チーターのハンティングを目撃!アフリカの森でグランピング|タンザニアでサファリ③

f:id:fullofwanderlust:20200606182821j:image

出産シーズンを迎えたヌーの大群が訪れるンドゥトゥ(Ndutu)。運良く数週間前に雨が降り、最高のタイミングで訪れます。

 

ンゴロンゴロの朝

泊まっているのはンゴロンゴロ・クレーターのロッジ。
朝から霧が深くて、今日も窓からクレーターを見渡す事は出来ません。

f:id:fullofwanderlust:20190109175228j:image

朝食の後は、ンゴロンゴロ・クレーターの西にあるンドゥトゥに向けて出発です。

2月から3月上旬は、ヌーの出産シーズン。ンドゥトゥは、出産シーズンを迎えたヌーたちが訪れる場所です。

ヌーの移動は雨に左右されるため、訪れるタイミングが難しく、当たり外れの激しいエリアでもあります。運が良ければ、たくさんのヌーの赤ちゃんを観られるかもしれません。

 

ヌーの大群に遭遇

雨の中を走ると、背の高い木ばかりが生える森のような場所にやってきました。

突然木々の間から、ヌーの群れが飛び出してきました。

f:id:fullofwanderlust:20200606181717j:image

全速力で駆け抜けていきます。まだ生まれてまもない赤ちゃんも、必死に群れについて走ります。

静かに草を食べるキリン。

f:id:fullofwanderlust:20200606181730j:image
しばらくすると、後から来たサファリカーの音に驚いて逃げていってしまいました。体型の割に、足が速くてびっくり。

森を抜けると平原に出ました。

どこまでも続く大地に、見渡す限りのヌー。雨が降って嬉しいのか、生き生きとしています。

f:id:fullofwanderlust:20190102011839j:image

エランド。ヌーよりひとまわり大きな生き物。

f:id:fullofwanderlust:20190102011856j:image

雨の中、大股で歩く大きな鳥を発見。ヘビクイワシです。

f:id:fullofwanderlust:20190102011916j:image
草むらに、ジャッカルがいました。見た目も仕草もまるで犬のよう。可愛い。

f:id:fullofwanderlust:20190102012139j:image

森を抜けて、開けた場所にやってきました。

f:id:fullofwanderlust:20200606183018j:image

サファリカーのそばにゾウがいます。

f:id:fullofwanderlust:20200606181754j:image

こちらは親子。子ゾウのつぶらな瞳がたまりません。

f:id:fullofwanderlust:20190102012230j:image

広場に1匹、眠そうなライオンがいました。この雄ライオンに仲間はいるのでしょうか。

f:id:fullofwanderlust:20190102012259j:image

突然、丘の向こうからヌーの大群が全速力でやってきました。

f:id:fullofwanderlust:20190102012344j:image

体の大きな大人達が、親子を内側に隠そうと前に出てきます。
サファリカーも集まってきました。

f:id:fullofwanderlust:20190102012419j:image
すぐ側の丘では、ハゲワシとハゲコウがお食事中。ヌーの死骸から内臓を引っ張り出して、奪い合いをしていました。

私達も、別の丘でランチタイムにしました。

f:id:fullofwanderlust:20200606183033j:image

 

チーターのハンティングを目撃

午後。サファカーの集まる場所にやってきました。

チーターが3匹います!

f:id:fullofwanderlust:20190102012458j:image

後方を、ゆっくりとヌーの群れが移動しています。

f:id:fullofwanderlust:20190102012511j:image
しばらくすると、1頭が立ち上がり、静かに歩き始めました。

ハンティングでしょうか。

距離をゆっくり縮めたところで、突然ヌーに向かって走り出しました。チーターに気づいたヌーも、一斉に走り出します。
残りの2頭も飛び出しました。どうやら挟み撃ちにする作戦のよう。
地上の大騒ぎを聞きつけたハゲワシとハゲコウが、上空で弧を描きながら成り行きを伺っています。

大人のヌーを捕らえました。

f:id:fullofwanderlust:20200606181823j:image

捕まったヌーは鳴きながら頭を上げて、それから静かになりました。

ヌーたちは、少し距離を置いた場所から一部始終をじっと見ていましたが、しばらくすると何事もなかったかのように、再び草を食べ始めました。

チーターは、食事の時も素晴らしいチームワーク。

f:id:fullofwanderlust:20200606181855j:image

1匹が食べている間に、別の1匹がすぐ側で見張りをし、残りの1匹はかなり遠くで見張りをしています。しばらくすると、順にポジションを交代していました。

本来チーターは単独でハンティングをしますが、親から独立したばかりの若いチーターたちは、しばらく一緒に狩をする事もあるそう。

f:id:fullofwanderlust:20190102012646j:image

ハンティングは一瞬の出来事かと思いきや、動き始めてから捕まるまでに5分、捕まえてから食べ始めるまでに1時間もかかりました。

そもそもアフリカに行けばハンティングなど簡単に見られると思っていたのですが、実際のところ、肉食獣に遭遇することすら難しいです。

ドキュメンタリー番組は、時間と手間と忍耐と運の結晶なんでしょうね。

チーターの食事を観た後は、今日の宿泊地に向かいます。

とても小さなキツネの集団がいます。

f:id:fullofwanderlust:20190102012719j:image

オオミミギツネです。好物はアリ。正面から見ると結構渋い顔をしています。

f:id:fullofwanderlust:20190102012739j:image
再びサファリカーの集まるところにやってきました。どうやらまた別のチーターです。

f:id:fullofwanderlust:20200606182015j:image

2匹はとても仲良し。くっついてじゃれあっていました。

既にハンティングを観る事が出来て大満足なので、そこそこで切り上げてロッジに向かう事にしました。

f:id:fullofwanderlust:20190102012842j:image

 

アフリカの夜の森でグランピング

今日の宿は、チャカ・キャンプ(Chaka Camp)

f:id:fullofwanderlust:20200606182046j:image
テントといっても、トイレもシャワーもベッドもテント内に設置されています。
バスタオルやフェイスタオルも完備されているし、世界中のプラグに対応したコンセントもありました。

f:id:fullofwanderlust:20200606182124j:image
Wi-Fiもありますが、ンゴロンゴロに比べてかなり遅く、あまり使えません。

涼しい森の中で、まるでキャンプに来たみたい。
テントの前の椅子に座り、今日撮った写真を整理していると、ヌーの群れがやって来ました。

f:id:fullofwanderlust:20200606182145j:image
車の中からでなく直に動物に会えるなんて、なんだか嬉しい。

そのまま静かに座っていると、続いて隣のテントの周りにインパラの群れがやって来ました。

f:id:fullofwanderlust:20200606182203j:image

テントの前の木が折れているのは数日前、ここに象の群れがやってきて、木を倒してしまったのだとか。

f:id:fullofwanderlust:20200606182322j:image

日が暮れて来ました。

f:id:fullofwanderlust:20200606182353j:image

夕日が最高に美しいです。

f:id:fullofwanderlust:20200606182357j:image

夜はンゴロンゴロより寒く、かなり冷え込みます。ベッドの中には湯たんぽが用意されていました。

真夜中、テントの外からは鳥の声、虫の声、ヌーの声が聞こえてきました。

この旅で1番質素な宿でしたが、1番面白い体験ができました。

明日は、タンザニアが世界に誇る国立公園セレンゲティに向かいます。