世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

ドバイのマディナジュメイラに泊まった!行き方、スーク、感想など【旅行記】

f:id:fullofwanderlust:20190225072713j:image

「マディナ・ジュメイラ」はドバイの超巨大高級リゾートだ。敷地内にはスーク、複数のホテル、美しいプライベートビーチがあり、ちょっと贅沢な気分を味わうにはぴったりな場所だ。実際に泊まってきたので、マディナ・ジュメイラの行き方、滞在したホテルやリゾート内での過ごし方を紹介する。

 

マディナ・ジュメイラとは

マディナ・ジュメイラはモール、複数のホテル、プール、ビーチ、スパで構成された超巨大高級リゾート。敷地内には運河が流れ、昔のアラビアの街並みが再現されている。

一般の観光客が立ち入りできるのはモールのみ。ホテル宿泊者は、スークだけでなくプール、ビーチにも行ける。また、運河を走る無料の渡し舟「アブラ」に乗って、敷地内を自由に移動できる。

f:id:fullofwanderlust:20170404213114j:plain

アブラからの景色はとても美しく、7つ星ホテルと称されるブルジュ・アル・アラブを見ることもできた。

行き方

ドバイメトロ「モール・オブ・ジ・エミレーツ」駅→タクシー(10分)→マディナ・ジュメイラ着

マディナ・ジュメイラの最寄駅はドバイメトロのレッド・ライン上にある駅モール・オブ・ジ・エミレーツ。最寄駅からマディナ・ジュメイラまでは歩いて行ける距離ではない。なのでタクシーを利用する。

マディナ・ジュメイラ内のスークや各ホテルのエントランスは、それぞれ全く別の場所にある。スークに行きたいなら「スーク・マディナ・ジュメイラ」と、ホテルに行きたいなら各ホテルの名前をタクシーに伝えて、目的地のエントランスまで行ってもらうと良い。

ホテルは4つ

マディナ・ジュメイラ内にはホテルが4つある。順に紹介していく。

アル・ナシーム

マディナ・ジュメイラの中で最も新しいホテルがアル・ナシーム。2016年末に完成したモダンでスタイリッシュな大人向けのリゾートホテルだ。

f:id:fullofwanderlust:20190211204808j:imageLuxury Dubai Resorts - Madinat Jumeirah Hotels | Jumeirah

宿泊費は4つの中で1番高い。訪れた時は完成の半年前で、まだ建設真っ最中だった。

アル・カスル

アル・カスルは、アラビアらしさと豪華絢爛なリゾートホテル。宿泊費はアル・ナシームとほぼ同じくらい。

f:id:fullofwanderlust:20190225072954j:image

ホテルのエントランスにはスーパーカーがずらり。

f:id:fullofwanderlust:20170404211713j:plain

ダル・アル・マシャフ

f:id:fullofwanderlust:20190225072938j:image

ダル・アル・マシャフはヴィラタイプ。部屋が一棟ごとに分かれいるので、プライベート感がある。専属のバトラーまで付くという至れり尽くせりっぷりだが、宿泊費は意外とアル・カスルより安かったりする。

ミナ・アッサラーム

今回宿泊したのは、ミナ・アッサラーム。4つの中では宿泊費が比較的安い大型ホテルだ。

f:id:fullofwanderlust:20190212212505j:image

訪れた時はバレンタインで、ロビーには花びらが敷き詰められていた。

f:id:fullofwanderlust:20171230003514j:image

お部屋はこんな感じ。おしゃれな造りだが、1番古いホテルというだけあって少々年季を感じた。ミナ・アッサラームは、マディナ・ジュメイラの中では一番古い。

f:id:fullofwanderlust:20170403201317j:plain

バスルーム。窓ががないので少し閉塞感がある。バスタブがあるのは嬉しい。

f:id:fullofwanderlust:20190225074215j:image

f:id:fullofwanderlust:20190225074227j:image

部屋からの眺めは素晴らしい。運河とアブラ、その向こうには海とパーム・ジュメイラの一部を見る事ができた。

f:id:fullofwanderlust:20190225072713j:image

f:id:fullofwanderlust:20170403202458j:plain

部屋の窓から見た夜景。現実とは思えないほどの美しさだった。

f:id:fullofwanderlust:20190211193959j:image

プール

マディナ・ジュメイラでは、敷地内のどれか1つのホテルに宿泊していれば、敷地内を自由に移動できる。他のホテルのプールを利用することも可能。

1番広いアル・カスルのプールに行ってみた。アル・カスルの船着き場に着いたら、ホテルには入らずに、運河にかかる橋を渡るとプールに到着する。

f:id:fullofwanderlust:20170404212249j:plain

アル・カスルのプールはものすごく広い。

f:id:fullofwanderlust:20190210120601j:image

ビーチタオル、ビーチチェア、パラソルは無料で利用できる。ビーチタオルはその辺に積んであるのを持ってくるか、ホテルの人に頼めば貰える。

プールサイドにはバーもある。支払いは部屋に付けてもらえるので、お金を持ち歩く必要はない。

プライベート・ビーチ

ドバイは砂漠のイメージが強いが、実はビーチリゾートとしても充実している。

マディナ・ジュメイラには、敷地に沿って2kmも続く美しいプライベートビーチがある。ビーチでは、ビーチタオル、ビーチチェア、パラソルを無料で借りる事ができる。

f:id:fullofwanderlust:20170404213304j:plain

アル・カスル前のビーチからミナ・アッサラームまでビーチを歩いてみた。

この桟橋の先には、マディナ・ジュメイラの最高級レストラン Pierchic がある。

f:id:fullofwanderlust:20170404213040j:plain

2月の海はとても冷たく、泳いでいる人は誰もいない。

海沿いをミナ・ア・サラムに向かって歩いていくと、ドバイの最高級ホテルとして名高いブルジュ・アル・アラブが見える。

f:id:fullofwanderlust:20180423083817j:image

朝食

宿泊者は、敷地内の好きなホテルで朝食をとることができる。朝食の内容はどのホテルもほぼ同じ。ビュフェ式で、味や品数のクオリティはドバイの他の高級ホテルとたいして変わらない。

今回は、アル・カスルで朝食をとった。部屋の柱がヤシの木という、なんともおしゃれなレストランだった。

f:id:fullofwanderlust:20190225072811j:image

スーク・マディナ・ジュメイラ

f:id:fullofwanderlust:20170404214336j:plain

マディナ・ジュメイラには「スーク・マディナ・ジュメイラ」というモールがある。スークという名前だが、実態はスーク風のモールだ。宿泊者だけでなく一般観光客も利用できる。モールとしては正直微妙だが、観光やレストラン目的なら雰囲気が良いのでおすすめ。

マディナジュメイラ内のレストランはどれもかなり高い。比較的安くて便利なのが、モールにあるイタリアンレストラン「Trattoria Toscana」と、アジアンレストラン「THe noodle house」。どちらも美味しくて、店の雰囲気も良い。モールには、スターバックスとシナボンもあった。

f:id:fullofwanderlust:20190225072747j:image

ホテルからスークへは、アブラに乗るか渡り廊下を歩いて行くことができる。スークからホテルに戻る時は、宿泊者かどうかの確認がある。アブラに乗る時は部屋番号と名前を聞かれ、渡り廊下を使って戻る時にはルームキーを見せるよう言われた。

ワイルド・ワディ・ウォーターパーク

f:id:fullofwanderlust:20170403203849j:plain

マディナ・ジュメイラの隣には、「ワイルド・ワディ」というウォーターパークがある。日本にはない新感覚のウォータースライダーがたくさんあり、大人でも充分楽しめる。

f:id:fullofwanderlust:20170323215351j:plain

通常、ワイルド・ワディの入場料は320AED(約1万円)もするが、ジュメイラ系列ホテルの宿泊者なら無料。もちろんマディナ・ジュメイラ内の4ホテルも対象だ。

ただしロッカーは有料で40AED(約1300円)もする。マディナ・ジュメイラ宿泊者なら、ロッカー代も部屋につけてくれる。

マディナ・ジュメイラからワイルド・ワディへは、無料のバギーで送迎してくれる。バギー乗り場はビーチ沿いの一本道にある。乗り場で待っていると、バギーが来て乗せてくれる。

おわりに

今回宿泊したのはミナ・アッサラーム。おしゃれなホテルだが、そこそこ年季を感じた。4つのホテルの中では1番安いとはいえ、それなりに高い。ホテルだけで言えば、同程度の値段でもっと新しくて快適でサービスの良いホテルがたくさんある。

それでもわざわざミナ・アッサラームに泊まるメリットは、マディナ・ジュメイラという高級リゾートに比較的安く滞在できること。ただ、何というかちょっと中途半端な感じになってしまう。マディナ・ジュメイラは、他の観光地へのアクセスがあまり良くない。せっかくマディナ・ジュメイラで長い時間過ごすなら、その他3つのホテルを選んだ方が圧倒的に満足度が高いだろうし、そうでないなら同程度の値段で全然別のホテルに滞在した方が良かったかもしれない。