絶景!天空プールからマリーナベイを望む|マリーナベイサンズ滞在記

f:id:fullofwanderlust:20200222180720j:image

同じくらいの値段なら、リッツとかフラートンの方が満足度高いたろうなと思いつつ、いざ目の前にそびえ立つ巨大なサンズを目にすると、あのプールに入ってみたい!という欲望が湧くものです。

プールに入れるのは宿泊者のみ。毎度の呪縛から逃れるために、シンガポール4度目にして、初めてマリーナ・ベイ・サンズに泊まってみました。

宿泊したお部屋やプールを紹介します。

 

アクセス

マリーナベイサンズは、MRTのベイフロント駅に直結しています。駅改札上に、案内板が出ていました。

f:id:fullofwanderlust:20200222180735j:image

改札を抜けたら、案内板に従ってモールを直進します。

f:id:fullofwanderlust:20200222180745j:image

突き当たりまで来たら、案内に従いエスカレーターを上がればロビーに到着です。

f:id:fullofwanderlust:20200222180804j:image

訪れたのは11月。ロビーには、立派なツリーがありました!

f:id:fullofwanderlust:20200222180815j:image

ロビーの中央にあるのはレストランRISE。朝食のビュッフェ会場です。

f:id:fullofwanderlust:20200222180835j:image

 

チェックインは日本語カウンターが便利

マリーナベイサンズには、日本語でチェックインできるカウンターがあります。普通のカウンターはいつも行列ですが、日本語カウンターなら空いてます。

ただし日本語カウンターの営業時間は10:00-19:00まで。夜間のチェックインや早朝のチェックアウトは普通のカウンターでしかできません。

とはいえチェックインなんてやる事が決まっているので、あまり英語が得意でないとしても、そんなに困ることはないと思います。

場所はロビーの「Lounge」の向かいあたり。MRTからのエスカレーターを上がって右に少し歩くと右側に見えてきます。

f:id:fullofwanderlust:20200222180856j:image

チェックインは15時。それより前に部屋が用意できた時には、メールで連絡をしてくれるサービスもあります。

f:id:fullofwanderlust:20200222180905j:image

チェックインの時間までガーデンズバイザベイを観光するため、荷物だけ先に預けておきました。

荷物預かりカウンターは、タワー1側のエントランスのすぐそばです。

f:id:fullofwanderlust:20200222180945j:image

 

シティービューのお部屋

部屋の準備ができたというメールが来たので、チェックインしました。

f:id:fullofwanderlust:20200222181029j:image

予約したのはデラックスルームのシティービュー。植物園とは反対側の、マーライオンやアートサイエンスミュージアム側です。

デラックスルームとはいえ、シンガポールのホテルにしては広いです。

f:id:fullofwanderlust:20200222181041j:image

お水や紅茶もあります。紅茶はもちろんTWG。

f:id:fullofwanderlust:20200222181054j:image

洗面も広くて使いやすいです。

f:id:fullofwanderlust:20200222181108j:image

部屋から眺め。天気は今ひとつでしたが、この眺めには大満足。アートサイエンスミュージアムや、対岸のマーライオンも見えました。

f:id:fullofwanderlust:20200222181129j:image

チェックイン時に、預けておいた荷物を部屋まで運んでもらうサービスがあるのでお願いしたのですが、部屋に荷物が届くまで1時間近くかかりました。

自分で運ぶ方が早かったと後悔。

 

インフィニティ・プールの使い方

サンズの屋上プールに入れるのは宿泊者のみ。プールに入りたければ、宿泊する以外に方法がありません。

プールがあるのは最上階の57階。下の方の階だと、途中でエレベーターを乗り換えなければなりません。

プールの入り口で、ルームキーをかざして入場します。

f:id:fullofwanderlust:20200222181146j:image
入場の際は、人数分のルームキーが必要です。ルームキーを1枚しか持って行かなかったため、部屋まで全員分のカードを取りに戻りました。

ホテルがとても大きいので、部屋まで戻るのも一苦労。

念願のプールに到着。広いです!

f:id:fullofwanderlust:20200222181211j:image

プールからの眺め。お部屋と同じシティビューでした。

f:id:fullofwanderlust:20200222181222j:image

プールの淵はこんな感じ。落ちる心配はありません。

f:id:fullofwanderlust:20200222181232j:image

横に見える赤いパラソルはスカイバー。宿泊者でなくても利用できます。

f:id:fullofwanderlust:20200222181244j:image

プール用タオルは、奥の小屋で無料で借りられました。

f:id:fullofwanderlust:20200222181201j:image

ジャグジーもあります。プールで泳いで体が冷えた時におすすめ。

f:id:fullofwanderlust:20200222181255j:image

 

シティービューの夜景

夜、部屋に戻ってカーテンを開けると、ガラス張りの壁一面にシンガポールらしい夜景が広がっていました。素晴らしい!

f:id:fullofwanderlust:20200222181308j:image

これを見れただけでも、ここに泊まった価値はあったかな。

 

絶景!ジャグジーからの日の出

プールの営業時間は6:00から23:00。

朝6時過ぎ、日の出前のプールに行ってみました。寒すぎてまだ誰も入ってません。

f:id:fullofwanderlust:20200222181323j:image

日の出はガーデンズバイザベイ側から。

f:id:fullofwanderlust:20200222181353j:image

温かいジャグジーに浸かりながら眺めるサンライズ。まさに絶景でした。

f:id:fullofwanderlust:20200222181402j:image

▶このホテルの口コミをトリップアドバイザーで見る

 

▼シンガポールのホテル滞在記