トプカプ宮殿の行き方|アクセス、入場料、営業時間、オーディオガイドの借り方

f:id:fullofwanderlust:20181129193505j:image

イスタンブールのトプカプ宮殿に行ってきました!ここ、イスタンブールの中でも特に人気の高い観光地なので、結構混雑するんですよね。スムーズに観光するために、まずは事前に知っておきたい概要とアクセス、チケットの買い方やオーディオガイドの借り方などを紹介します。

 

大帝国の皇帝が暮らした宮殿

まずはトプカプ宮殿について、ざっくり解説。トプカプ宮殿は、オスマン帝国の皇帝が暮らしていた宮殿です。オスマン帝国は、今あるトルコ共和国より前にイスタンブールを支配していたイスラム教の国です。ルネサンスや鎌倉時代から第一世界大戦まで600年以上も続いた国なのですが、江戸時代ですら260年くらいだと言えば、どれだけ長い支配だったかわかりますよね。1番栄えていた時代にはなんと、現在のハンガリーやギリシャ、ウクライナ、エジプトまで支配する大帝国でした。

f:id:fullofwanderlust:20181129191622j:image

アクセス・入り口の場所

トプカプ宮殿があるのはイスタンブールの旧市街。観光名所が密集するエリアにあります。アヤソフィアからは歩いてすぐ、ブルーモスクからは歩いて10分ほど。トラムでの最寄駅はT1の「Sultanahmet」駅か「Gülhane」駅です。どちらからでも歩いて5分くらいで着きます。

f:id:fullofwanderlust:20181129193111j:image

トプカプ宮殿の敷地はとても広く、地図を見てもどこに入り口があるのかわかりにくいかもしれません。トプカプ宮殿の入り口は、アヤソフィア側にある「帝王の門」です。帝王の門から入り、「挨拶の門」まで歩いていくと、チケット売り場が現れます。

f:id:fullofwanderlust:20190529173515j:image

この堂々とした入り口が帝王の門。ここは無料で通過できます。

f:id:fullofwanderlust:20181129193140j:image

「帝王の門」をくぐり真っ直ぐ歩いていくと、三角屋根が特徴の「挨拶の門」が現れます。

f:id:fullofwanderlust:20181129193505j:image

「挨拶の門」より先は有料です。門の前のチケット売り場でチケットを購入します。

f:id:fullofwanderlust:20181129193528j:image

入場料

入場料はこちら。皇帝のために集められた女性達が暮らしていたハレムは、別料金になっています。ミュージアムパスを使って入場することもできます。

トプカプ宮殿 ハレム ミュージアムパス
60TL 35TL 185TL

〈※2019年6月時点 〉

ミュージアムパスは、トプカプ宮殿、ハレム、アヤソフィアなどの共通チケットです。トプカプ宮殿や、それ以外の博物館の窓口で購入できます。トプカプ宮殿、ハレム、アヤソフィアに加えあと1つ別の博物館に入れば元が取れます。

訪れた時はまだ125TLでしたが、それから1年も経たずに185TLに値上がりしたようですね。

f:id:fullofwanderlust:20181129193054j:image

有効期限は5日間。一度どこかのミュージアムで買ってしまえば、後はチケット購入の列に並ばずに入場できます。トプカプ宮殿のチケット売り場は混みやすいので、ミュージアムパスを利用するなら前日までに別のミュージアムで購入しておくと良いかもしれません。

※対象のミュージアム一覧

トプカプ宮殿、ハレム、アヤソフィア、考古学博物館、アギヤ・イリニ聖堂、トルコ・イスラム美術館、モザイク博物館、イスラム科学技術博物館、カーリエ博物館、ガラタメヴラーリ博物館、フェトヒイェ博物館、ルメリ・ヒサル博物館、ユルドゥズ宮殿 (※入場できるのは各1回ずつ)

オーディオガイドは必須

チケットを購入したら、「挨拶の門」から入場します。その際に簡単な手荷物検査がありました。

f:id:fullofwanderlust:20181129194548j:image

門を通過すると、オーディオガイドの貸し出し所があります。

f:id:fullofwanderlust:20181129194634j:image

トプカプ宮殿には、案内板や説明書きがほとんどありません。一体この部屋は何のために建てられたのか?ここで一体何が行われていたのか?それを知りたければオーディオガイドは必須。あるのとないのでは、面白さが全然違います。

オーディオガイドを借りるには、パスポートなどの身分証をデポジットとして預ける必要があるので忘れずに!コピーは不可でした。

レンタル料: 30TL(ハレムの解説なしは20TL)

f:id:fullofwanderlust:20181129194836j:image

営業時間・休館日

夏季

9:00~19:00(ハレムは18:30。チケット販売は18:00まで。)

冬季

9:00~17:00(ハレムは16:30。チケット販売は16:00まで。)

定休 火曜日

※夏季は4〜9月、冬季は10〜3月(2019年6月時点。最新情報は公式サイトで確認してください) 。

トプカプ宮殿は混む!

トプカプ宮殿はかなり混みます。時期によっては、チケットを買うだけで2時間待ちのような悲惨な混み方をします。できれば開館と同時に入れると良いです。朝は比較的空いてました。訪れたのは、9月の平日の朝9時半頃。チケット売り場はまだ全然並んでいません。

f:id:fullofwanderlust:20181129190506j:image

昼過ぎ。チケット売り場から続く行列が、カフェの横まで伸びていました。8月に比べれば、これでもまだ良い方でしょう。

f:id:fullofwanderlust:20181231212415j:image

宮殿の見取り図

挨拶の門を抜けた先には、最大の見どころ「ハレム」の入り口があります。更に奥にある幸福の門を抜けると、宝物館や聖遺物館、レストランのある第四の庭へと続いています。

f:id:fullofwanderlust:20181129195156j:image

特に混むのはハレムと宝物館。午前中の早い時間帯に、先にこの2つを見てしまうのがおすすめです。

次の記事では、トプカプ宮殿の内部と歴史について詳しく紹介していきます。レストランやギフトショップ、所要時間についても解説します!