【アフリカ】サファリのホテルは意外と豪華だった。タンザニアで実際に泊まった絶景ロッジを紹介

f:id:fullofwanderlust:20190109073804j:image

アフリカでサファリをするとなると、どんなホテルに泊まるのか気になりますよね。特に設備や衛生面など、不安に思うことはたくさんあるはず。実際にタンザニアで宿泊したロッジやホテルを紹介します。

 

プールからサバンナを見下ろす!絶景ロッジ

セレンゲティ国立公園で宿泊したのはクブクブ・テンデット・キャンプ(Kubu Kubu Tented Camp) 。2016年にオープンした新しいロッジです。

f:id:fullofwanderlust:20190109073846j:image
ロビーを抜けると、目に飛び込んできたのはこの絶景。ため息ものです!

f:id:fullofwanderlust:20190109182453j:image

部屋は1棟ごとに分かれています。バルコニーからは、最双眼鏡を使えばシマウマやインパラを観察することができました。

f:id:fullofwanderlust:20190109174458j:image

洗面とトイレは部屋の中でしたが、シャワーは外についていました。

f:id:fullofwanderlust:20190109174515j:image

シャワーは部屋ごとに付いていますが、屋根はありません。背伸びをすると、少しだけサバンナが見えました。

f:id:fullofwanderlust:20190109174609j:image
朝食はビュッフェ。素晴らしい景色を目の前に、のんびりと朝を迎えられて最高に幸せ。

f:id:fullofwanderlust:20190109174628j:image

ランチやディナーは、観光客が多い日はビュッフェ、少ない日はコースでした。

f:id:fullofwanderlust:20190109174658j:image
ここはセレンゲティ国立公園のど真ん中。夜は一晩中続くハイエナの笑い声を聞きながら、眠りにつきました。

早朝、ロッジ周辺にライオンの群れがやって来たことがありました。その日に限って遅くまで寝てしまったのですが、運良く早起きした人は、部屋からライオンを見る事ができたそう。

トイレも洗面も清潔で、ホテルの人は感じ良く親切で、素晴らしいロッジでした。

ンゴロンゴロを一望!崖の上に立つ大型ロッジ

ンゴロンゴロで泊まったのはンゴロンゴロ・セレナ・サファリ・ロッジ(Ngorongoro Serena Safari Lodge)。ンゴロンゴロ・クレーターを見下ろすように建つ大型ホテルです。

f:id:fullofwanderlust:20190109175037j:image

到着して驚いたのが、こんな大自然のど真ん中に、これほど大規模な宿泊施設があること。

フロントから渡り廊下を通って部屋まで行きます。天気が良ければ渡り廊下からンゴロンゴロ・クレーターが見えたはずですが、霧で何も見えませんでした。

f:id:fullofwanderlust:20190109175053j:image

ホテル自体は昔からあるそうだが、リノベーションされていて全く古さを感じさせません。部屋のデザインも落ち着いていて良い感じ。

f:id:fullofwanderlust:20190109175127j:image

晴れていれば部屋からンゴロンゴロ・クレーターの絶景が楽しめたはずですが、霧でも充分素敵でした。

f:id:fullofwanderlust:20190109175155j:image

朝食やディナーはビュッフェ。ンゴロンゴロでは朝と夕方に霧が出やすいようで、残念ながらホテルにいる間はずっと霧でした。

f:id:fullofwanderlust:20190109175228j:image

レストランの下にはバーがあり、夕食の前にはマサイ族のショーが披露されました。

f:id:fullofwanderlust:20190109174958j:image

f:id:fullofwanderlust:20190109175243j:image

朝と夜はかなり冷え込みます。共用スペースには暖炉もありました。バスルームの写真を撮り忘れてしまいましたが、とても清潔で何の不満もありませんでした。

大自然の中で眠る!森の中のテント式ロッジ

ンドゥトゥ地区で泊まったのはチャカ・キャンプ(Chaka Camp)。ヌーの大移動に合わせて移動するテント式の宿泊施設です。

f:id:fullofwanderlust:20190109175318j:image

しっかりとしたキャンバス地で、内部にはベッド、シャワー、水洗トイレもついています。

f:id:fullofwanderlust:20190109175343j:image

涼しい森の中で、まるでキャンプをしているような気分でした。

テントの前の椅子に座って、撮った写真を整理していたら、ヌーの群れがやってきました。車の中からではなく、目の前で直に動物を見るのは、この旅でこれが初めてです。

f:id:fullofwanderlust:20190109175415j:image

そのまま静かに座っていると、今度はインパラの群れがやって来て、静かに草を食べ始めました。テントの前の木が折れているのは、数日前にここに象の群れがやってきて、木を倒してしまったからだとか。

f:id:fullofwanderlust:20190109175437j:image
日が暮れて来ました。最高に美しいです。

f:id:fullofwanderlust:20190109175502j:image
夜はンゴロンゴロより寒くかなり冷え込みます。ベッドには湯たんぽが用意されていた。テントのすぐそばでは、鳥の声、虫の声、ヌーの声が一晩中響き渡っていました。

翌朝、早起きするとロッジの人がコーヒーを淹れてくれました。涼しい森の中で迎える、爽やかな朝。

f:id:fullofwanderlust:20190109175533j:image

森の中の仮設ロッジなので、シャワーの水はちょっと気になる感じでしたが、そんな事どうでも良くなるくらい素敵な時間を過ごす事ができました。

まるで高原リゾート!街中のロッジ

サファリを終えて、ンゴロンゴロの麓の町で泊まったのは キテラ・ロッジ(Kitela Lodge) 。このロッジもプール付きです。

f:id:fullofwanderlust:20190109175558j:image

f:id:fullofwanderlust:20190109175738j:image

客室は1棟ごとに分かれています。街中なので、敷地内を歩いている時にライオンに遭遇する心配はありません。そのためマサイによる部屋からロビーまでの送り迎えもありません。

f:id:fullofwanderlust:20190109175803j:image

落ち着いたデザインのお部屋は居心地が良く、シャワールームはバスタブ付き。街中は決して治安が良い訳ではないのか、ロッジの入り口にはシェパードが何匹もいました。

f:id:fullofwanderlust:20190109180304j:image

サファリの拠点アルーシャのホテル

アフリカに来た日に最初に泊まったのはアフリカン・チューリップ(African Tulip )。サファリの拠点となる街アルーシャにある小さなホテルです。

f:id:fullofwanderlust:20190109180346j:image

洗面所やトイレはとても清潔。日本からの長旅を終えてここに辿り着いた時は、安堵感でいっぱいになりました。

f:id:fullofwanderlust:20190109180501j:image

ホテル1階はレストランになっています。

f:id:fullofwanderlust:20190109180605j:image

メニューも量も欧米人向け。ペンネとピザを頼んだ。かなりのボリュームでしたが、安定感のある味に大満足でした。

f:id:fullofwanderlust:20190109180624j:image

おわりに

日本では、野生動物を観るためにアフリカ旅行、というのはあまり馴染みがないかもしれませんが、欧米ではそこそこ人気の旅行先です。そのため自然保護区内は、一般の旅行者向けのサービスや宿がそれなりに充実しています。今回泊まったロッジやホテルは全て、トイレやシャワーが室内完備、トイレは水洗でした。シャワーからはお湯がでて、中にはバスタブ付きお部屋もありました。洗面室にはバスタオルやフェイスタオルも用意されていて、普段利用するホテルと何ら変わらない造りでした。

テント式ロッジに関しては、バスルームやシャワーが快適とは言い難いですが、掃除不足とで汚いとか衛生面に問題があるとかそういう感じではなく、大自然のど真ん中に作られた仮設施設なので、ホテルに比べて劣るのは仕方ないといったところ。トイレがテント内にあって、水洗で臭わないだけでも凄いと思ってしまいました。ただ、とても神経質な人にはちょっと厳しいかもしれません。

どこのロッジにもWi-Fiがありましたが、街から離れるほど絶望的に使えなくなりました。とはいえ、たまにはネット社会から離れて、大自然のゆったりとした時間を楽しむのも悪くないですよ!

タンザニアでのサファリの様子は、こちらで紹介しています。