リバーサファリに行ってきた|見どころ、営業時間、割引チケット、お土産、レストランまとめ

f:id:fullofwanderlust:20181119185232j:image

シンガポールの「リバーサファリ」に行ってきました!リバーサファリ微妙って声もありますが、個人的には結構楽しかったです。確かに動物園やナイトサファリに比べて小規模ですが、コンパクトながら雰囲気が良くて、そこが魅力だと思います。空いてるし。それに巨大な魚やマナティが悠々と泳ぐ姿はかなり見ごたえがありました!あと、パンダがめちゃくちゃ近い。パンダ好きなら絶対行くべき。というわけでリバーサファリの見どころ、料金、レストランやお土産を紹介します。

 

世界の大河を巡る旅

リバーサファリが面白いのは、世界でも珍しい淡水生物に特化した動物園であるところ。世界の大河をテーマにした各エリアの雰囲気が好きです。

f:id:fullofwanderlust:20181115213717j:image

Map - River Safari | Wildlife Reserves Singapore

ミシシッピ川で見ることができるのは巨大なアリゲーターガー。成体で2m近くになる古代魚です。結構どこの水族館にもいる魚ですが、真っ白な個体を見たのはこれが初めて。

f:id:fullofwanderlust:20181115213741j:image

アフリカのコンゴ川。小さくて可愛らしいコビトワニや、強烈な顔つきをしたタイガーフィッシュを見ることができます。

f:id:fullofwanderlust:20181115213813j:image

東南アジアのメコン川。壁一面の水槽を巨大な魚たちが悠々と泳ぐ様子は壮観です。こんなのが自然の川にいるなんて、信じられない。

f:id:fullofwanderlust:20181115213921j:image

長江。こちらの水槽にいるのはチョウザメ。

f:id:fullofwanderlust:20181115213945j:image

キャビアのために乱獲されることもある古代魚です。こんな顔をしていたのか!

f:id:fullofwanderlust:20181115222724j:image

こんなに近い!可愛いパンダたち

リバーサファリの目玉はなんといってもジャイアントパンダ。ガラス越しではなく直接近くから見ることができます。これは結構凄いんじゃないですか?

f:id:fullofwanderlust:20181115214230j:image

ごろごろしながら笹の葉をむしゃむしゃ食べ続ける姿がたまりません。人混みもそれほどではないので、ゆっくり観察できますよ。

f:id:fullofwanderlust:20181115214033j:image

こちらはレッサーパンダ。愛くるしい姿はまるで生きたぬいぐるみです。もふもふしたい。

f:id:fullofwanderlust:20181115214118j:image

幻想的!マナティの棲む巨大水槽

個人的に1番気に入ったのは、マナティの巨大水槽。悠々と泳ぐマナティたちの美しい姿はとても幻想的です。完全に室内になっているので、涼しくて快適でした。見る場所が階段状になっているので、ついつい長居してしまいます。休憩するのにちょうど良いんですよね。一旦外のスタバ行ってから再入場して、ここでスタバ飲んでまったりしてました。

f:id:fullofwanderlust:20181115214256j:image

ボートに乗るアトラクションもあり

リバーサファリには、ボートに乗るアトラクションが2つあります。

一つ目はアマゾン・リバー・クエスト。ボートに乗って動物を見るアトラクションで、別料金(S$ 5)がかかります。

f:id:fullofwanderlust:20181115215208j:image

もう一つは、無料で乗れるリザーバー・クルーズ。船に乗ってパーク周辺の湖をクルーズします。展示された動物を見るのではなく、パーク周辺の自然を楽しむアトラクションです。

f:id:fullofwanderlust:20181115222209j:image

各ボートの乗り方と感想はこちらで詳しく書いてます。

営業時間・所要時間

開園時間

10:00-19:00

(最終入場18:30)

アマゾン・リバー・クエスト 11:00-18:00
リザーバー・クルーズ 10:30-18:00

 (2018年11月時点)

リバーサファリは動物園やナイトサファリに比べて展示が少なく、3時間あれば余裕で周ることができます。ボートの待ち時間が少なければ、1時間半〜2時間でも充分です。

今回訪れたのは土曜日。かなり空いていましたが、ボートだけは並びました。特にアマゾンリバークエストは、乗車時間は10分程度ですが、回転が悪く30分ほど並びました。リザーバークルーズは、乗船時間は15分程度、待ち時間も15分前後でした。

料金

リバーサファリのチケット料金はこちら。アマゾンリバークエストは別料金です。

リバーサファリ入場料 S$ 32
アマゾン・リバー・クエスト S$ 5

 (2018年11月時点)

チケットを購入するなら、おすすめは公式サイトからの事前購入。割引が受けられるので一番安く購入できます。英語サイトでの購入が不安な人は、楽天グループのVoyaginが使いやすくておすすめです。

レストラン

リバーサファリの中にはレストランがひとつしかありません。あとは入り口前にスターバックスがあるのみ。隣の動物園の前にはフードコート、ケンタッキー、カフェがあるのでそちらを利用することもできます。

リバーサファリのレストランはこちら。パンダのそばにあります。

f:id:fullofwanderlust:20181115222335j:image

中華系の軽食を扱っています。人気はパンダまん(餡饅)とパンダラテ。パンダ好きにはたまりませんね。

f:id:fullofwanderlust:20181115222424j:image

入り口前のスターバックス。日本には無いメニューも楽しめます。

f:id:fullofwanderlust:20181115222441j:image

お土産

ギフトショップは2つ。メインのお店と、パンダグッズ専門店があります。

入り口前にあるメインのギフトショップ。動物関連の様々な商品が置いてあります。

f:id:fullofwanderlust:20181115222513j:image

パンダグッズ専門店は、パンダ展示室の出口にあります。

f:id:fullofwanderlust:20181115222550j:image

おわりに

リバーサファリは期待外れ、という意見を見かけることもありますが、個人的には結構面白かったです。通路が全て屋根付きで、お天気の心配が少ないというのも、何気にかなりポイント高めでした!

f:id:fullofwanderlust:20181115222616j:image