世界で休暇

見るものすべてが新しいということ

シンガポール動物園・リバーサファリ・ナイトサファリの行き方、移動、混雑状況、レストラン|行く前に知っておきたい10のこと

f:id:fullofwanderlust:20181114205858j:image

シンガポールの「シンガポール動物園」「ナイトサファリ」「リバーサファリ」は、内容も規模もアジア随一の巨大な動物園です。3つのパークを効率良く回るコツとおすすめスケジュールを紹介する。

(2018年11月更新)

 

街から遠い。地下鉄はない

3つのパークは、どれもシンガポールの中心地から離れた場所にあり、周囲にはジャングルしかない。主な行き方は2つ。タクシーもしくはGrabを使うか、MRTとバスを使うかだ。節約旅行でなければおすすめはタクシーかGrab。値段は30Sドル前後と高めだが、ホテルから直行で30分程で着くし、複数人で割ればそんなに負担にならない。街からMRTに乗り、途中からバスで行けば5Sドル以下と圧倒的に安いが、片道1時間半近くかかってしまう。

今回はチャイナタウン駅近くのホテルからタクシーで行った。行きは19Sドル、帰りは夜間料金も入れて26Sドルだった。かかった時間は行きも帰りもちょうど30分ほど。支払いにクレジットカードは使えず、現金のみ。

帰りのタクシーは、ナイトサファリ閉園前後に混み合うが、次々やってくるので待っていればちゃんと乗れる。タクシー乗り場はリバーサファリの入り口の向かい側。

f:id:fullofwanderlust:20181114205827j:image

3つのパークは隣同士

動物園、リバーサファリ 、ナイトサファリは隣り合っている。それぞれの入り口までは歩いてすぐ。看板が出ているので迷うこともない。バス停やタクシー乗り場もパークのすぐ側にある。

f:id:fullofwanderlust:20181114205841j:image

複数パークならセットチケットが安い

1週間以内に2つ以上のパークに行く予定なら、単体でチケットを購入するよりセットチケットがお得。

まずは単体の入場料から。1パークあたり2500〜4000円近くかかる。

動物園 リバーサファリ ナイトサファリ
35 32 47

続いてセットチケットの入場料がこちら。ジュロン・バードパークを含めた4パーク・アドミッションはおよそ6000円。3つのパークに行く予定なら、たとえジュロン・バードパークに行かないとしても4パーク・アドミッションを購入するのが圧倒的にお得だ。

2パーク・アドミッション

58(68)

4パーク・アドミッション

78

パーク・ホッパープラス 88

2パーク・アドミッションは、ジュロンバードパークを含む4パークから2つを選べるチケット。ナイト・サファリと組み合わせた場合は68Sドルになる。パーク・ホッパープラスは4パークに加え、動物園のトラムと、リバーサファリのボートライド「アマゾン・リバー・クエスト」付きチケットとなっている。

パーク・ホッパープラスを購入しない場合、動物園のトラムとアマゾン・リバー・クエストは別料金になる。それぞれの料金はこちら。ちなみにナイトサファリで日本語トラムを予約したい場合も、別に10ドルかかる。

動物園トラム

5

アマゾン・リバー・クエスト

5

日本語トラム予約

10

セットチケットを買うなら、公式サイトで事前購入するのがおすすめ。先ほど紹介した値段から更に割引を受けられる。

動物園は空いている

今回動物園を訪れたのは土曜日だったが、混雑に悩まされることもなく、スムーズに観光できた。それでも観光に時間がかかるのは、単純に敷地が広いから。ひとつひとつ丁寧に見ていたら、全部見終わる前に体力的にも精神的にも疲れてしまう。ある程度見たいところを決めて、優先的に見ていくのがおすすめ。 動物園のおすすめエリアはこちらで紹介している。

開園は8時半。かなりボリュームがあるので、たくさん見たければ午前中から行った方がいい。

f:id:fullofwanderlust:20181231094741j:image

リバーサファリも空いている

リバーサファリも空いている。一番混んでいそうなお昼過ぎに訪れても、混雑に悩まされることはなかった。リバーサファリは3時間ほどあれば回れてしまうので、午後から行っても充分楽しめる。

f:id:fullofwanderlust:20181231094747j:image

ナイトサファリは混む

ナイトサファリは混む。訪れた土曜日は、開園前からトラムの行列ができていた。混雑が予想される日は、並ぶのが嫌ならトラムの予約をした方がいい。予約方法などはこちらで紹介している。 

 ショーは混む

基本的に空いている動物園だが、ショーは例外。動物園やナイトサファリで行われるショーはどれも大人気だ。

f:id:fullofwanderlust:20181226182752j:image

土日祝に良い席で見たければ、動物園なら15分以上前、ナイトサファリなら30分くらい前から席を取っておいた方がいい。
動物園で行われているエレファント・ショー5分前の会場。立ち見スペースも人で溢れ返っていた。
f:id:fullofwanderlust:20181226182742j:image

おすすめは1日に2パークまで

どのパークも敷地が広く、1つ回るだけで結構なボリュームがある。1日に3パーク巡ることは不可能ではないが、体力的にかなりきつい。3つとも基本的に野外なので、乾季は強烈な蒸し暑さ、雨季は土砂降りにあうこともある。特に真夏の昼間の暑さは相当厳しい。体力が有り余ってる人でないと、ナイトサファリの頃には疲れて眠くなるかもしれない。3つ全部行くなら、できれば1日に詰め込まずに2日に分けて、一日を動物園に使い、別の日の午後からリバーサファリとナイトサファリに行くと、内容的にも体力的にもちょうど良い。

各パークの営業時間と所要時間の目安はこちら。

動物園 8:30-18:00 4時間以上
リバーサファリ 10:00-19:00 3時間
ナイトサファリ 19:15-00:00 2-5時間

 ナイトサファリのエントランス前は17:30から開く

ナイトサファリの開園は19:15だが、エントランス前は17:30から開く。エントランス前にはお土産屋さん、レストランがあり、ファイヤーショーも行われる。開園前の時間を使ってトラムの予約、食事、ショッピング、ショーの鑑賞ができるので、ちょっと早めに行くのがおすすめ。

f:id:fullofwanderlust:20181231094756j:image

 

レストランは動物園かナイトサファリがおすすめ

動物園は比較的レストランが充実している。朝食やランチなら動物園が便利だ。入り口前にはカフェ、ケンタッキー、フードコートがあり、動物園に入園しなくても利用できる。カフェは開園前から開いている。

エントランス前のフードコート

f:id:fullofwanderlust:20181114210533j:image

動物園内部のレストランでは、朝食の時間帯にオラウータンと写真を撮れるイベントも行われている。

f:id:fullofwanderlust:20181114210554j:image対してリバーサファリには飲食店が2つしかない。入り口前にスターバックス、パンダのそばに中華のレストランが1つある。

f:id:fullofwanderlust:20181114210610j:image

ナイトサファリの入り口前にはレストランや飲食店がいくつかある。どれも17:30から開くので、ナイトサファリで遊ぶ前に食事するにはちょうど良い。

f:id:fullofwanderlust:20181114210626j:image

再入場を活用しよう!

どのパークでも、手にスタンプもらえば再入場できる。入り口前のレストランで食事をしたい時や、お土産を見るために一旦出たい時は再入場を使うと便利だ。押してもらったスタンプは、擦ったり水に濡らすとすぐに滲んでしまうので、間違えて落とさないように気をつけてください。