見つけた格安ツアーです。

日没時間の少し前に、砂漠に到着。

f:id:fullofwanderlust:20200704171647j:image

砂漠を四駆を走るのが人気ですが、酔いそうなのでパス。

かわりに砂漠を散策しました。ドバイの街から少し離れただけで、こんな景色が広がっていることに驚きます。

f:id:fullofwanderlust:20200704171720j:image

夕日が美しい。

f:id:fullofwanderlust:20200704171811j:image

ラクダ。近くを行ったり来たりするだけですが、無料で乗れます。

f:id:fullofwanderlust:20200704171738j:image

ラクダは後ろ足から立ち上がるので、前のめりになって結構怖いです。

日没後はテントでビュッフェ。味はまぁまぁ。1人2500円くらいのツアーなので、そんなもんでしょう。

f:id:fullofwanderlust:20200704171823j:image

その後は、食事をしながらベリーダンスやくるくる回るおじさんを観て、適当な時間にお開き。

ショーやご飯の質は値段相応でしたが、格安で砂漠体験ができたので概ね満足。

もっとラグジュアリーな体験がしたければ、

砂漠の中の高級レストラン「アル・ハディーラ」で、ワンランク上のデザート・サファリをやっているので、そちらに行くと良いかもしれません。

 

明日は、海に浮かぶ人工島パーム・ジュメイラにある高級ホテル「アトランティス・ザ・パーム」で、ダイビングをします。 

こんな記事も読まれています