世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

リバーサファリ|見どころ、チケット料金、アマゾンリバークエストの乗り方を解説!

f:id:fullofwanderlust:20181119185232j:image

シンガポールの「リバーサファリ」は、世界でも珍しい淡水生物に特化した動物園です。動物園やナイトサファリに比べて小規模ですが、巨大な魚やマナティが悠々と泳ぐ姿は見ごたえがあり、結構面白かったです。ボートに乗るアトラクションや、可愛いパンダを見ることもできますよ!実際に行ってきたので、リバーサファリの見どころ、料金、やボートライドの乗り方を紹介します。

(2018年11月更新)

 

 

世界の大河を巡ろう

リバーサファリの見どころは、世界大河をテーマにしたエリアとそこに生息する古代魚や生き物たち。ナイル川やアマゾン川など、世界の名だたる河に住む動物達に出会えますよ!

f:id:fullofwanderlust:20181115213717j:image

Map - River Safari | Wildlife Reserves Singapore

ミシシッピ川で見ることができるのは巨大なアリゲーターガー。成体で2m近くになる古代魚です。結構どこの水族館にもいる魚ですが、真っ白な個体を見たのはこれが初めて。

f:id:fullofwanderlust:20181115213741j:image

アフリカのコンゴ川。小さくて可愛らしいコビトワニや、強烈な顔つきをしたタイガーフィッシュを見ることができます。

f:id:fullofwanderlust:20181115213813j:image

東南アジアのメコン川。壁一面の水槽を巨大な魚たちが悠々と泳ぐ様子は壮観です。こんなのが自然の川にいるなんて、信じられない。

f:id:fullofwanderlust:20181115213921j:image

長江。こちらの水槽にいるのはチョウザメ。

f:id:fullofwanderlust:20181115213945j:image

キャビアのために乱獲されることもある古代魚です。こんな顔をしていたのか!

f:id:fullofwanderlust:20181115222724j:image

こんなに近い!可愛いパンダたち

リバーサファリの目玉はなんといってもジャイアントパンダ。ガラス越しではなく直接近くから見ることができます。

f:id:fullofwanderlust:20181115214230j:image

ごろごろしながら笹の葉をむしゃむしゃ食べ続ける姿がたまりません。人混みもそれほどではないので、ゆっくり観察できますよ。

f:id:fullofwanderlust:20181115214033j:image

こちらはレッサーパンダ。愛くるしい姿はまるで生きたぬいぐるみです。もふもふしたい。

f:id:fullofwanderlust:20181115214118j:image

 

幻想的!マナティの棲む巨大水槽

リバーサファリのもう一つの目玉はこの巨大水槽。悠々と泳ぐマナティたちの美しい姿はとても幻想的ですよ。完全に室内になっているので、涼しくて快適。見る場所が階段状になっているので、ついつい長居してしまいます。休憩するのにちょうど良いんですよね。

f:id:fullofwanderlust:20181115214256j:image

アマゾン・リバー・クエスト

アマゾン・リバー・クエストは、ボートに乗って動物を見る別料金(S$ 5)のアトラクションです。リアルなジャングル・クルーズと言うと聞こえが良いですが、回転が悪く結構並ぶ上に常に動物が見られるとは限りません。

f:id:fullofwanderlust:20181115215208j:image

乗船に予約や時間指定の必要はありません。以前は予約制だったみたいですが、今はチケットを購入して乗り場に並ぶだけ。

f:id:fullofwanderlust:20181115221958j:image

チケット売り場は乗り場のすぐそばです。

f:id:fullofwanderlust:20181115222031j:image

定員数まで人を乗せないので回転が悪く、だいたい常に30分待ち。

f:id:fullofwanderlust:20181115222101j:image

乗船時間は10分程度。アトラクションの雰囲気は面白いのですが、動物はほとんど見られませんでした。生き物なので仕方ないのです。出口に向かうと、動物を見られなかった人のために並び直しできるルートもありました。

リザーバー・クルーズ

ボート・プラザでアマゾン・リバー・クエストの隣にあるのは、無料で乗れるリザーバー・クルーズ。船に乗ってパーク周辺の湖をクルーズするだけなので、動物を見るという感じではありませんが、美しいジャングルをのんびりと眺めるのは心地いいです。

f:id:fullofwanderlust:20181115222209j:image

乗り場はアマゾン・リバー・クエストのチケット売り場の隣です。乗船時間は15分程度。待ち時間も15分程度でした。

f:id:fullofwanderlust:20181115222140j:image

こちらは座席数めいっぱいまで人を乗せます。後から乗ると、同行者と隣同士の席になれないかも。乗ってる時間は15分程度でした。

f:id:fullofwanderlust:20181115222408j:image

湖とジャングルの景色に癒されます。歩き疲れた時にもおすすめですよ。動物園のそばではキリンが見えました。

f:id:fullofwanderlust:20181115222229j:image

営業時間・所要時間

開園時間

10:00-19:00

(最終入場18:30)

アマゾン・リバー・クエスト 11:00-18:00
リザーバー・クルーズ 10:30-18:00

 (2018年11月時点)

リバーサファリは動物園やナイトサファリに比べて展示が少なく、3時間あれば余裕で周ることができます。ボートの待ち時間が少なければ、1時間半〜2時間でも充分です。

今回訪れたのは土曜日。かなり空いていましたが、ボートだけは並びました。特にアマゾンリバークエストは、乗車時間は10分程度ですが、回転が悪く30分ほど並びました。リザーバークルーズは、乗船時間は15分程度、待ち時間も15分前後でした。

料金

リバーサファリ入場料 32
アマゾン・リバー・クエスト 5

 (2018年11月時点)

チケットを購入するなら、おすすめは公式サイトからの事前購入。割引が受けられるので一番安く購入できます。英語サイトでの購入が不安な人は、楽天グループのVoyaginが使いやすくておすすめです。

レストラン

リバーサファリの中にはレストランがひとつしかありません。あとは入り口前にスターバックスがあるのみ。隣の動物園の前にはフードコート、ケンタッキー、カフェがあるのでそちらを利用することもできます。

リバーサファリのレストランはこちら。パンダのそばにあります。

f:id:fullofwanderlust:20181115222335j:image

中華系の軽食を扱っています。人気はパンダまん(餡饅)とパンダラテ。パンダ好きにはたまりませんね。

f:id:fullofwanderlust:20181115222424j:image

入り口前のスターバックス。日本には無いメニューも楽しめます。

f:id:fullofwanderlust:20181115222441j:image

お土産

ギフトショップは2つ。メインのお店と、パンダグッズ専門店があります。

入り口前にあるメインのギフトショップ。動物関連の様々な商品が置いてあります。

f:id:fullofwanderlust:20181115222513j:image

パンダグッズ専門店は、パンダ展示室の出口にあります。

f:id:fullofwanderlust:20181115222550j:image

おわりに

リバーサファリは期待外れ、という意見を見かけることもありますが、個人的には結構面白かったです。通路が全て屋根付きで、お天気の心配が少ないというのも何気にありがたい。

f:id:fullofwanderlust:20181115222616j:image

ただしあまりに天気が悪いとボートが運休になります。訪れたのは雨季の11月。この日は酷い雨と雷でボートが一時運休になりました。

f:id:fullofwanderlust:20181115222645j:image

シンガポールの雨は大抵すぐに止みます。この時も1時間程度で雨が止み、止んでから1時間後にはボートも再開しました。