世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

マリーナベイサンズ宿泊記|シティビューのお部屋、プール、ガーデンズバイザベイの行き方を解説!

f:id:fullofwanderlust:20190220204653j:image

シンガポールで最も有名なホテル「マリーナベイサンズ」。頂上のインフィニティ・プールに入れるのは宿泊者限定ということで、一泊してきました。シティービューの眺め、プール、マリーナベイサンズからガーデンズバイザベイへの行き方などを紹介します。

 

 

 

ホテルへのアクセス

マリーナベイサンズは、MRTのベイフロント駅に直結しています。駅改札上に、案内板が出ていました。

f:id:fullofwanderlust:20181120175323j:image

改札を抜けたら、案内板に従ってモールを直進します。

f:id:fullofwanderlust:20181120175252j:plain

突き当たりまで来たら、案内に従いエスカレーターを上がればロビーに到着です。

f:id:fullofwanderlust:20181120175326j:plain

チェックインは日本語カウンターが便利

マリーナベイサンズには、日本語でチェックインできるカウンターがあります。普通のカウンターより空いているので便利ですよ。

場所はロビーの「Lounge」の向かいあたり。MRTからのエスカレーターを上がって右に少し歩くと右側に見えてきます。

f:id:fullofwanderlust:20181120222802j:image

チェックインは15時ですが、それより前に部屋が用意できた時には、メールで連絡をしてくれるサービスもあります。

f:id:fullofwanderlust:20181120222903j:image

日本語カウンターの営業時間は10:00-19:00。夜間のチェックインや早朝のチェックアウトは普通のカウンターでしかできません。

チェックイン前に、荷物だけ預けておくこともできます。荷物預かりカウンターは、タワー1側の、エントランスのすぐそばにあります。

f:id:fullofwanderlust:20181120225825j:image

ちなみに手前の列は、日本語でない普通のチェックインカウンターです。普通のチェックインカウンターは全部で2箇所。もう一つはタワー3側のエントランス付近にあります。

チェックインしたら、預けた荷物を部屋まで運んでもらうこともできます。ただし荷物が届くまでに1時間近くかかったので、自分で取りに行った方が早いかも。

訪れたのは11月。ロビーでは、立派なツリーが出迎えてくれました。

f:id:fullofwanderlust:20181120175305j:image

ロビーの中央にあるのはレストランRISE。朝食のビュッフェ会場です。

f:id:fullofwanderlust:20181120225515j:image

シティービューのお部屋と眺めを紹介

宿泊したのはデラックスルームのシティービュー。植物園とは反対側の、マーライオンやアートサイエンスミュージアム側です。
f:id:fullofwanderlust:20181120175544j:image

デラックスルーム。シンガポールのホテルにしては部屋が広いです。シンガポールって土地代が高いので、部屋が狭いホテルが多いんですよね。

f:id:fullofwanderlust:20181120175604j:image

無料のお水や紅茶のティーバックも置いてあります。紅茶はもちろんTWG。

f:id:fullofwanderlust:20181120175537j:image

洗面も広くて使いやすいです。

f:id:fullofwanderlust:20181120175540j:image

シティビューから眺め。天気は今ひとつでしたが、この眺めには大満足。アートサイエンスミュージアムや、対岸のマーライオンも見えました。
f:id:fullofwanderlust:20181120175600j:image
夜になると、シンガポールらしい夜景が大きな窓いっぱいに広がっていました。これを見れただけでも、ここに泊まった価値はあったと思います。

f:id:fullofwanderlust:20181121183145j:image

インフィニティ・プールの使い方

マリーナベイサンズといえばあの天空プール。プールに入ることができるのは宿泊者のみ。プール横のバーや展望台には、入場料を払えば誰でも入れます。

プールがあるのは最上階の57階。34階より下の階だと、途中でエレベーターを乗り換えなければなりません。プールの入り口では、ルームキーをかざして入場します。人数分のルームキーがないと全員入れません。初めて訪れた時は、ルームキーを1枚しか持って行かなかっため、部屋まで取りに戻りました。
f:id:fullofwanderlust:20181120180959j:image

タオルはこの小屋で無料で借りることができます。

f:id:fullofwanderlust:20181121183641j:image

f:id:fullofwanderlust:20181120180955j:image

想像以上に広いプール。この日は天気が悪く、途中で何度か雨も降りましたが、どうせ水の中なので問題ない感じ。
f:id:fullofwanderlust:20181120181034j:image

プールからの眺め。お部屋と同じシティビューです。
f:id:fullofwanderlust:20181120181044j:image

プールの淵はこんな感じ。落ちる心配はありませんね。
f:id:fullofwanderlust:20181120181006j:image

横に見える赤いパラソルは「スカイバー」。宿泊者でなくても利用できます。

f:id:fullofwanderlust:20181120181021j:image

ガーデンズバイザベイ側には、ジャグジーが2つあります。プールで泳いで体が冷えたら、ここに浸かると気持ちいいです。f:id:fullofwanderlust:20181120181037j:image

プールの営業時間は6:00から23:00。朝6時過ぎに、日の出前のプールに行ってみました。寒すぎてまだ誰も入っていません。
f:id:fullofwanderlust:20181120180948j:image

日の出はガーデンズバイザベイ側からです。

f:id:fullofwanderlust:20181120225713j:image

温かいジャグジーに浸かったまま、日の出を楽しむことができました。

f:id:fullofwanderlust:20181120181029j:image

マリーナベイサンズからガーデンズバイザベイの行き方

マリーナベイサンズは巨大な複合施設で、中はまるで迷路のよう。特にサンズからガーデンズバイザベイへの行き方がわかりづらいんですよね。サンズとガーデンズバイザベイの行き来について解説します。

サンズのホテルからガーデンズバイザベイ

ホテルからガーデンズバイザベイへは、ロビーから見えるこの通路を渡って行きます。ただしこの通路、一旦建物の外に出ないと通ることができません。

f:id:fullofwanderlust:20181120225134j:image

まず、タワー1とタワー2の間にある出口から一旦外に出ます。出口の場所は、MRTから上がってきたエスカレーターのそばです。エスカレーターや日本語カウンターを出て左に向かって歩いていくと、左側に見えてきます。

f:id:fullofwanderlust:20181120225146j:image
f:id:fullofwanderlust:20181120181445j:image

出口を出ると左側にエレベーターが見えます。
f:id:fullofwanderlust:20181120181409j:image

エレベーターで6階に上がります。
f:id:fullofwanderlust:20181120181339j:image

6階に上がったら再びホテルの方向に向かって歩きます。
f:id:fullofwanderlust:20181120181432j:image

先程下から見えたロビー上の通路です。ここを通過します。
f:id:fullofwanderlust:20181120181343j:image

通路を抜けるとガーデンズバイザベイの人工の巨木「スーパーツリー・グローブ」が見えてきます。スーパーツリーに向かって歩いて行けば到着です。
f:id:fullofwanderlust:20181120181424j:image

ガーデンズバイザベイからサンズのモール

まずはガーデンズバイザベイからサンズに向かって歩道橋を真っ直ぐに歩いていきます。

f:id:fullofwanderlust:20181210185220j:image

そのまま真っ直ぐサンズの中を突っ切り、通り抜けます。

f:id:fullofwanderlust:20181122073727j:image

サンズを出てそのまま真っ直ぐ歩いていくと、このような建物が見えてきます。ここがサンズのモールへの入り口です。
f:id:fullofwanderlust:20181120225220j:image

中に入り、エスカレーターを下ればサンズのモール「ザ・ショップス」に到着です。
f:id:fullofwanderlust:20181120181413j:image

夜の噴水ショー「スペクトラ」が行われるのはモールの外の広場「イベント・プラザ」。
f:id:fullofwanderlust:20181120225323j:image

エスカレーターを下り、真っ直ぐ進めば「イベント・プラザ」に出られます。
f:id:fullofwanderlust:20181120181406j:image

「イベント・プラザ」からの夜景。
f:id:fullofwanderlust:20181120181350j:image

以前は床が座席のように階段状になっていましたが、今は二段になっているだけ。スペクトラを見るなら上段からが綺麗に見えておすすめ。
f:id:fullofwanderlust:20181120181441j:image

サンズのモールからガーデンズバイザベイ

ザ・ショップス一階からガーデンズバイザベイに向かうには、こちらのエスカレーターを使います。ガーデンズバイザベイから下ってきたエスカレーターの向かい側にあります。

f:id:fullofwanderlust:20181120181357j:image

奥まっているので非常にわかりにくい。

f:id:fullofwanderlust:20181120225351j:image

 

おわりに

どうせ同じくらいの値段なら、リッツとかフラートンの方が満足度高いたろうなと思いつつ、いざ目の前にそびえ立つ巨大なサンズを目にすると、あのプールに入ってみたい!という欲望が湧くものです。実際に泊まってみると、プール自体はまぁこんなものかという感じでしたが、部屋からの眺めとジャグジーから見た朝焼けは最高でした。シンガポールによく行くなら、一度は泊まってみる価値のあるホテルだと思います。ただ個人的には、前日に泊まったパークロイヤルの方がコスパが良くて満足度も高かったです。