世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

【タンザニア】セレンゲティ国立公園のサファリで実際に見た絶景と動物たち

f:id:fullofwanderlust:20181219161112j:image

アフリカでたくさんの動物が見たい!できればライオンもチーターもヒョウも!という人に特におすすめなのが、タンザニアのセレンゲティ国立公園。今回、サファリでセレンゲティを訪れたところ、他では滅多に見られない動物達を比較的簡単に見ることができました。セレンゲティで過ごした2泊3日の旅行記です。

ゲートで出会った小さな動物たち

最初に訪れたのは、セレンゲティの玄関口ナービ・ヒル・ゲート。これより先に行くには入園料を支払う必要があります。ガイドが手続きをしている間に、車から降りて少し散策しました。

f:id:fullofwanderlust:20190101192002j:image

岩の上で日光浴している綺麗なトカゲはレインボーアガマの雄。おもちゃみたいで可愛い。

f:id:fullofwanderlust:20190101192321j:image

岩山の麓では、ランチ中の観光客のおこぼれを狙い、小さな動物たちが集まってきました。

f:id:fullofwanderlust:20190101192332j:image

ゾウの骨の上に止まっているのはムクドリ。アフリカのムクドリは日本のムクドリと違って、綺麗な色をしています。

f:id:fullofwanderlust:20190101192404j:image

絶景!サバンナとヌーの大群

セレンゲティに向かう道中で、最高に美しい光景に遭遇しました。どこまでも続く大平原と、それを埋め尽くすヌーの群れ。壮観です。

f:id:fullofwanderlust:20190101193045j:image

ヌーと一緒にいるのはシマウマ。ヌーと共に雨を求めて大移動しています。
f:id:fullofwanderlust:20190219000102j:image

木の上のヒョウを発見

しばらく走ると、ヌーが全くいなくなりました。果てしなく続く、空っぽの平原。シーズンごとに居場所を変えるヌーは、今はここにはいないのです。

さらに走り続け、コピエと呼ばれる巨大な岩山のあるエリアを通過すると、ぽつんぽつんと木が生えるようになってきました。

目の良いガイドが、木の上にヒョウを発見した。ガイドは運転しながら、この距離から裸眼で動物を見つけてしまいます。

f:id:fullofwanderlust:20190101194540j:image

双眼鏡で見てみると、たしかにヒョウの親子がいる。母親はお昼寝中。子供はしばらく遊んでいたが、そのうち飽きて寝てしまいました。

f:id:fullofwanderlust:20190101194711j:image

セレンゲティは国立公園なので、決められた道以外走ることはできません。そのためこれ以上近づくこともできず、これでヒョウを見たことにして良いのか悩ましい気持ちになりました。

カバが草むらを歩いています。カバは動物園で何度か見たことのある動物でしたが、いつも水の中。活発に陸を歩き回るカバを見たのは、これが初めて。

f:id:fullofwanderlust:20190101195239j:image

水辺にはワニもいました。初めて見た野生のワニ。小さくて可愛い子ワニでした。

f:id:fullofwanderlust:20190101195747j:image

ビジターセンターの可愛いハイラックス

翌日、セレンゲティのビジターズセンターにやって来ました。ここではコピエの周りを歩きながら、セレンゲティの自然やマサイに関する展示を見る事ができます。

f:id:fullofwanderlust:20190101195850j:image

ヌーの大移動の説明がありました。

2月頃、ヌーはセレンゲティ南部で子供を産みます。その後徐々に北上し、子供がある程度大きく強くなった8月頃にはタンザニアとケニアの国境付近にあるマラ川を渡ります。マラ川を無事越える事の出来たヌーは、しばらくケニアのマサイマラで過ごした後、10月下旬頃再びセレンゲティに戻ってきます。

ヌーの群れと共に行動するのはシマウマ。頭が良く道を覚えているので、大移動の先導役。ただしワニのいる川を渡る時には、ヌーを先に行かせるのだとか。

f:id:fullofwanderlust:20190101200422j:image

ビジターセンターの階段に寝ているのは野生のハイラックス。こう見えてゾウに近い種です。人間の事を全く怖がらず、日向でごろごろしている姿がめちゃくちゃ可愛い。

f:id:fullofwanderlust:20190101200649j:image

今度こそヒョウに遭遇!

サファリカーが大渋滞していました。どうやら木の上にヒョウがいるようです。近づいてみると、昨日よりずっと近くの木の上に、確かにヒョウがいました!アフリカ人でなくても、裸眼で充分見られる距離です。

f:id:fullofwanderlust:20190101200956j:image

突然ヒョウが動き出し、木から飛び降りると、こちらに向かって歩き出しました。一台前のサファリカーの間を抜けると、草原に向かって駆け出します。どうやら遠くに大好物のインパラがいるようです。

f:id:fullofwanderlust:20190101201208j:image

しばらくすると、途中から諦めて戻ってきました。水辺で水を飲むと、再び同じ木の上に戻っていきました。

f:id:fullofwanderlust:20190101201247j:image

夜行性のヒョウを見るのは相当難しいと覚悟していましたが、こんなに近くで見る事ができて本当にラッキーでした。

ゾウの群れに遭遇

半分水没した道沿いで、カバが睨みをきかせています。刺激しないように、静かに通り過ぎました。

f:id:fullofwanderlust:20190101201540j:image

ロッジに戻る道中、ゾウの大群に遭遇しました。360度、見渡すかぎりゾウだらけ。凄い迫力でした!

f:id:fullofwanderlust:20190101201742j:image

f:id:fullofwanderlust:20190101201818j:image

カバのプール

ロッジでランチをした後は、午後のゲームドライブ。さっそくワニを見つけました。今度こそ大ワニ。セレンゲティの川にはワニがいるので、橋を渡る時は、車が川に落ちたらおしまいだな、とか考えてしまいます。

f:id:fullofwanderlust:20190101201955j:image

カバのいる川にやってきました。ここはピクニックサイトになっていて、車から降りる事ができます。

f:id:fullofwanderlust:20190101202247j:image
今日はとても暑いので、水の中が最高に気持ち良さそう。

f:id:fullofwanderlust:20190101202323j:image

f:id:fullofwanderlust:20190101202318j:image

帰り道、可愛いカメが道を歩いてきました。車に轢かれないように気をつけてね。

f:id:fullofwanderlust:20190101202423j:image

木登りライオン

いつもより少し遅めに起きた3日目の朝。ホテルの人が興奮しながら、今朝バルコニー前にライオンが出たと教えてくれました。昨日と同じ時間に朝食に出かけていれば、ライオンを見る事ができたのに。こういう時に限って寝坊してしまいます。

朝食の後はロッジをチェックアウトし、ンゴロンゴロを目指しながらのドライブ。昨日とは違って、涼しくて快適です。

ライオンが歩いています。

f:id:fullofwanderlust:20190101203658j:image

仲間は木の上。まるでライオンのなる木です。

f:id:fullofwanderlust:20190101203908j:image

木の上は見晴らしが良く獲物を探しやすく、ハエがいなくて快適なんだそう。

f:id:fullofwanderlust:20190101204153j:image

最後まで魅せるセレンゲティ

続いてハイエナがやって来ました。

f:id:fullofwanderlust:20190101204247j:image

意外と可愛いハイエナ。

f:id:fullofwanderlust:20190101204330j:image

続いて平原を歩くチーターを発見。しばらくすると、丘の上で横になりました。

f:id:fullofwanderlust:20190101210030j:image

こちらはハーテビースト。

f:id:fullofwanderlust:20190101210108j:image

見晴らしが良いからか、なんだか面白い場所にいる。セレンゲティは最後まで飽きさせません。

f:id:fullofwanderlust:20190101210154j:image

セレンゲティを出て延々と走り続けると、サバンナから高原にやってきました。ここはもうンゴロンゴロの一部。

f:id:fullofwanderlust:20190101210304j:image

キリンがクレーターを見下ろしています。なんだか不思議なスケール感で、頭がおかしくなりそう。

f:id:fullofwanderlust:20190101210613j:image

ンゴロンゴロでのサファリについては、こちらで紹介しています。