【クレタ島①】住みたくなる街!レシムノの見どころ

f:id:fullofwanderlust:20200222135527j:image

エーゲ海に浮かぶギリシャの離島のひとつ、クレタ島に行ってきました。

クレタ島では3つの町に滞在しましたが、中でも1番居心地が良かったのがレシムノ。

街並みが絵葉書のように美しいので、街歩きにも最適でした!

クレタ島の概要はこちら

 

 

 

レシムノってどこにあるの?

レシムノがあるのは、ハニアとイラクリオンの間。

f:id:fullofwanderlust:20200222135605j:image

クレタ島には鉄道がありません。レシムノに行くには、ハニアかイラクリオンから高速バスやレンタカーで行くのが一般的です。

ハニアからは高速バスで1時間、イラクリオンからは高速バスで1時間30分かかります。

 

旧市街のホテルにチェックイン

レシムノのバス停から旧市街までは、徒歩5分ほど。旧市街の道は石畳で、スーツケースが引っかかってちょっと歩きにくいです。

f:id:fullofwanderlust:20200222135638j:image

予約していたホテルに到着。旧市街の中にある、リモンディ・ブティック・ホテル(Rimondi Boutique Hotel)。です。

f:id:fullofwanderlust:20200222135650j:image

ウェルカムドリンクにはスパークリングワインとチーズまで頂きました。

f:id:fullofwanderlust:20200222135701j:image

お部屋はメゾネット。

f:id:fullofwanderlust:20200222135714j:image

2階はベッドルームになっています。

f:id:fullofwanderlust:20200222140152j:image

部屋のベランダがとても広い!

f:id:fullofwanderlust:20200222135743j:image

派手なバスタブもありました。前日にハニアで泊まったホテルのバスタブも派手だったので、これがクレタ島のスタンダードなのかも。

f:id:fullofwanderlust:20200222135805j:image

 

街中のビーチ

チェックインの後は、水着に着替えてビーチに行くことにしました。

レシムノの街中には、綺麗なパブリック・ビーチがあります。旧市街からは徒歩圏内で、港の隣から5km続いています。

ビーチに到着。親子連れから年配の夫婦まで、たくさんの人で賑わっています。

f:id:fullofwanderlust:20200222135823j:image

さっそく泳いでみました。

街中のビーチにしてはとても綺麗。海底は砂浜が続いていて、魚はほとんどいません。

f:id:fullofwanderlust:20200222135913j:image

遠浅なので子供も安心して遊べますが、沖にむかって泳いでいくと、徐々に深くなっていました。

f:id:fullofwanderlust:20200222135937j:image

結局、2時間くらい泳いだりビーチでごろごろしたりして過ごしました。すぐそばにホテルがあると思うと、気楽で便利。

浜辺には、無料のシャワーもあります。公園のような雰囲気なので、気兼ねなく遊べました。

 

美しい旧市街

ビーチでたくさん遊んだ後は、旧市街を歩いてみました。

ハニアやイラクリオンに比べて、車や観光客が少なくて居心地が良いです。

f:id:fullofwanderlust:20200222140302j:image

街中にはおしゃれな店がたくさんあります。エーゲ海らしい洋服やアクセサリー、皮製品、オリーブオイル、蜂蜜、石鹸、雑貨など、お土産にできそうな物がたくさん売られていました。

f:id:fullofwanderlust:20200222140031j:image

街が素敵過ぎて、歩いているだけで自然と気持ちが晴れやかになります。

素敵なお店を覗いたり、景色を楽しみながら歩いていたら、あっという間に半日経ってしまいました。

 

ベネチアン・ハーバーのディナー

ギリシャでの楽しみといえば、タベルナ(レストラン)での美味しい食事。

夜はヴェネツィアン・ハーバー沿いのタベルナで、サンセットを見ながらディナーすることにしました。

f:id:fullofwanderlust:20200222140035j:image

サンセットの時間帯は人気なので、チェックイン時にホテルの人におすすめを聞いて、予約を入れてもらっておきました。

予約したのは「Zefyros」。ハーバー沿いのタベルナです。

f:id:fullofwanderlust:20200222140049j:image

絶対食べたかったカラマリ。ギリシャのカラマリは、揚げ物なのに、とてもさっぱりしていてとても美味しいです。

f:id:fullofwanderlust:20200222140053j:image

日が暮れ始めると、夕日で山肌がピンク色に染まります。

f:id:fullofwanderlust:20200222140108j:image

完全に日が落ちました。港の夜景が良い感じ。

f:id:fullofwanderlust:20200222140340j:image

食後のデザートに、サービスのギリシャヨーグルトがでてきました。

f:id:fullofwanderlust:20200222140343j:image

料理が美味しくて、店員も良い人ばかりで、居心地の良いタベルナでした。

 

食後は、夜の街でショッピング。治安が良いので、夜遅くまで歩けます。

f:id:fullofwanderlust:20200222140355j:image

レシムノは、クレタ島の中では物価が安め。ここでお土産探しを済ませておきました。

 

ショッピングの後は、ホテルのフロントの奥にあるプールに行ってみました。

なかなか良い感じ。

f:id:fullofwanderlust:20200222140407j:image

真夏のギリシャとはいえ、さすがに夜のプールは入れません。

プールサイドのソファに寝転がって、夜風に当たりながらのんびり過ごしました。

それにしてもこのホテル、立地が良くて清潔感があって、人が優しくて居心地が良くて、大正解でした!

▶︎Expediaでこのホテルの詳細を見る

 

ヴェネツィアの要塞跡

翌朝、プールサイドで朝食を取った後は、ヴェネツィアの要塞まで歩いて行くことにしました。

f:id:fullofwanderlust:20200222140419j:image

要塞跡があるのは旧市街の外れ。

f:id:fullofwanderlust:20200222140428j:image

旧市街の店が開くのは朝10時頃ですが、要塞は8時から開いているので、ちょっと早起きして朝の散歩に行くのにちょうど良いです。

朝の日差しが清々しい。

f:id:fullofwanderlust:20200222140444j:image

要塞が見えてきました。

f:id:fullofwanderlust:20200222140458j:image

入り口は、この大きな門。ここを抜けるとチケット売り場があります。

f:id:fullofwanderlust:20200222140504j:image

入場料は€4。現金のみでした。

内部は結構広いです。

f:id:fullofwanderlust:20200222140511j:image

屋外なので水、帽子、日焼け止めは必須。

f:id:fullofwanderlust:20200222140519j:image

要塞からの眺めが美しいです。

f:id:fullofwanderlust:20200222140526j:image

この要塞は、昔クレタ島がヴェネツィア共和国の統治下にあった時に造られたものです。

クレタ島にはこのような要塞跡がいくつかありますが、1番綺麗に残っているのがこのレシムノの要塞だそう。

ヴェネツィアの統治下にあったクレタ島ですが、その後エーゲ海の向こうからやってきたオスマン帝国によって征服されます。

この要塞もオスマン軍に包囲され、ヴェネツィア軍は降伏しました。

奥に見える丸い建物は、オスマン軍によって建てられたモスクです。

f:id:fullofwanderlust:20200222140537j:image

モスク内部にも入れますよ。

f:id:fullofwanderlust:20200222140544j:image

ゆっくり散策していたら、あっという間に1時間経ってしまいました。

レシムノ、予想以上に良いところでした。できればもっと長居したかった。

次回は、クレタ島最大の街イラクリオンを観光します。