アブダビの未来像!“幸福の島”サディャット島に行ってみた

f:id:fullofwanderlust:20200628095812j:image

オイルマネーで潤うアブダビ。シェイク・ザイード・グランド・モスク、ルーヴル・アブダビ、カスル・アル・ワタンといった豪華絢爛な建物を次々と建設し、世界中の観光客を驚かせています。

そんなアブダビを訪れたのは2014年。ルーヴル・アブダビもカスル・アル・ワタンも、まだ建設中でした。

アブダビにある少しマイナーな観光地を紹介します。

 

マナラット・アル・サディヤット

まず訪れたのは、マナラット・アル・サディヤット(Manarat Al Saadiyat)。サディャット島にあるビジターズ・センターです。

幸福の島を意味するサディヤット島は、アブダビに隣接する島です。芸術とリゾートの地として開発が進んでいて、2017年には、島内にルーブル美術館の別館「ルーブル・アブダビ」がオープンしました。

アブダビのホテルからマナラ・アル・サディャットまでは、タクシーで30分くらいで到着。

f:id:fullofwanderlust:20200628065812j:image

エントランスには髭の生えたモナリザがいました。

上部の文字Today will endは、芸術作品のオマージュ。本家は文字がライトになっていて、夜に灯るこの文字を見て、今日が終わってしまうことを実感する、という趣旨の作品だそう。

施設の中は、芸術作品やサディャット島に建設予定の施設の模型があります。

f:id:fullofwanderlust:20200628070053j:image

ルーブル・アブダビ。この時はまだ建設中でした。

f:id:fullofwanderlust:20200628070132j:image

ノーマン・フォスターのザイード国立博物館。オープンは2021年予定。

f:id:fullofwanderlust:20200628070152j:image

フランク・ゲイリーのグッゲンハイム・アブダビ。完成は2023年頃だそう。

オープンが実現すれば、世界で最も大きなグッゲンハイム美術館になります。

f:id:fullofwanderlust:20200628070204j:image

海に浮かぶのはザハ・ハディドのアブダビ・パフォーミング・センター。完成は未定。

f:id:fullofwanderlust:20200628070225j:image

 

サーディヤト・ビーチ

さて、ここからの移動はどうしたらよいでしょうか。

ビジターセンターの前で気長に待っていたら、タクシーが通りかかったので慌てて乗り込みました。

サディャット島は、リゾートとしても開発中。さっそくビーチへ向かいます。

途中、建設中のルーブル美術館が見えました。

f:id:fullofwanderlust:20200628070725j:image

f:id:fullofwanderlust:20200628070750j:image
さらに謎の建築物も発見。

f:id:fullofwanderlust:20200628070814j:image

上海万博の、UAEのパビリオンでした。こちらもノーマン・フォスター設計です。

サーディヤト・ビーチに到着。入場料として2000円ほどかかりました。

f:id:fullofwanderlust:20200628095521j:image

ずっと遠くには、ルーブル・アブダビが見えます。

f:id:fullofwanderlust:20200628092721j:image

12月のドバイは、朝と夜が少し冷えて、日中が少し暑い程度。海に入るには少し厳しい気候ですが、とりあえず泳いでみました。

水が冷たい。

f:id:fullofwanderlust:20200628092435j:image
思う存分遊んだ後は、シャワーを浴びて、アブダビの中心地に戻ります。ビーチに設置されいるシャワーは、簡易ながらも清潔でした。さすがアブダビ。

ビーチを出ると、目の前に偶然タクシーが停まりお客さんを降ろしました。

そのまま乗り込み、アブダビへ向かいます。

 

ノーマン・フォスターのWTCモール

ランチの後は、建築好きの友人に連れられて、ワールド・トレード・センター・モール(World Trade Center Mall)通称WTCモールにやって来ました。

f:id:fullofwanderlust:20200628092812j:image

こちらもノーマン・フォスター設計です。

f:id:fullofwanderlust:20200628092830j:image
さっそく内部を散策。

f:id:fullofwanderlust:20200628092852j:image

f:id:fullofwanderlust:20200628092923j:image

f:id:fullofwanderlust:20200628093000j:image

モール自体は小規模で、ローカルの富裕層向け。

f:id:fullofwanderlust:20200628095708j:image

買い物目的の観光客なら、ドバイモールの方が楽しめるかもしれません。

モールのメキシカン・レストランで夕食を済ませ、タクシーを拾ってホテルに帰りました。

 

次回は、金箔カプチーノを飲みにアブダビの最高級ホテル「エミレーツ・パレス」を訪れます。