マリーナベイサンズ宿泊記|あの天空プールの入り方と営業時間・おすすめの時間帯

f:id:fullofwanderlust:20190220204653j:image

シンガポールで最も有名なホテル「マリーナベイサンズ」。頂上のインフィニティ・プールは、宿泊者限定なんです。ということで、一泊してきました。実際に泊まってみると、プール自体はまぁこんなものかという感じでしたが、ジャグジーから見た朝焼けは最高でした!

 

インフィニティ・プールの使い方

プール横のバーや展望台は、入場料を払えば誰でも入れます。が、プールに入れるのは宿泊者のみ。プールに入りたければ、宿泊する以外に方法がありません!

今回私は特典航空券を使ってシンガポールに行ったので、ホテル単体で予約でしました。この時はアゴダなどの格安サイトを使うより、公式の方が安かったので、公式サイトから直接予約しました。

プールがあるのは最上階の57階。34階より下の階だと、途中でエレベーターを乗り換えなければなりません。

要注意なのは、プール入場の際に、ルームキーをかざす必要があるということ。つまり、人数分のルームキーがないと全員入れないんですよね。初めて訪れた時は、ルームキーを1枚しか持って行かなかっため、部屋まで取りに戻るはめに。このホテル、かなり大きいので、部屋まで戻るのも一苦労なんです。
f:id:fullofwanderlust:20181120180959j:image

この小屋にいけば、プール用タオルを無料で借りることができますよ。

f:id:fullofwanderlust:20181121183641j:image

この日は天気が悪く、途中で何度か雨も降りましたが、どうせ水の中なので問題ない感じ。

f:id:fullofwanderlust:20181120180955j:image

いやぁ、想像以上に広いです!

f:id:fullofwanderlust:20181120181034j:image

プールからの眺め。お部屋と同じシティビューでした。
f:id:fullofwanderlust:20181120181044j:image

プールの淵はこんな感じ。落ちる心配はありませんね。
f:id:fullofwanderlust:20181120181006j:image

横に見える赤いパラソルは「スカイバー」。宿泊者でなくても利用できます。

f:id:fullofwanderlust:20181120181021j:image

プールと反対側の、ガーデンズバイザベイ側には、ジャグジーが2つあります。プールで泳いで体が冷えたら、ここに浸かると気持ちいいです。

f:id:fullofwanderlust:20181120181037j:image

営業時間とおすすめの時間帯

プールの営業時間は6:00から23:00。おすすめの時間帯の一つ目は夜です。リゾートでの夜のプールの雰囲気って、最高ですよね。とはいえ常夏のシンガポールでも、真夏以外は夜は寒くて入れないので、夏休み以外に行った場合は厳しいかな。

そしてもうひとつ、早朝に日の出を見に行くのも超おすすめです!

朝6時過ぎに、日の出前のプールに行ってみました。寒すぎてまだ誰も入っていません。
f:id:fullofwanderlust:20181120180948j:image

日の出はガーデンズバイザベイ側からです。

f:id:fullofwanderlust:20181120225713j:image

温かいジャグジーに浸かったまま、日の出を楽しむことができました!いやぁ、最高。

f:id:fullofwanderlust:20181120181029j:image

おわりに

どうせ同じくらいの値段なら、リッツとかフラートンの方が満足度高いたろうなと思いつつ、いざ目の前にそびえ立つ巨大なサンズを目にすると、あのプールに入ってみたい!という欲望が湧くものです。なので、シンガポールによく行くなら、一度は泊まってみるのもありかなぁと思います。

今回はホテルに直接申し込んだので、部屋のランクや眺めを好きに選ぶことができました。実際に泊まったシティービューのお部屋や、ホテルへのアクセス、日本語チェックインの方法はこちらで紹介しています!